狭くて濃ゆいテクノポップ業界

ガイド:
天馬さん、この度は『Let’s天才てれびくん』(毎週(月)~(木)午後6時20分~)の新レギュラー、おめでとうございます! 同じNHK Eテレで3月30日から放映となるドラマ『念力家族』の原作者、笹公人さんから、ぜひ松永さんもインタヴューしてほしいとのメッセージがあったのです。笹さんとはどこかで繋がっていたのでしょうか?

ドラマ『念力家族』とテクノポップの深いカンケイ (All Aboutテクノポップ)

松永:

ありがとうございます。不肖松永、テレビ初レギュラーがまさかの『天てれ』と相成りました。
狭くて濃ゆいテクノポップ業界です。「東京生まれテクノポップ育ち、ビョーキな奴は大体友達」という訳ではありませんが、やっぱり必ず何処かで繋がるんですよね。笹さんはラジオに出して頂いたり、ライヴにご招待させて頂いたりという御縁です。バンドを始める遥か昔に、宇宙ヤングで高橋名人と共演されているのは拝見しているのですが。
letstensaitvkun

Let's天才てれびくん


心の教科書と命の授業

ガイド:
えっ、宇宙ヤングをご覧になっていたんですね! 同じ会場にいたかもしれません。
イマイケンタロウさんにインタヴューした時も、エイプリルズとCTO LAB.の両グループとも『天才てれびくん』に関わっており、なぜかNHK Eテレとテクノポップは深いカンケイがあります。今回の話はどのような形で来たのですか? やはり、アーバンギャルドで、“教育的な活動”をしていたことが評価されたのではと思っています。

大!天才てれびくん by エイプリルズ + CTO LAB. (All Aboutテクノポップ)

松永:
これまで、CDという「心の教科書」をリリースし続け、ライヴという「命の授業」を続けて参りましたからね。いっけん過激なアーバンギャルドですが、その思想の根幹は極めて前向きで教育的なんです!
というのも御座いますが、やはり天てれスタッフの方のセンスによる所が大きいのではないでしょうか。一筋縄ではいかないキャスティングとはまさしくこのこと。最初にお話を頂いたときは一足早いエイプリルフールか何かかとは思いましたが。

偶然とは思えない人選

ガイド:
1993年に始まった『天才てれびくん』は、改題を重ねて、今は『Let’s天才てれびくん』。昨年のエンディング・テーマは、石野卓球さんが提供した「にっぽん・なんばあず」で、これは偶然とは思えない人選を感じます。

松永:
しかも、その曲を宇川直宏さんが監督した電気のPV「タランチュラ」にも出演していたジョンテ・モーニングさんが踊っていたわけですからね! 過去を遡ればすかんちやBoogie the マッハモータースもテーマソングを担当しています。テクノポップやサブカルチャーを嗜好する人間としては、グッと来ざるを得ません。

超次元帝国清掃課地球係の係長

ガイド:
クセモノぞろいの新キャラクターの一人らしいですが、天馬さんの役どころについて教えて下さい。

松永:
僕は“次元ゴミ”をまき散らす地球人類を掃除しにやってきた、超次元帝国清掃課地球係の係長を演じています。昨年度までのシリーズでてれび戦士が撃退してきた異次元獣の、いわば親玉的存在ですね。
今年度は異次元獣の活動を邪魔する“どちゃもん”(各都道府県の守り神のようなキャラクター)を排除すべく、超次元帝国清掃課による「どちゃもんおかたづけ作戦=DO作戦」が始まります。地球係三人のエキセントリックな性格については、是非テレビでご確認頂ければと思います!
temma

松永天馬


ガイド:
てれび戦士は、現在の公式サイトに行くと、12人の小・中学生しかいないんですが、子供たちと戦っちゃうのですか?

