男性が女性に対し、「運命」を感じる5つのシチュエーション

男性は、どのようなときに「運命」を感じるのか。まずは典型的な5つのパターンをご紹介します。
 
b

女性は素直に可愛らしく!

1.身体が接触したとき
例:ちょっとしたボディタッチや、飲食店などで隣に腰掛け、肩やひざが触れたとき

2.想定外の場所で偶然、出くわしたとき
例:美容院や飲食店、街中やイベント会場などプライベートを過ごしているときにバッタリ出会う

3.頻繁に目が合うとき
例:大勢人がいても、目が合う。ふとしたときに、見つめ合う

4.頼られたとき
例:重い荷物を持ってと頼まれる、相談に乗って欲しいとお願いされる

5.自分の変化に気づいてもらえたとき
例:髪型を変えたことに気づいてもらえたとき

女性からすると、「そんなことで?」とお思いかもしれませんが、男性は上記5つのような“たったそれだけのこと”で運命を感じてしまうのです。

ちょっと身体が触れただけで、「相手から触れてきてくれたってことは、俺のことが好き? じゃあ抱きしめてもいいのかな?」と勘違いを起こしたり、偶然、街中でバッタリ出くわしただけなのに、「もしかして俺に会うためにここにいるの?」と思いこんだりと、自分中心の、自分に都合の良い解釈をしがちです。

男性はプライドと自尊心の塊ですから、常に自分が一番でありたいという意識を持ち、高いプライドを保持するためにも、「一番」や「優れている」といった自己肯定をしてしまい、上記のような自己中心的な脳内変換が行われています。

>>男性に運命を感じさせるために使えるテクニックは?