告白してフラれるのは誰だって嫌ですよね。告白が失敗したことで、それまでの関係もギクシャクしたり、下手したら会話すらマトモにできなくなることだってあります。そうならないためにも、明らかに自分に好意がナイ相手に告白するのは避けたいところです。女性は、好意がナイ相手には「ゴメンナサイ」のサインを出しています。どういったサインなのか、早速見てみましょう。

無理な注文をする

会話する男女

無理難題を言われるのは単なるワガママではなく、「ゴメンナサイ」のサイン!?

好きな女性がいて、「どうしたら付き合える?」と尋ねたとしましょう。そんなとき、実現するのが不可能ともいえる条件を出されたら、脈がないと考えた方がいいかもしれません。

たとえば、太っている男性に向かって「私、太っている人が嫌いだから20キロ痩せたら付き合ってあげる」などというのは、かなり難しい注文ですよね。また、買えないと分かっていて非常に高価な物をねだったり、デート日程にわざと会えない日時を指定したりするのも無理な注文です。

もしも、このように、どうにもできそうにないことばかり言われるとしたら、その女性が「ゴメンナサイ」のサインを出しているということです。ところが、そんな女性の気持ちに気付きたくないのか、本当に気付かないのか、「彼女が言ったことを成し遂げたら付き合える」と信じて頑張ってしまう男性もいます。もちろん、可能性はゼロではありませんが、多くの場合は限りなくゼロに近いでしょう。

会話をしても目が合わない

どんなに熱く語っても自分を見てくれない、二人で会話しているのに目が合わないなどといったことは「ゴメンナサイ」のサインの可能性が高いでしょう。また、ソファやベンチなどで隣に座ったときに二人の間に荷物などを置いて壁を作るのは、心を開いていない証拠です。

人は興味がある対象には自然と体が近付いていくものです。ですから、何度会っても体の距離が縮まらないというのなら、それは残念ですが「あなたに興味がない」ということを意味しています。

こんなときにプラス思考で「彼女は、きっと、恥ずかしがり屋さんなんだ」なんて考えても仕方ありません。それは、もはや現実逃避です。恋愛成就のための第一歩は、現実を正しく認識することです。

次のページに続きます。