松永:
大野拓朗課長、虎南有香分析官ら未来人の呼びかけに応えた12人のてれび戦士と超次元帝国清掃課の対決が、今シリーズの目玉になります。つまり我々は悪役としててれび戦士たちと対決していくわけですが、宇宙から見ると人類は“次元ゴミ”をまき散らしているわけで、一概に我々超次元帝国が悪とも言えない。ただ面白いだけでなく、なかなか深いテーマを扱っていると思います。
oono-konan

(左から)虎南有香と大野拓朗

marochonofujimorinakata

(左から)麿赤兒、蝶野正洋、藤森慎吾、中田敦彦


デコボコ三人組

ガイド:
ラバーガールの飛永翼さんと大水洋介さんで写っている写真、天馬さんだけ、なんだか靴が戦士っぽくないのですが…まぁ、企業戦士と言えば、そうなんですが。
newcast

(左から)飛永翼、松永天馬、大水洋介


松永:
僕の配役は清掃課の係長として、ふたりの上司にあたるのですね。だから制服のデザインも違うという。肩についているモップの量が僕だけ一番多いのも、それを表しています。悪の組織といえばデコボコ三人組。そんな気がしませんか?

ガイド:
確かに! 「タイムボカンシリーズ」における「三悪」もそのフォーマットでしたね。
ラバーガールのお二人はお笑いの人なので、出演者リストだけ見ると、天馬さんがいるアーバンギャルドもお笑いなんだと思ってしまう子供たちがいるのではないかと(笑)。将来のファンになってくれそうで、いいことですが。

【新レギュラー出演者】
松永天馬(アーバンギャルド)
飛永 翼(ラバーガール)
大水洋介(ラバーガール)
rubbergirl

(左から)飛永翼と大水洋介


松永:
確かにグループ名含め、違和感ない並び!しかもラバーガールのお二人とは学年も一緒だったり、不条理な作風も含め、アーバンと通じる部分があるので勝手に親近感を抱いています。
アーバンギャルドはやはり、良くも悪くもバンドの枠に収まらないということではないでしょうか(笑)。以前のインタビューでも言ったかもしれませんが、アーバンはバンドであると同時にカルチャーでありメディアでありたいと、常々考えています。歌詞やヴィジュアルにしても、「お笑い」というかコメディで言えば、「モンティ・パイソン」やウディ・アレンにも通じるブラックユーモアやアイロニーを感じませんか?

ガイド:
日本なら「スネークマンショー」は、その最たるものですね。

テクノポップはレトロ・フューチャー

ガイド:
22世紀からやってきた未来人がいるSF的設定なので、やはりテクノポップの人というのは、相性がいいんでしょうね。

松永:
テクノポップは永遠に辿り着かない未来の音楽、レトロ・フューチャーの最たる表現です! 新しいと同時に懐かしい。クールだけどキュートで、オシャレだけど何処か野暮ったくて甘酸っぱい。そんなテクノポップは、例えば近代人が想像した「ロボットが歩き回りエアカーが空を飛びかう……これが二十一世紀のTOKYOだ!」みたいな未来像を、現代から覗き返すような面白みがありますよね。
「未来は綺麗に」(byP-MODEL)「幸福の未来」(byハルメンズ)「未来派野郎」(by坂本龍一)などなど、テクノポップの想像力は絶望も希望もこみこみで、常に明日を志向しています。

ガイド:
僕の好きなThe Bugglesのデビュー・アルバムのタイトルも、『プラスティックの中の未来(The Age Of Plastic)』。これは、なかなか優れた意訳です。
アーバンギャルドのメンバーからは、今回の出演について何か言われましたか?

松永:
まず驚かれ「大丈夫なの?」と心配されました(色々な意味で)。これはメンバーに限らず皆さんそうですが、だだだ大丈夫ですよ!

ガイド:
物語において、悪役はヒーロー以上に重要であると考えます。ウチにはもう小さな子供はいませんが、ぜひ天馬さんの活躍を見せていただきたいと思います! 楽しみです。

松永:

地デジ放送のリモコンで茶の間戦士として視聴者参加も出来たりと、大人でも楽しめる内容になっています。是非とも御覧ください!

【ライブ情報】
■鬱だ一番!アーバンギャルドまつり2015
~ワンマン&スペシャル・今度は戦躁だ!~
2015/4/4(土) ワンマンライヴ(DEATH)
2015/4/5(日) ワンマンライヴ(REBIRTH)
@新宿Reny http://ruido.org/reny/

全国16カ所!2年ぶりの大規模な全国ツアー開催!!
■アーバンギャルド2015 春を売れ!SPRING SALE TOUR

詳しくは、アーバンギャルド(公式ページ)にて。

【関連リンク】
Let’s天才てれびくん (NHK)

投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。