うららかな気候が嬉しい季節、春色のお洒落を楽しみながら劇場に出かけてみてはいかがでしょうか。この春はミュージカル・ファンならおさえておきたい公演が次々に登場します。随時追記する観劇レポートもどうぞお楽しみに!

3月開幕の注目!ミュージカル

『The Show Infected CONNECTION』3月19~22日=天王洲銀河劇場←稽古場レポートUP!、観劇レポートUP!
『アイ・ハブ・ア・ドリーム』3月11~15日=IMAホール←観劇レポートUP!
『魔法をすてたマジョリン』3月21日~4月5日=自由劇場

4月開幕の注目!ミュージカル

『小林一茶』4月6~29日=紀伊國屋ホール
『麦ふみクーツェ』4月10~19日=世田谷パブリックシアター、4月23~26日=シアターBRAVA!←観劇レポートUP!
『アニー』4月25日~5月17日=新国立劇場中劇場←制作発表レポート&観劇レポートUP!

AllAboutミュージカルで特集した、もしくは特集予定の注目ミュージカル

『レ・ミゼラブル』Star Talkにて出演・ヤン・ジュンモさんのインタビューを掲載しました!
『CLUB SEVEN』Star Talkにて出演・東山義久さんのインタビュー&観劇レポートを掲載しました!
『デス・ノート』Creatorsにて作曲・フランク・ワイルドホーンさんのインタビュー&観劇レポートを掲載しました!
『コルム・ウィルキンソン 日本スペシャル・コンサート』ゲスト出演・アール・カーペンターさんのインタビューを掲載しました!
『シャーロックホームズ2』Star Talkにて出演・別所哲也さんのインタビューを掲載しました!

【3月の注目作 Pick of the Month MARCH】

The Show Infected CONNECTION

3月19~22日=天王洲銀河劇場

『The Show Infected CONNECTION』

『The Show Infected CONNECTION』

【見どころ】

『シカゴ』のボブ・フォッシーも、POPSの帝王マイケル・ジャクソンも、実はフレッド・アステアのダンスに憧れ、影響を受けていた――。そんな興味深いエピソードが、ダンス界の様々なジャンルのスペシャリストたち、そして日本を代表するボーカリストのコラボによって、楽しく体感できる画期的なショーが登場します。

構成・演出は『フォッシー』『シカゴ』来日版にただ一人の日本人として出演し、日本におけるフォッシー・スタイルの第一人者である大澄賢也さん。中川晃教さん、宝塚歌劇団出身の蓮水ゆうやさん、河村隆一さんというシンガー陣に対して、日本人として初めてシルク・ド・ソレイユに出演した辻本知彦さん、ストリートダンスの世界大会で何度も優勝しているTATSUOさん、“錯乱スタイル”という独創的なスタイルで日米で活躍中のTAKAYUKIさん、ミュージカルで活躍する大野幸人さん、千田真司さん、神谷直樹さん、そして大澄さん自身が、「オールド・ミュージカルの名曲をマイケル・ダンスで」「マイケルのあの曲をフォッシーダンス&ストリート・ジャズ・スタイルで」等、ダンスの系譜、そして“今”を感じられるシーンを次々と展開します。初心者、通を問わず、ミュージカル・ファンなら必見のショーと言えるでしょう。
『The Show Infected CONNECTION』リハーサルより

『The Show Infected CONNECTION』リハーサルより

【稽古場レポート】
スペイシーな稽古場に足を踏み入れると、ちょうど「Too Darn Hot」(『キス・ミー・ケイト』)等をフィーチャーしたナンバーの振付が始まったばかり。中川晃教さんの、ソフトな中にもスリルを含ませたボーカルを聴きながら、大澄さんが辻本さん、千野さん、TAKAYUKIさん、神谷さんに振り付けていきます。

