ヒップホップの誕生

ニューヨークはサウスブロンクスで生まれたヒップホップ。その歴史は70年代にまで遡りますが、音楽全体の歴史で考えると、比較的まだ若いジャンルになるかと思います。当初は、もちろん“ヒップホップ”という言葉さえありませんでした。何だか信じられませんが、いつの時代も音楽やムーブメントは誰かが創るものなのですね。ちなみに“ヒップホップ”という名前は後にヒップホップのゴッドファーザーと言われている人物の一人、アフリカ・バンバータによって名付けられました。
Afrika Bambaataa

Afrika Bambaataa (c) Atsuko Tanaka

最初期のヒップホップはどんなものだったのでしょうか。発端となったのは、これまたシーンの重要人物でヒップホップの生みの親と言われているクール・ハークが、当時住んでいたサウスブロンクスのマンションで、ファンクやソウルの音楽でDJをしたパーティーとされています。

後に彼はターンテーブルを外に持ち出して、そのパーティーをストリートや公園に展開、そこにはたくさんのブレイクダンサーや若者が彼のDJプレイを見に集まったそうです。
Kool Herc

Kool Herc (c) Atsuko Tanaka

こうしてクール・ハークのようなDJと、DJがかける音楽で踊るブレイクダンサー、ラップするMC、そしてグラフィティーの要素が加わり、ヒップホップという文化が誕生しました。

70年代のニューヨークはストリートギャングやドラッグが横行し、今以上に黒人や貧困地区に住むマイノリティーの人達への差別がひどい時代だったと言われています。しかし、ヒップホップが生まれたことによって、行き場のない若者達のエネルギーは犯罪やドラッグなどネガティブなことから音楽やアートに注がれるようになり、ヒップホップはサウスブロンクスだけにとどまらず、やがてより多くの地域に広がっていきました。

世界へと広まっていくヒップホップ

80年代に入ると、ミュージックビデオの効果も手伝って、ヒップホップはさらに多くの人に知れ渡るようになります。ランDMCパブリック・エナミーLL Cool Jビースティー・ボーイズなど数多くの素晴らしいアーティスト達が世界へと活躍の場を広げていきました。


ヒップホップと言えば、まずラップを思い浮かべる人も少なくないでしょう。その内容は、ストリートでの過酷な現状や、黒人として生きるということはどういうことなのか? といったようなメッセージの濃いものから、ポップなものまで様々です。ヒップホップを通して自分の想いや考え、スタイルを表現したいという情熱が音楽や文化として形に残っていくという点は、今でも変わらずに受け継がれています。

また、80年代を代表するヒップホップに関連した映画として、「ワイルド・スタイル」、「クラッシュ・グルーブ」、「ビート・ストリート」や「スタイル・ウォーズ」などがあり、映像を通してもその時代の熱気を十分感じることができます。

最初に挙げた「ワイルド・スタイル」は83年に公開され、ヒップホップの文化を全世界に広めるきっかけともなった映画ですが、只今渋谷のアップリンクほか、全国の劇場で順次公開中。是非とも大きなスクリーンから、エネルギー溢れる80年代のニューヨークを体感してみて下さい。
(C)New York Beat Films LLC

(C)New York Beat Films LLC

次回はヒップホップがよりコマーシャル化していく90年代について触れていきたいと思います。お楽しみに!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。