BABYMETALを熱く語る

先生:
けろっぐ博士、久しぶりに対談をしましょう。僕は普段は「ガイド」ですが、博士と対談する時は、昔に戻って、「先生」と名乗らせていただきます。博士とは、多くのPerfume対談をしてきましたが、2008年にした「サウンド講座(作曲編)」は、今でもよく読まれている長寿記事です。博士の最近の発言は、BABYMETALに関するものが多いですね。

Perfume対談~サウンド講座(作曲編)
(All Aboutテクノポップ)

博士:
お久しぶりです! 実は私の中では、アイドル+メタルは「封印」だったのです。 ジェイソン・マスク、コープス・ペイント、おもちゃのチェンソーを振り回すといった表面的な演出にもかかわらず、肝心のパフォーマンスはアイドルソングそのもの…といった安易な融合が近年目に付き、アイドルとメタルの融合を名乗る者は金輪際語るべからずと心に誓っておりました。 そのせいでBABYMETALへの言及に遅れを取ってしまいました。 これは、私の人生とって最大の不覚DEATH!

先生:
どうして、BABYMETALは博士の琴線に触れたのですか?

博士:
まずはその圧倒的なパフォーマンスですね。しかも決してワルぶっていない点も新しい。 殺人的な16分のバスドラ。超絶技巧、正確無比なギタースウィープ。現在のシーンで、最もテクニカルなジャンルはヘビメタと言っても過言ではないでしょう。 テクノが絶対不可能な正確無比フレーズによる疾走感で応えてくれた様に、ユーザーは圧倒的な「刺激」を絶えず求め続けます。 その満たされる事のない要望に応え、ライヴ・パフォーマンスとしてさらに昇華させるにはもはやヘビメタのパワー、疾走感、そしてヘビメタ・ミュージシャンの圧倒的な超絶技巧に委ねるしかなかった。

先生:
博士、久しぶりに熱いですね~。

博士:
しかも、ヘビメタは意外と繊細で、色彩的、またクラシックにも通じるシンフォニックな一面があります。 邪悪の象徴として「メタル」を捉えず、あくまでもそうした「メタル」の本質を捉えながら、アイドルというフォーマットに落としている点。 決してポーズではなく、必要だったからそうした…という妥当性を感じます。 まさにPerfumeには「テクノポップ」、BABYMETALには「メタル」だったというわけです。 彼女たちは、もうポーズでおもちゃのチェンソーを振り回す必要は全くありません。

先生:
僕もアミューズとMIKIKO先生の振り付けというPerfumeとの共通点はあるものの、テクノポップではないBABYMETALについて書いてしまいました。テクノポップ、ヘビーメタルという違うルーツを持ちながらも、両者(彼女たち自身というよりも制作に関わった人たち)ともルーツを正しく理解しつつ、それらを昇華し、新しい組み合わせを提示するという点では似ています。

BABYMETAL~かわいいは正義DEATH
(All Aboutテクノポップ)

BABYMETALをさらに熱く語る

博士:
今後のBABYMETALのさらなる世界での活躍に期待したいですね。SU-METALは、30年前僕の憧れだった同僚の「Sさん」に似ています。

先生:
急にSさんを持ち出されても、僕も知らないし、読者の皆様も知らないので、突っ込みようがありません。

博士:
SU-METALのヴォーカルが、意外とグッとくるんですよね。 初めてその声を聞いたとき、一瞬「神田沙也加みたい!」って思ったんです。 それは要するに「ミュージカルヴォイス」って事なんです。 真っ直ぐに伸びた本来ならあまりロックっぽくないはずの声ですが これがヘビメタのある種の様式美といい感じで化学反応して独特の世界観を出してくるんですよ。 この子、絶対今後、ミュージカルとかで来ると思いますよ! 実は目力女子に目のない私は、SU-METALの瞳にクラクラなんですよね。

先生:
目力系の女優と言えば、柴咲コウ、栗山千明、黒木メイサあたり、全部、博士のタイプですね。

博士:
今まではアイドルは、振付の先生のダンスに少しでも近づけるように真似していたと思います。しかしYUIMETALとMOAMETALのダンスは、この時期の少女でしかできない動きであり、振付の先生にもできない領域に入っています。まるで天才フィギュアスケートの選手のようです。

先生:
確かに、単にバックで踊っている二人ではなく、彼女たちの必然性を感じます。

CHTHONIC

博士:
最近は日米の影響を受けつつも、独自の世界観を持った日本以外のアジアのバンドも活躍していますが、台湾のCHTHONICは、BABYMETALと共演しています。

BABYMETAL & CHTHONIC Megitsune (Trailer Version)  (YouTube)

先生:
メタル界では先輩格となるCHTHONICとのこの組み合わせは、不自然ではないですね。

PRITZ

博士:
韓国発で、ちょっとメタルアイドルがいますで、先生にも紹介いたします。

Sora Sora (amazon.co.jp)
sorasora

Sora Sora


PRITZ - sora.sora (Dance Shot Ver.) (YouTube)

先生:
なるほど、PRITZは、K-POPからのBABYMETALへの回答。何かが足りない気がしますが、ロゴはかなり意識していますね。PRITZという名前、Pretty Rangers In Terrible Zoneの略だそうですが、なんだかお菓子の名前みたいです。

