WiMAXのエリアが拡大中

WiMAX通信用のUSB接続端末(WMX-U01、アイ・オー・データ製)

WiMAX通信用のUSB接続端末(WMX-U01、アイ・オー・データ製)

2月に東京23区、横浜市、川崎市で始まった、高速無線通信サービスの WiMAX(ワイマックス)。7月末の時点で、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県の一部にも拡大され、年末までには主要都市や政令指定都市でのサービスが始まる予定で、全国展開は2012末までを予定しています。

WiMAXの最大の特徴は、40Mbps(下り、理論値)という高速通信が可能なこと。現在はサービス地域の狭さから、理論値に近い速度はなかなか体験できないようですが、徐々に改善されていくでしょう。

データ通信カードを購入しての利用が一般的ですが、接続機能を標準搭載したノートパソコンも増えています。WiMAXは、モバイル通信の次世代スタンダードになると思われます。

WiMAX対応プロバイダ

WiMAXでの接続に対応したプロバイダは、多くありません。今後増えるのは確実ですが、今のところは@niftyとBIGLOBEの2社となっています。

@nifty
@nifty会員は、オプション料金として4200円/月。初期費用は2835円です。新規入会では、「お手軽1コース」と合わせた場合は4462.5円/月。いずれも8月末までに申込み、8カ月継続利用すると10,000円のキャッシュバック特典付きです。

BIGLOBE
BIGLOBE会員は、オプション料金として4263円/月。初期費用は2835円です。新規入会の場合、ベーシックコースと合わせて4473円/月。いずれも8月末までに申込み、1年継続利用すると10,000円のキャッシュバック特典があります。

プロバイダ以外での利用法

上記プロバイダの会員でなくても、今すぐWiMAXを利用することは可能です。家電量販店によるサービスは、店頭で申し込みできます。メールアドレスは提供されないため、別のプロバイダのメールアドレスか無料Webメールを利用する必要があります。

UQコミュニケーションズ
WiMAXを提供しているUQコミュニケーションズに自身のサービス。初期費用2835円、4480円/月(UQフラット)。600円/日(UQ 1デイ)は、出張時などの「数日間のみ使いたい」というユーザー向け。

WICOM Mobile
初期費用3150円、3990円/月と、月間料金が割安なのが特徴です。

ワイヤレスゲート
初期費用2835円、4480円/月。ヨドバシカメラ限定サービスで、ファストフード店などの無線LANスポット(全国6000カ所以上)と併せて利用可能。

YAMADA AirMobile
初期費用2835円、4480円/月。ヤマダ電機によるサービスで、15日間の無料サービス「Try WiMAX」キャンペーンも行っています。

BIC WiMAX Service
初期費用2835円、4480円/月。ビックカメラによるサービスで、専用USB端末とのセット提供となります。

関連サイト
UQコミュニケーションズ


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。