任天堂とDeNAが資本提携

任天堂とDeNAの図

任天堂とDeNA、すごく意外な組み合わせです

まさしく、業界激震というキャッチコピーが相応しいできごとが起こりました。2015年3月17日、任天堂とモバゲーを運営するDeNAは業務提携、そして資本提携を発表しました。これまで、ほとんど自社プラットフォームにしかゲームを供給してこなかった、ゲーム専用機の老舗である任天堂が、ソーシャルゲームを運営するDeNAと提携するということで、大変なニュースとなっています。

【関連サイト】
任天堂株式会社 株式会社ディー・エヌ・エー 業務・資本提携共同記者発表 プレゼンテーション(任天堂公式サイト)

任天堂株式会社 株式会社ディー・エヌ・エー 業務・資本提携共同記者発表 質疑応答(任天堂公式サイト)

任天堂とDeNAが提携、ということだけを聞くと、モバゲーにマリオが出てきて、任天堂のゲームでもガチャをまわすようになるのか、というような発想がとりあえず頭に浮かんでくるわけですが、発表や質疑応答の内容を精査すると、どうも必ずしもそういうことではなさそうです。どうやら任天堂は、もう少し大胆で大きな目標を掲げているようなんですね。

任天堂がこの提携で何を目論んでいるのか、というお話をしてみたいと思います。

任天堂がゲームを作り、DeNAが裏側を支える

スマホで遊ぶマリオとリンクの図

モバイル端末向けには、既存のゲームの移植をせず、モバイル端末にあったものを作るとしています

まず、両者がどういう組み方をするか、ということですが、ゲーム毎に違うとしつつも、基本的には、任天堂がゲームアプリ、ユーザーに遊んでもらう部分を開発して、DeNAが裏側ですね、サーバーサイド、バックエンドの方を担っていくという形です。

当たり前の話ではあるんですが、任天堂が1番得意なことはゲームを作ることです。ですから、DeNAの作るゲームに任天堂のキャラクターだけを載せる意味はあまりありません。それよりは任天堂の苦手な部分、いままであまりやってこなかった部分をDeNAに担当してもらい、モバイル端末向けゲームをリリースする環境をスピーディに整える、という組み方です。

そして、そこで作られるゲームは、おそらく日本で今過熱しているような、ガチャに大きく依存したゲームはあまり作られないと考えられます。

世界で売れるモバイル端末向けゲーム

だるめしスポーツ店の図

ゲームの課金に関しては、ゲーム中にゲームが値切れる「だるめしスポーツ店」など、実はユニークな取り組みをしてきている任天堂

モバイル端末向けにゲームをリリースするとした任天堂ですが、おそらく今日本で過熱しているような、ガチャに大きく依存したタイプのゲームはあまり作られないと考えられます。ガチャにあたるような要素にまったく手を付けないか、ということは断定できませんが、それを主軸に置いて量産する、ということは今のところ可能性として非常に薄いでしょう。

それは、任天堂が子どもにも安心して遊んでもらえるというブランドイメージを守りたいから、ということも理由にありますが、それだけではありません。任天堂は日本でも、そして海外でも両方で人気のあるタイトルをたくさん持つ珍しいゲームメーカーです。任天堂がヒットを狙う、と言った場合には、それは日本を含む世界でヒットを狙うという意味なんですね。実際、任天堂の岩田社長は「億単位のお客様に楽しんでいただくことを目指したいと思います。」と発言しています。

ガチャを軸としたモバイル端末向けゲームのムーブメントは日本市場の特徴的な現象で、必ずしもグローバルスタンダードではありません。しかし、任天堂の狙いは日本のモバイル端末向けゲームのブームに乗ることではなく、世界的なヒット作を生み出すことです。

