お腹が満たされたら、街歩きスタート

食べ終わった時点でまだ13時前。ここから街歩きスタートです。まずは金沢で今一番人気とも言える、21世紀美術館へ。お寿司屋さんから美術館までは1キロちょっとありましたが、この日は春の陽気。腹ごしらえも兼ねて歩くことにしました。
石垣

城下町の名残があちらこちらに。歴史ある街なのだと感じさせます


開放的な空間。21世紀美術館で現代アートに親しむ

金沢訪問は3回目ですが、21世紀美術館に来るのは実は初めて。過去2回とも休館日に当たっていたため、念願の訪問です。どうしても見たかったのが、この「レアンドロのプール」。上から見ると普通のプールですが、地下にも空間があり、入ることができます。なんとも不思議です。
レアンドのプール上

上から見ると、まったく普通のプールのように見えます

レアンドのプール下

下から見た様子です。上にいる人が水越しに見えて、なんとも不思議です。

無料で見られるゾーンにもたくさんのアート作品があり、街にとけ込んだ美術館という印象を受けました。
ウサギ椅子

椅子が並んでいるだけでもなんだかオシャレに感じます

金沢21世紀美術館

心静かに。「禅」の世界に身を委ねる

鈴木大拙館

時おり水が跳ねて、池に波紋が広がっていきます

21世紀美術館から7~8分ほど歩いて向かったのは、鈴木大拙館。予定にはありませんでしたが、お寿司屋さんのおススメだったので、近いこともあり行ってみました。

鈴木大拙は金沢出身の仏教哲学者。日本の禅文化を世界に広く知らしめた人なんだそうです。

館内には鈴木大拙の著作や彼の言葉などの展示。そして「思索空間」として、静かな池を望む部屋があります。座ってぼんやりとしていると、聞こえるのは風の音と鳥の声だけ。いつしか無心になっていることに気づきます。

鈴木大拙館

気軽に借りられる自転車で、次の目的地までひとっとび!

ここで少し足が疲れてきたな…と思い、バスに乗ろうかと思ったのですが、次の目的地に行くには少し不便。とここで、今さらながらですが「まちのり」という自転車の存在に気づきました。

これは市内17カ所にポートがあり、登録すれば自由に使えるというもの。ポートからポートまで30分以内に返却すれば、1日たった200円で使えます!
まちのり

ポートは市内の主要な観光地のそばにあります

金沢レンタサイクル「まちのり」

今にも侍が歩いてきそう?雰囲気残る武家屋敷へ

自転車に乗って、江戸時代の武家屋敷の街並みが残る「長町武家屋敷」に向かいました。土壁に黒い瓦、木の格子。自分は今どこにいるんだろう?という不思議な気持ちになってきます。
長町武家屋敷

車が走ってくるのにも何となく違和感を覚えてしまいます

そしてここで行きたいカフェがあったのですが、なんと臨時休業…残念すぎます!
長町武家屋敷跡

空き時間で、気軽に伝統工芸を体験!

お目当てのカフェに行けなくて時間が空いたので、金沢の伝統工芸でもある金箔を使った「金箔貼り」を体験してみることに。金箔は職人が叩く機械を使って伸ばしていくのですが、なんと1万分の1ミリという薄さになっています。手作業だなんて信じられない…。

金箔貼り体験では、型を使って容器に金箔を貼っていくので、誰でも簡単にきれいに金箔を貼ることができる、というものです。
金箔貼り体験

とても薄い金箔ですが、貼るとゴージャスな感じに仕上がります

思った以上の仕上がりで、自分へのいいお土産になりました。
金沢カタニ 金箔貼り体験

お土産も買い込んで、余裕を持って帰路へ

時間に余裕を持って駅まで戻り、お土産を物色。さすがに北陸新幹線関連のグッズがたくさんありました!
北陸新幹線グッズ

クッキーに、おせんべいに…なかなかのインパクトです

名残惜しいような気もありますが、日帰りということを考えると充分すぎるぐらい満喫した気分!正直、日帰りでここまで楽しめるとは思っていませんでした。また今度、「あのお寿司が食べたいから」なんて目的で日帰りしてしまいそうで、ちょっと怖くもありますが!?
金沢駅電光掲示

行き先「東京」というのがまだ新鮮です。これからもっと行き来が盛んになる予感です

思い立ったら金沢弾丸旅行、おススメです!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。