3月に入り、本格的な引っ越しシーズンを迎えます。以前、私も引っ越しをしたことがありますが、この費用、けっこうバカになりません。移動距離とか荷物の量によって違いますが、10万円を超えることもしばしば。3月は何かと物入りなので、さらに引っ越し費用がかかるとなると、お財布は大ピンチになってしまいます。そこで、引っ越し費用を減らすことを考えてみましょう。

学生の引っ越し

机など、なくても困らない家具は、オークションに出品!

机など、なくても困らない家具は、オークションに出品!

方法として私が紹介したいのが、不要品を売るということです。大学進学のために引っ越しをする場合、これまで使っていた机は今後恐らく必要なくなるでしょう。なので、これは売ってしまった方がいいと判断すると、オークションでは5,000円で落札されることも。もちろん状態やブランドによってはもっと高値で落札されることもあります。

ところで、机の中に、ボールペンは入っていませんか?まとめると500円程度で売れます。これまで使ってきた書道セットや絵の具セットなんかも取引がされていて、両方で1,000円くらいになると思います。その他、赤本や参考書も売れますし、制服やローファーなども売ることができます。もちろん、大学生になると私服になるので、おしゃれをしたいと思えば、これまでの服は着なくなるかもしれません。そうなると中古の洋服やバッグなども出品できそうです。

社会人の引っ越し

社会人が引っ越しをするときも同じです。引っ越しで新しい家具や家電を買うことも多いので、これまで使ってきたモノは売ってしまいましょう。たとえば食洗機。引っ越し先によっては、今使っているものは使わないことになるかもしれません。なので、これを売るとすれば、1万円以上で落札されることもあります。ちなみに、私も数年前に食洗機を出品したことがありますが、そのときは3万円くらいで落札されました。

食器や鍋に関しても同じです。新しく買い替えるのであれば、古いものは即出品。Tfalや保温調理ができる鍋などは人気があるので、捨てるには惜しいと思います。Tfalセットの場合、ある程度使っていても1500円~2000円くらいで取引されています。ちなみに、土鍋は今の時期に売らない方がいいと思います。需要が減ってくるタイミングだからです。逆に買うならチャンスかもしれません。

>>次のページに続きます。