博士:
PRITZよりも、名前はペペロ(Pepero)の方にするべきです。

先生:
ペペロは、韓国ロッテの商品ですね。韓国からのポッキーへの回答と無難に言っておきましょう。さらに調べてみると、2014年に江崎グリコが、ペペロの高級版「プレミアム ペペロ」に対して、ポッキーをさらに高級にした「バトンドール」の箱の形を模倣したとして、韓国ロッテを提訴していますね。同時にこの手の話題は、韓国バッシングになってしまう傾向がありますから、ユーモアを交えつつ、分析に徹していきましょう。

博士:
まず注目したいのは、PRITZのビジュアルに悪魔の象徴であるバフォメットの山羊らしき動物が使われている点。BABYMETALは、狐神であるキツネ様という架空のコンセプトを作り上げることで、悪魔的なテイストは記号となって、独自の世界観として展開しています。ところがその源流を知らずに表面だけ真似ると、「ここは邪悪なイメージの動物を入れておくべきなんだな」って安易な短絡で、まさに悪魔そのものになってしまう。ここはヒネリが欲しかったです。

20150215 PRITZ LIVE CONCERT (PANDAGRAM)
*ビジュアル参考資料

先生:
話がペペロに脱線してしまいましたが、PRITZの他の楽曲はどうなのでしょう?

博士:
「Too diffcult~Oh Eh Oh Eh~」では、ちゃんとももクロの回答も忘れず用意していますね。「サラバ愛しき悲しみたちよ」へのリスペクトが半端ないです。ただこの時期、やや迷いがある感じがしますね。まだメタルっぽい要素は感じません。

Pritz Single Album Vol. 1
(amazon.co.jp)
pritzsinglealbumvol1

Pritz Single Album Vol. 1


Too diffcult~Oh Eh Oh Eh~ (YouTube)

ファッションについて語る

先生:
確かに。BABYMETALは、まず物語があって、それらの表現として、キツネ様を含めたデザインを提示していますね。コスチュームについてはどうでしょうか?

博士:
苦しいまでにタイトでなアーマーのようなBABYMETALのファッションは、不似合いとも言えるちびっこキャラと相まって、まるで子供のまま永遠の命を得てしまったバンパイアを具現化したよう…という意味で画期的でした。 PRITZにおいては、「まぁ、ちょっとゴスっぽいかなぁ」位の印象しかありません。 その間隙を一気に埋める為か、CHTHONICからの援用なのか、腕章等、ファシズム的なエレメントを多用しているようですね。「ファッショ」は「ファッション」なのでしょうか?

先生:
腕章については、批判的な反応もあります。確かに、想起されるものがファシズムやナチスにも通じますが、「ファッションとしてファシズム的なモチーフをつかう」と「ファシズムを思想として支持する」というのは別物ですからね。YMOの散開ライヴの衣装や舞台美術についても、表現として僕は評価しています。タブー視しすぎると、パロディーの対象にすらなり得なませんからね。

博士:
ももクロ~でんぱ組~BABYMETALにも見られる和風の「萌ドレス」は、日本のアイドルの一つの個性になっています。韓国もチョゴリとかあるんだから、そういうアイドル・コスを作ればいいのに…。

先生:
一般ウケするかはわかりませんが、僕は民族衣装が好きなので、歓迎します。実際、ベトナムの少数民族の町、サパに行った時、少数民族の衣装を着たアイドルのような娘達がステージで踊っていて、「いいなぁ~」と思っていました。

意外とないPerfumeフォロワー

先生:
長くやっている割に、Perfume的なアプローチは、K-POPからは見えてきません。Orange Caramelとは、3人のアイドルということで、Perfumeに例える意見もありますが、世界観はかなり違います。

博士:
ももクロと酷似を指摘されているCRAYON POPそうなのですが、外見は結構似てはいるものの、パフォーマンスにおいては従来のアイドルソング的。これはK-POPが劣っているのではなく、「価値観」の相違だと言えるでしょう。画一化した美人でスタイルが良くてダンスも上手いという、アイドルの理想が忠実に守られています。Perfumeの場合、割と普通に見える女の子達が、意外性を持って、圧倒的なサウンドやパフォーマンスを披露する。これは、ちょっとフォローしにくいんじゃないかと思います。

先生:
K-POPには80年代のテクノポップ~ニューウェイヴの文脈があまりなく、ヒップホップ以降のシーンの流れを感じます。
昨年のT-araの『And & End』は、Justiceの『†』のオマージュでした。これはどうでしょう?

And & End (iTunes)
andandend

And & End


Sugar Free (YouTube)

博士:
これも表面的にはエレクトロなのですが、肝心のパフォーマンスが基本的に通常のアイドルソングの域です。ブニブニしたベースサウンドはちょっとヤスタカですけどね。

先生:
どこの国においても、ひとつのものが流行るとそれに追従する動きとなるのは、自然な流れだと思います。それを肯定・否定するかは別にして、ほぼすべてのものにはなんらかの発想の元はありますからね。博士も指摘した通り、源流を理解した上で、新しいストーリーを作っていけば、模倣を超えることができるのではないかと…そんな感じで今日は締めくくっておきましょう。PRITZが所属するPANDAGRAMの方がこの対談を見られたら、ぜひお力になりたいとメッセージを残しておきます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。