ブラジルの言語・公用語は「ポルトガル語」! 観光で英語は通じるの?

informacao

リオデジャネイロ、サントス・ドゥモン空港のインフォメーションブース

ブラジルの公用語は、南米諸国の中で唯一スペイン語ではなく、ポルトガル語。国際空港やメジャーな観光地には、英語を話すスタッフも待機しているようですが、一歩外に出るとポルトガル語ばかりです。

ワールドカップやオリンピックといったグローバルイベントの招致により、地下鉄の駅や主要観光地に英語併記の標識が設置されたり、英語教育が以前よりも推進されたとはいえ、まだまだ「英語ができれば大丈夫!」とは言えません。

一般的には、サンパウロ、リオデジャネイロ、ミナス、フォス・ド・イグアスといったブラジルの南部の大都市の方が、北部や北東部に比べると英語を話せる人が多いと言われていますが、それでも街を歩いている人や一般のお店の店員さん、タクシーやバスのドライバーに英語が通じることは、期待しない方がいいと思います。

また、サンパウロ州は日系人が多いことで知られていますが、残念ながら3世や4世にもなると、日本語を話す人はそれほど多くありません。一方、スペイン語とポルトガル語は、文法や語彙が似ているので、ある程度は通じ合えるようです。
 

ブラジルの英語教育

ちなみにブラジルでは、小・中学校(1年生~9年生:6歳~14歳まで)が義務教育で、5年生から外国語が必修科目となりますが、英語かスペイン語かを選べる仕組みです。しかも残念ながら公立の小中学校のレベルはあまり高くありません。逆に大学になると、公立のレベルはかなり高く、学費が無償のため、私立で学んできた生徒が公立大学を目指すことは珍しくありません。ただし、大学入学センター試験科目の外国語も英語かスペイン語のいずれかとなっているので、高学歴の人が必ずしも英語を学んでいるわけではありません。

日本人にとっては、ポルトガル語の方がスペイン語に比べて鼻音が多い分、 多少発音が難しいかもしれません。とはいえ、多少例外があるものの、基本はローマ字読み。大きな声で自信をもって話してみてください。ほんの少しでもポルトガル語を覚えておけば、きっと役に立ちますよ。
 

ブラジルの挨拶! 「こんにちは」は「Boa tarde(ボア・タァルヂ)!」

praia do rio

リオのビーチでは、いろいろ声がかかります

ブラジル人から声をかけられる場合、一言目が挨拶である場合が多いと思います。
  • おはよう/Bom dia(ボン・ヂーア)
  • こんにちは/Boa tarde(ボア・タァルヂ)
  • こんばんは/Boa noite(ボア・ノイチ)
「ボア・ノイチ」は、「おやすみなさい」の意味でも使われます。

また、時間を選ばずに使えるカジュアルな挨拶としては、
  • やあ、こんにちは/Oi(オイ)
  • 元気?/Tudo bem(トゥド ベン?)
などが一般的に使われます。返事は、言われたことをそのまま言い返せば大丈夫です。「トド・ベン?(元気?)」と語尾を上げて声をかけられたら「トド・ベン!(元気!)」と語尾を上げずに回答すれば問題ありません。また、ちょっとどいてほしい場合などの「すいません」は、「Licença(リセンサ)」、足を踏んだ、ぶつかった!といった場合の謝罪の言葉「ごめんなさい」は、「Desculpe(デスクーピ)」もしくは、「Desculpa(デスクーパ)」です。
 

情報を得るためのポルトガル語。ありがとうは何と言う?

挨拶が終わっても、言葉が話せなければ、なかなか会話は続けられませんね。やっぱり聞きたいのは、「英語を話しますか?/Fala inglês?(ファラ・イングレス?)」でしょうか。

残念ながら、「いいえ/Não(ナオ)」といわれた場合、単語をつなげるだけでも、なんとか意思疎通できるはずです。大抵、熱心に聞いてくれるので、がんばりましょう。
  • xxをお願いします/xx, por favor(xx ポル・ファヴォゥ)
tapioca

