いちばんのオススメは「中華ダイニング いい田」さん


よく「浅草は散歩するのは楽しいけれど、ランチ代が高くつく」という話を聞く。いやいや、そんなことはない。探せば安くておいしいランチがいくつもあるもの。
観光客が知らないランチスポットがたくさんある

観光客であふれる浅草だけど、路地を一本入ると安くておいしいお店がある

まず、最初にご紹介したいのは、「中華ダイニング いい田」さん。本格的な町中華なんだけれど、ワンコインのランチがある。
立派な店構えの中華料理店

中華ダイニング いい田 台東区西浅草3-2-9

場所はつくばエクスプレスの浅草駅A2出口から国際通りを言問通り方向へ歩き、感應稲荷神社の手前を左に曲がってしばらく行くと左側にある。実は何度も前を通ったことがあるんだけれど、この店構えでつい高いのだろうと思ってスルーしてた。が、今回、目を止めたのがこの看板。
回鍋肉丼、マーボー丼、ブタ丼

ワンコインのランチメニューがあるんだ

これは、ちょっと入ってみよう。午後1時半。入ってすぐのところにカウンター、奥にテーブル席があるようだ。お客さんはまばらだが、地元のお客さんがひっきりなしに入ってくる。
11:00~15:00のメニュー

ランチタイムのメニュー

迷ったけれど、表の黒板の一番上に書いてあった「回鍋肉丼」にしよう。今日の日替わりランチはカタヤキソバだそう。他のお客さんが食べていたつけめんもおいしそうだ。
本格的な回鍋肉だ。スープもおいしい。

回鍋肉丼 500円

やってきた回鍋肉丼。けっこうなご飯の量。スープがおいしい。ああ、ここってラーメンなんかもおいしいんだろうなぁ。回鍋肉はお肉もキャベツもおいしい。甘辛いタレがちょうどいい。
アイスコーヒー、ホットコーヒー、ウーロン茶から選べる

しかも、ドリンクまでついてくる

驚くべきことにドリンクもついてくる。アイスコーヒー、ホットコーヒー、ウーロン茶から選べるとのこと。ホットコーヒーにしてみた。ランチのサービスコーヒーというと煮詰まったものというイメージがあるけれど、普通においしいコーヒーだった。ありがたいなぁ。

■中華ダイニング いい田
東京都台東区西浅草3-2-9
TEL:03-3844-5029
営業時間:11:00~15:30 17:30~22:00
定休日:日曜日

次ページでは、河金さんでカツカレーを500円でいただきます。


【関連サイト】
中華ダイニングいい田 浅草のラーメンと餃子は中華ダイニングいい田へ 筑波エクスプレス浅草駅より徒歩1分

河金さんでワンコインのカツカレーをいただく


以前、入谷にカツカレーの元祖のお店があるというので、食べに行って記事にしたことがある。その時に紹介した「とんかつ河金」さんと同じ名前のお店が、千束通りから、路地に入ったところにある。
町のとんかつ屋さん

河金 千束店 台東区浅草5-16-11

こちらの表にあるホワイトボードには、500円のランチメニューがズラリと並んでいる。これはけっこうイケるはず。そんな予感とともに店内へ。
500円のメニューがたくさんある

午後2時までのランチメニュー

カツカレーの元祖、河金さんということで、やはりここは「かつカレー」でしょ。ワンコインメニューにはチキンカツやメンチカツの定食などもある。時刻は午後1時45分。あ、ランチは2時までだ。急いで店内へ。カウンター、その奥にテーブル席がある。

カウンター席に座り、元気よく、かつカレーを注文。こんな時刻だけれど、常連客でいっぱい。しかも全員が男性客。よくしゃべる中年の男性がひとりいて、テレビを見ながらいろいろ突っ込みを入れている。店の人は適当に受け流しながら、調理している。こういうシーンって下町っぽいね。
これに味噌汁が付いている

ランチのかつカレー 500円

ほどなく、かつカレー到着。ちょっとわかりづらいけれど、ご飯の上に千切りキャベツその上にカツ、そこにカレーがかかっている。
千切りキャベツの場所がなんだか斬新

ご飯の上に千切りキャベツその上にカツがのっている

おいしいし、量もけっこうある。カツも小ぶりだけどおいしい。うれしいのは味噌汁がついてくること。これで500円って驚き。ちなみにかつカレーの元祖といわれる「河金丼」は、こちら千束店にもある。

■河金 千束店
東京都台東区浅草5-16-11
12:00~20:00
定休日:土曜日

次ページでは芳野屋さんで、ラーメン、焼きそばをワンコインでいただきます。


花やしきのそばにある芳野屋さんにもワンコインメニューが!