そしてそれは、矛盾するようにも聞こえますが、ゲーム専用機を盛り上げる為でもあります。

ゲーム専用機との相乗効果

パズドラZの図

パズル&ドラゴンズが、モバイル端末で人気がでた後、3DSで「パズドラZ」を出してヒットした例がありますが、認知度向上して誘導、という意味では近いかもしれません

任天堂はDeNAとの提携発表会で、全く新しいコンセプトのゲーム専用機プラットフォームを開発中であると発表しました。開発コード名「NX」と呼ばれるそのプラットフォームの詳細情報は一切なく、ただ作っていますよ、というだけの発表です。

任天堂はどちらかというと、詳細が煮つまってから一気に情報公開することの多い企業で、影も形も無いものを発表するというのは比較的珍しいことです。それをわざわざ、しかも本来直接関係のないDeNAとの提携発表会で発表したというのは、わけがあります。

任天堂は、モバイル端末向けのゲーム市場に参入する理由を、専用機との相乗効果でゲーム人口をさらに拡大することにある、としています。つまり、スマートフォンなどで気軽に任天堂のゲームに触れてもらう機会を増やし、その流れでゲーム専用機にも興味を持ってもらい、購入動機を高めていく、ということですね。

その意図を明確にするために、NXは発表された、というわけです。

そして、モバイル端末とゲーム専用機を繋ぐ新たなメンバーサービスの開発にも着手します。

任天堂の描く壮大な計画と山のような課題

iPhoneと3DSの図

任天堂はモバイル端末を味方にすることができるのでしょうか?(イラスト 橋本モチチ)

任天堂は、DeNAとの提携で、3DSやWii U、そしてコードネームNX、スマートフォンやPCなどをハードの垣根を越えて繋ぎ、ユーザーと1対1で繋がれるメンバーサービスを新たに開発するとしています。任天堂が弱いと言われている、ネットワークサービスの仕組みに関しても、DeNAと提携することで強化していくという方針です。

さあ、ここまでのところをまとめましょう。DeNAに裏方をやってもらうことで、モバイル端末向けにゲームをリリースする環境を整え、世界でヒットを狙う作品を投入します。世界中のより多くの人に任天堂のゲームに触れる機会を増やすことによって、ゲーム専用機との相乗効果をもたらし、ゲーム人口を拡大。そしてそれをあらたなネットワークサービスによってハードの垣根を越えて繋いでいく、これが今回発表した任天堂がやろうとしていることです。

いかがでしょうか、マリオをソーシャルゲームに投入すればとりあえずガチャで儲かりそうだ、という話よりは壮大な感じなんじゃないでしょうか。しかし、壮大な分、容易に達成できることではありません。

プラットフォームと一体型のコンテンツに強みがあると常々言っている任天堂が、モバイル端末向けゲームでも同じように力を発揮できるのか。DeNAに裏方をお願いしてもらうにしても、自社プラットフォームに加えてモバイル端末向けゲームを作るだけの、開発リソースが十分に確保できるのか。世界でヒットするタイトルが出てきたとして、それは本当にゲーム専用機との相乗効果をもたらすのか。新しいネットワークサービスは、今までのイメージを覆すような、使いやすく、魅力的なものになるのかどうか。課題は本当に山のようにあります。

それでも、何か新しいことが起こりそうな期待はあります。挑戦する気概を大いに感じます。ゲーム業界が動きそうな予感がします。何が起こるんだろうというワクワク感は、ゲーム業界にとってとても大切なことです。

大きな発表をしました、大胆な目標を掲げました、でも勝負はここからです。有言実行、できるのかどうか、ワクワク感を楽しみながら、待ちたいと思います。

【関連記事】
パズドラの「スマホ→3DS→スマホ」作戦(AllAboutゲーム業界ニュース)
なんで任天堂はゲームを値切るゲームを作ったか(AllAboutゲーム業界ニュース)
ケンタウロスの脚とゲームの戦略(AllAboutゲーム業界ニュース)

【関連サイト】
田下広夢の記事にはできない。(ゲーム業界ニュースガイド個人運営サイト)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。