簡単なポルトガル語を覚えておけば、こんなタピオカ屋台などでもスムーズに注文できるかも

「ポル・ファヴォゥ」は、文章にできなくても単語にくっつければ自分の欲しいものや、して欲しいことを伝えられる便利な言葉。英語のプリーズに当たります。
例えば、
  • 「領収書をお願いします/Recibo, por favor. (ヘシーボ、ポル・ファヴォゥ)」
  • 「これ、お願いします/Este, por favor.(エスチ、ポル・ファヴォゥ)」
単語を知らなくても、指差したり、画像を見せれば、買い物やレストランのオーダーにも使えます。また、住所を見せて行き先を伝えたり、数字を入れて(指などで示して)、2枚下さい、2人です、などといった使い方もできます。更に、
  • 「書いて下さい/Escreve, por favor. (エスクレヴィ、ポル・ファヴォゥ)」
のように、動詞を入れて(仕草で示して)してほしいことを伝える時にも使えます。
  • xxはどこですか?/Onde é xx?(オンジ・エ・xx?)
例えば、
  • 「トイレはどこですか?/Onde é o banheiro?(オンジ・エ・バニェイロ?)」
タクシー乗り場(Ponto de táxi ポント・デ・タクシー)、バス停(Ponto de ônibus ポント・デ・オニブス)、銀行(banco バンコ)など、道に迷った時は、恥ずかしがらずに周りに助けを求めてみましょう。ブラジルには道を教えることが好きな人がやたらに多いようで、誰もが気軽に聞くようです。
  • いつ?/Quando? クアンド?
返事は、書いてもらうのが無難かもしれません。
また、これとセットで覚えておきたいのが、
  • まだですか?/Ainda não? (アインダ・ナオ?)
  • もう?/Já? (ジャ?)
ブラジルのバスや飛行機、人も、時間通りに来ないことは珍しくありません。ギリギリに到着して、「バスがいない……!間に合わなかった?」などという時、役に立つかもしれません。
  • どれくらい時間がかかりますか?/Quanto tempo? (クァント・テンポ?)
  • どれくらいお金がかかりますか(いくらですか)?/Quanto custa? (クァント・クスタ?)
「どれだけ?」という単語、「クァント」だけでも、覚えておけるといいですね。

教えてもらったら、
  • ありがとう!/Obrigado! /Obrigada!(オブリガード:男性が話す場合、オブリガーダ :女性が話す場合)
をお忘れなく。
 

レストランやバーでのポルトガル語! 支払いに使うフレーズは

高級レストランは、手をあげたり、目配せで担当のギャルソンが来てくれるかと思いますが、人気の居酒屋では、声をかけないと注文もできない!なんてことも多々あります。ウエイターに呼びかける時、最も無難な言葉は、前述の「ポル・ファヴォゥ!」。「すいません」は使いません。男性なら、モッソ、女性ならモッサ、と声をかけても構いません。地元の人が「プスーッ」と音を出して人を呼ぶ姿を見かけるかもしれませんが、あまり上品ではないので、使わないほうが無難です。

居酒屋の場合、グラスが空くとウェイターが、必ずと言っていいほど「もう一杯?(マイス・ウン?)」と聞いてきます。「はい/Sim(シン)」もしくは「いいえ/Não (ナオ)」と返事すれば大丈夫です。

お会計は、「コンタ(コンチーニャ)/conta (continha)」。セルフサービス店以外では、10%のサービス料が既に加算されていることが多いため、さらにチップを足す必要はありません。なお、このサービス料の支払いは、義務ではありませんが、特別な問題がない限り支払うのが通例です。

クレジットカードは、「クレジト/crédito」。カード精算する端末は、「マキニーニャ(マキナ)/maquininha (máquina)」と呼ばれるので、お会計を頼むと、「マキニーニャ(を持って来ましょうか)?」と聞かれることもよくあります。カード払いの際は、「はい(Simシン)」と返事しましょう。現金は、「ジニェイロ(dinheiro)」です。
 

いざというとき身を守るためのポルトガル語

使わないに越したことはありませんが、万が一の場合に備えて、覚えておくと安心です。
  • 静かにしろ/Quieta!(キエタ!)
  • 動くな/Parada!(パラダ!)
  • どけ、出ろ/Sai!  Fora!(サイ!フォラ!)
  • (持っているものを)出せ/Perdeu!(ペーデウ!)
  • 全部よこせ/Passa tudo!(パサ・トゥド!)
  • お金/dinheiro (ジニェイロ)
  • 時計/relógio(ヘロージオ)
  • 財布/carteira(カーテイラ)
  • カバン/bolsa(ボルサ)
  • バックパック/mochila(モシラ)
  • 携帯電話/celular(セルラー)
  • 危ない!気をつけて!/Cuidado!(クイダード!)
 

買い物のポルトガル語

compras

ポルトガル語で、お買い物もスムーズ!

気を取り直して、最後にショッピングに役立つ言葉をご紹介します。
  • ブラジルで作られたものですか?/Feito no Brasil?(フェイト・ノ・ブラジル?)
  • サイズ/tamanho(タマーニョ)
  • もっと大きい/maior(マイオー)
  • もっと小さい/menor(メノー)
  • もっとありますか/Tem mais?(テン・マイス?)
  • 別の色/outra cor(オウトロ・コゥ)
  • 別のモデル、形/outro modelo(オウトロ・モデロ)
  • 試着室/provador(プロバドー)
  • 試着する、試す/experimentar(エスペリメンター)
  • 鏡/espelho(エスペーリョ)
  • 保証/garantia(ガランチア)
  • ギフト包装/embalagem para presente(エンバラージェン・パラ・プレゼンチ)
  • 見ているだけです/Só olhando. (ソ・オリャンド)
  • 取り置き、お願いします。後で取りに来ます。/Separe, por favor.  Depois volto.(セパレ、ポル・ファヴォゥ。デポイス・ヴォルト)

それでは、「よい旅を!/Boa Viagem!(ボア・ヴィアージェン!)」

【関連記事】
トコロかわれば意味も変わる!ブラジルのジェスチャー
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。