灼熱の中で男たちが一人一人小爆発をしてゆく様を、熟考し、自ら動きながら少しずつ振り付ける大澄さん。それを見ながら動いて見せる辻本さんが、大澄さんと同じ動きながらまったく違ったニュアンスを見せ、目が離せません。シアター・ダンスやマイケル・ジャクソン・スタイル、そしてシアター・ストリートJAZZスタイルが巧みに織り込まれ、アレンジされてゆく現場。丁寧に作りこまれる様子に、仕上がりが非常に楽しみになってきました。
大澄賢也さん。「僕はフォッシーと同じく股関節が開いていない体格なので、フォッシー・ダンスは肉体的には難しくなかったのですが、踊りの中に対極的な二要素を常に置く彼の感性がなかなか掴みにくかったです」(C)Marino Matsushima

大澄賢也さん。「僕はフォッシーと同じくあまり股関節が開いていない体格なので、フォッシー・ダンスは肉体的には難しくなかったのですが、踊りの中に対極的な二要素を常に置く彼の感性がなかなか掴みにくかったです」(C)Marino Matsushima

演出・振付の大澄さんによると、「日本人ってとかく“区分け”することが好きなので、ダンスもどんどん細分化されているけど、実はそれらは繋がっているし、混在したとしても成立するというのをお見せできれば。こういうショーはいろんなノウハウを理解していないと作りづらいけど、僕自身、年齢的にもいい時期に差し掛かったかなと思って」この公演を企画したのだそう。単にマイケル・ジャクソン・スタイル等を見せるいわゆる“オマージュ公演”ではなく、「真似事ではなく、今の僕らの感覚でリメイクする。そしてさらに若い世代に継承してゆく」ことを意識しているそうです。

『The Show Infected CONNECTION』リハーサルより

『The Show Infected CONNECTION』リハーサルより

多彩なキャストは大澄さんが思い描いていた理想の布陣で、「アッキー(中川晃教さん)は、彼の歌でないとダンスとコラボできないと思ってたくらい一緒にやりたかった人。歌の中にあるソウルとリズム感が素晴らしい。また河村隆一君が『シカゴ』の縁で出演してくれることで、歌声の説得力が増し、ショーがぐっとグレードアップすると思う。紅一点の蓮水さんは宝塚の男役出身で、男性的なものも女性的なものもできる、ふり幅の広い方。それに、一人で何十分もソロ公演ができる世界的なダンサーたちが参加してくれているので、これで面白いショーにならなかったらよっぽど僕の責任です(笑)」。いえいえ、大澄さんのフォッシー・スタイル含め、見どころに次ぐ見どころとなる予感・大です!
『The Show Infected CONNECTION』写真提供:天王洲銀河劇場

『The Show Infected CONNECTION』写真提供:天王洲銀河劇場

【観劇ミニ・レポート】

冒頭、舞台上のスクリーンには絶えずSNS上の(架空の)メッセージが映し出され、その着信音が鳴り響きます。スマホを持って現れ、黙々と画面を操作する男たち。どこにでもある日常的な光景も、舞台上では無機質でどこか異様なものとして映ります。そのまま舞台は近未来へと移り、蓮水ゆうやさん、中川晃教さん、そして河村隆一さんが歌で、そしてその周りでダンサーたちがダンスで、人類の孤独をスタイリッシュに表現。ビートを効かせてアレンジした「白鳥の湖」をテーマに、歌声とダンスが炸裂します。ひとしきりの後、蓮水さん、中川さん演じる近未来の男女が初めて「あなたの声が聞こえた」「言葉が響いた」と言葉を交わしてシーンは終結。自らの肉体を用いて表現し、コミュニケーションをすることを忘れてしまった人類にはどんな未来が待っているのか、人類は肉体に“回帰”する時にあるのではないか。……作り手、演じ手たちの思いのこもったパフォーマンスによって、第一部は“文明批評”的メッセージが胸に刺さるシーンとなりました。
『The Show Infected CONNECTION』写真提供:天王洲銀河劇場

