水道光熱費をできるだけ少なくする方法

毎月の生活費の中でも水道光熱費は現代生活では欠かすことのできないランニングコストです。しかし、水道光熱費をたくさん使うことは地球のためにも私達の家計にも、何もメリットはありませんので、最低限の使用で済ませることが大前提になってきます。自称「水道光熱費節約オタク」のFP二宮が今回は「水道代の節約」についてお伝えします。
 
水道代の節約方法

水道代の節約方法

 

水の垂れ流しはお金と資源の垂れ流しと心得る

水道代節約の基本は「使い方」です。「水の垂れ流しはお金と資源の垂れ流し」と心得て、節水を基本的生活に取り入れましょう。

・洗面や歯磨きの時は出しっぱなしにしない
・皿を洗う時はタワー洗いで、
水量は箸1本の太さを心掛ける
・トイレは大と小を使い分け、家族にもしっかり教える
・庭の水やりは、雨水や米のとぎ汁等を使う
・お風呂の残り湯活用

 

使い方や家族構成以外で水道代が高くなる理由

水道代の増減の大きな理由は、「使い方」や「家族構成」で大きく違いますが、どんなに節水したつもりでも限界はあります。その「使い方」や「家族構成」以外の理由をお伝えします。
 

その1 住む場所

水道代はまずは、住む地域によっても金額が大きく増減します。水源が豊富で水質が良い地域は比較的安価になりやすく、水質が悪い地域であれば、高度な浄水処理施設にコストがかかり高くなりがちです。

さらに人口が少なくなると、浄水処理施設や水道管の維持などにかかる1人あたりのコストが割高になります。

阿蘇山のふもとにある熊本市の水道水は、100%地下水で賄っており、厚生省(現:厚生労働省)の「おいしい水」研究会において全国第3位に選ばれるほど評判です。水道代の節約とは関係ないかもしれませんが、飲料水を別に購入する必要がない点など利点と言えます。
 

その2 家または水回りの設備の古さ

キッチン・風呂・トイレ・洗面台・洗濯機といった水回りの住宅設備や電化製品は、年々進化しています。特に「省エネ」という面での進化は素晴らしく、新しいものほど、節水型になっています。従って、古い家でリフォームや買い替えをしていない場合と、新築やリフォーム・買い替えをした場合だと大きな差が生まれます。

使用頻度が高いものほど、省エネ性が問われます。東京都水道局「平成27年度 一般家庭水使用目的別実態調査」によると、家庭での水の使われ方は、風呂40%、トイレ21%、炊事18%、洗濯15%、洗面その他6%となっています。

このような統計をもとに、家庭での水の使い方を考慮し、新築時やリフォーム・買い替えの時は、「節水」を意識した商品選択が大切です。
 

水道代が月平均2000円⇒5000円⇒3000円と変化した理由

我が家は引越が多く、山間部で4LDKの貸家に住んでいた時は、月平均2000円程度の水道代でしたが、市街地の5DKの貸家に引っ越すと5000円と倍以上になり、驚いた経験があります。家族構成は夫婦と小学生2人で4人家族です。

<水道代が高くなった理由>
その1…前述の通り、水道代の基本料金が高くなった
その2…お風呂が大きくなった
その3…お風呂の追い焚き機能がないので、温め直すたびにお湯を足していた
その4…お風呂・洗面台・キッチンの温度調節がないため、ちょうど良い温度にするまで垂れ流し状態になっていた
その5…子ども達が成長し、一人前の水の量を使うようになった

その後、新築の家を建てて住むと、5000円の水道代が3000円になりました。

<水道代が安くなった理由>
その1…キッチン・洗面台・シャワー・トイレが節水型になった
その2…お風呂に追い焚き機能が付いた

新しい家に食洗機を設置できていたら、さらに水道代は安くなったと思われます。また、お風呂のサイズは変化しませんでしたので、水回りの設備が進化し、いかに節水型になったのかよくわかります。

縦型洗濯機よりドラム型洗濯機の方が3割程、水の使用量は減ります。縦型の時はお風呂の残り湯を活用していましたが、ドラム型になってからは、その必要もないほど水の使用量が少ないので、残り湯を使う煩わしさから解放されました。

このように、使い方、家族構成だけでなく、住む場所、家や設備の新旧といった、色んな要素によって水道代は変化します。今の環境に応じて無駄のない節水を心掛け、今後はさらに節水が可能になる「住まい・設備・電化製品」を持つことも考慮していきましょう。


【関連記事をチェック!】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。