浅草寺から花やしきへ向かう通りが花やしき通りだ。この通りには何軒かのお店が並んでいる。
手前に見えているのが芳野屋さん

花やしき通りに並ぶお店

いちばん花やしき側にあるのが芳野屋さんだ。横から見ると、古い建物だということがわかるけれど、表はこんなかんじ。
味のある店舗ファッサードだ

芳野屋 東京都台東区浅草2-29-3

夏はかき氷などが飛ぶように売れている。冬は競馬のある日はお客さんが競馬中継を見ながらビールを飲んでいたりする。平日のお昼などは比較的すいている。もう少しお店に近づいてみよう。
煮込み400円も気になる

焼きそば、ラーメンが500円

この横に食品サンプルもあるんだけれど、けっこう日焼けしている。勇気を出して中に入ってみる。お客さんは誰もいない。店主はけっこう高齢のご婦人だ。
競馬のある日のテレビは競馬中継になっている

店内はこんなかんじ。昭和なテイストだ。

「きょうは風が冷たいですね」と店主。「そうですね、寒いですね。ラーメンをください」と注文。店内を撮影していいか聞けば、微笑まれ、小さく頷かれた。いい雰囲気の店内。まさに昭和の食堂。
ふつうに美味しいラーメン

ラーメン 500円

ちゃんとチャーシューも入ったラーメン。海苔もいいね。麺もたっぷり。
スープも全部いただいた

十分においしいし、食べ応えもある

昔懐かしいラーメンというかんじ。麺は柔らかめに茹でられている。さて、今度は別の日。日曜日の昼下がりにうかがった。今度は焼きそばを注文してみた。さすがに客でいっぱい。ひとつ空いている席があったので、座る。隣のおばちゃんが話かけてくるので、少し相手をしたけど、なんだか、話がくどくて、ちょっと辟易。早く焼きそばこないかなぁ。……きた!
かなりおいしい焼きそば

焼きそば 500円

焼きそばにしろラーメンしろ浅草にはもっと安いお店もたくさんあるんだけど、世の中よくしたもので、芳野屋さんの焼きそばはそれらに比べるとかなりおいしい。おいしさのポイントはいろいろ入っている具材だろうか。細かく刻んだベーコンなんかも入っている。

ちなみにこちらの芳野屋さん、ワンコインはランチ限定じゃなかった。一日中この値段。それがすごい。

■芳野屋
東京都台東区浅草2-29-3
11:00~19:00
不定休

次ページではら麺亭さんでラーメンと半チャンらーめんをワンコインでいただきます。

【関連まとめ】
500円でおつりがくる!浅草の安くて美味しい焼きそば屋さん5選|All About(オールアバウト)


ら麺亭さんで、感動のワンコイン半チャンラーメンをいただく

場所は伝法院通りと書かれた大きな柱のすぐそばにあるら麺亭さん。とても小さなお店だ。
伝法院通りにある小さなお店

ら麺亭 東京都台東区浅草1-39-9

浅草散歩をする場合、必ず歩くであろう伝法院通りに「ら麺亭」さんはある。売りは330円という安いラーメン。この値段とは思えないちゃんとしたラーメンがいただける。
写真が出ているが、なかなかおいしそう

「ランチ限定 半チャンらーめん」の看板

ランチ限定、半チャンラーメンが500円。その後ろには「らーめん330円」の看板もある。まずは食券を買い求める。
500円玉を入れてポチッとな

半チャンらーめんは2時半までの提供

食券を手にお店の中へ。おっと、満席だ。それにしても狭い、カウンターだけのお店。奥の人が出てきたので、そこへ着席。後ろを通るだけでもギリギリなかんじ。
これで500円とはびっくり!

半チャンらーめん 500円

らーめんは単品だと330円だが、驚くのはこの具材だ。ほうれん草、海苔、メンマ、ネギ、チャーシューがのっている。
これはコスパ高いねぇ

麺はかなり細めのストレート。ズルズルいけちゃう

醤油ラーメンだけれど、スープや麺は独特。なかなかおいしい。量もそれなりにちゃんとある。
量はほんのちょっと。

けっこうご飯がパラパラのおいしいチャーハン

チャーハンもいい。もっと食べたくなる、おいしいチャーハン。隣でネギらーめんを食べていたご婦人が「しゅーまいちょうだい」と現金を出していた。140円で2個なのだそうだ。見たら、めちゃくちゃおいしそう。たのもうかと思ったが、今回はワンコインランチの記事なので、ガマン。次回はぜひ!

■ら麺亭
東京都台東区浅草1-39-9
[月~金]11:00~20:30
[土日]9:00~20:00
年中無休

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。