『The Show Infected CONNECTION』写真提供:天王洲銀河劇場

続く第二部は打って変わり、アステア・スタイルのダンスがどのようにボブ・フォッシー、そしてマイケル・ジャクソンら後世の人々に影響を与え、発展していったのかを、時系列ではなく各スタイルをシャッフルしながら表現。「Billy Jean」「Bad」等のマイケル・ジャクソンのヒット曲が、彼本人かと錯覚するほどそっくり(?!)の中川さんの歌声で聴けるだけでも感動的ですが、それらと絡み合うダンスが、トップダンサーたちのさりげない超絶技巧により、アステア風からフォッシー風、ストリート・スタイルへとスリリングに、違和感なく変化。ダンスの系譜の興味深さに改めて目が見開かれた方が多かったのでしょう、カーテンコールでは反射的に立ち上がるオーディエンスが多々見受けられました。
『The Show Infected CONNECTION』写真提供:天王洲銀河劇場

『The Show Infected CONNECTION』写真提供:天王洲銀河劇場

今回は複数で踊るシーンがほとんどでしたが、できれば“次回”はソロでダンサーお一人お一人のテクニックをじっくり見る場面もぜひ……。大澄賢也さんの確かな演出・構成・振付力に、思わずそんな期待も生まれる公演となりました。


*次頁で『アイ・ハヴ・ア・ドリーム』以降の作品を紹介します!


アイ・ハヴ・ア・ドリーム

3月11~15日=IMAホール

『アイ・ハヴ・ア・ドリーム』

『アイ・ハヴ・ア・ドリーム』

【見どころ】

ミュージカル座誕生のきっかけとなり、97年に初演された『アイ・ハヴ・ア・ドリーム』。黒人公民権運動に揺れる1950年代のアメリカを舞台に、マーティン・ルーサー・キング牧師の存在を心の支えに“自由”のため立ち上がる若者たちの姿を描いたミュージカルが、7回目の上演を迎えます。

主人公ジャネット役には、ミュージカル座初出演の吉沢梨絵さん。『マンマ・ミーア!』『レディ・ベス』等で躍動感溢れるボーカルを聞かせてきた彼女がどんなヒロインを演じるか、期待が集まります。演出は台本、作詞作曲を海外発注したチャレンジングな作品『BEFORE/AFTER』が記憶に新しい中本吉成さん。様々な社会的テーマを扱ってきたミュージカル座の原点ともいうべき作品だけに、とりわけ気合の入った舞台となりそうです。

『アイ・ハヴ・ア・ドリーム』写真提供:ミュージカル座

『アイ・ハヴ・ア・ドリーム』写真提供:ミュージカル座

【観劇ミニ・レポート】

1955年、まだ人種差別の激しかった米国アラバマ州。物語は教会でマーティン・ルーサー・キング牧師のスピーチに感動したジャネットとその仲間の女工たち、そしてジャネットの弟マイクが加わる不良青年たちという二つのグループが絡みながら進行します。キング牧師に触発され、人種隔離を公然と行うバスをボイコットしようという運動に希望を見出すジャネットたち。ドラマはここから俄然パワーを持ち始め、勇気を持って立ち上がった人々の「自由への行進」が力強いコーラスで歌われます。

しかし白人たちの反撃は予想を上回り、大切な人々が傷つけられるに及んで、一部の黒人たちは暴力で戦おうとします。その先にあるものは……。

『アイ・ハヴ・ア・ドリーム』写真提供:ミュージカル座

『アイ・ハヴ・ア・ドリーム』写真提供:ミュージカル座

主人公のジャネット役は、劇団四季で活躍していた吉沢梨絵さん。ドラマティックな役柄というより、経緯を見守ってゆくタイプの役柄ですが、凛としたたたずまいにはぶれない意志が漲り、台詞においてはダントツに言葉が粒立って、本作の支柱的な存在感を放っています。いっぽう、ドラマティックという点では本作唯一の白人キャラクター、トムが興味深い役どころで、はじめはジャネットの仲間フィリスの婚約者として好青年的に登場するものの、父親のバス会社が黒人たちにボイコットされると暴力組織KKKに参加。そこでリンチに遭うことで目が覚め、人間的な成長を遂げてゆきます。演じる中本吉成さん(今回の演出も兼務)は、当時の良心的な白人の苦渋をうかがわせる熱演。

