無駄に大きな画像を読み込まずに済むよう、大中小3種類の写真を用意しておき、レスポンシブWebデザインの記述方法を使って、適切に切り替えるのが望ましい

ほかのギャラリーを見る