『アイ・ハヴ・ア・ドリーム』写真提供:ミュージカル座

『アイ・ハヴ・ア・ドリーム』写真提供:ミュージカル座

ほか、不良グループのリーダーで暴走してしまうスパイク役宮垣祐也さん、その恋人リン役中村百花さんら、アンサンブルの一人一人にまで気合が満ち、困難を克服していった人々の物語に説得力を与えています。ミュージカル座のレパートリーの中でもとりわけ直球で、後味の爽やかな作品と言えましょう。


魔法をすてたマジョリン

3月21日~4月5日=自由劇場

『魔法をすてたマジョリン』

『魔法をすてたマジョリン』

【見どころ】

劇団四季のファミリー・ミュージカルの中でも不動の人気を誇る『魔法をすてたマジョリン』が、全国公演を経てこの春休み、東京に帰ってきます。

123歳、だけどまだ小学生の天真爛漫な魔女マジョリンが、初めて人間の住む村へ出かけ、人々と触れ合う中で友情や思いやりの素敵さを知る物語。禁を破ったマジョリンは魔女たちに捕まり、処刑されそうになってしまいます。マジョリンの運命やいかに?!

「本当に大切なこと」をきれいなメロディにのせ、シンプルに、直球で届けてくれるミュージカル。絵本の世界のような衣裳も楽しい名作は一人でも、ご家族でも楽しめることうけあいです。(詳しい見どころはこちら)。

小林一茶

4月6~29日=紀伊國屋ホール

『小林一茶』

『小林一茶』

綿密なリサーチをベースに、数多くの傑作を執筆した劇作家、井上ひさしさん。彼が得意とする評伝的な戯曲の一つで、紀伊国屋演劇賞なども受賞、高い評価を得ている『小林一茶』が10年ぶりに上演されます。一茶の人生を変えたと言われる七日間に起こった事件とは?主人公に若手実力派の和田正人さん、ライバルの俳人、竹里役に石井一孝さんが扮し、一人の女性を命がけで奪い合う顛末がテンポ良く描かれてゆきます。

痛烈な社会風刺も含むものの、要所要所で歌を取り入れ、エンタテインメント性豊かに上演される井上戯曲。本作にも歌唱シーンが登場するものの、これまで数々のミュージカルに主演されてきた石井一孝さんに関しては、今回は歌よりも圧倒的に台詞の方が多いのだそう。以前のインタビューで“新劇好き”を公言されていた石井さんが、言葉遊びの多い井上戯曲でどんな台詞術を聴かせ、それを歌に移行させていくのか。石井さんの新たな魅力を発見できる舞台となりそうです。

*次頁で『麦ふみクーツェ』以降の作品をご紹介します!


麦ふみクーツェ

4月10日~19日=世田谷パブリックシアター 4月23~26日=シアターBFRAVA!
『麦ふみクーツェ』撮影:阿部章仁

『麦ふみクーツェ』撮影:阿部章仁

【見どころ】
大阪の劇場シアターBRAVA!10周年を記念して、素敵な舞台が企画されました。原作は、とある港町を舞台にユニークな人々が活躍する『麦ふみクーツェ』。いしいしんじさんによるこの傑作小説を、映像、音楽、演劇の融合という形で舞台化します。脚本・演出はウォーリー木下さん、音楽監督はCMへの楽曲提供でも知られるトクマルシューゴさん、主人公の“ねこ”役に渡部豪太さん。尾藤イサオさんや田中利花さんといったミュージカルのベテランも脇を固めます。原作の不思議な風合いがどうステージで表現されるか予想がしにくいだけに、これまでにない、オリジナルな舞台と出会えそうです。“観客参加型”とのことですので、ご自宅に楽器や音の出るものがある方はご持参を!(無い方は手拍子でOK)

『麦ふみクーツェ』撮影:阿部章仁

『麦ふみクーツェ』撮影:阿部章仁

【観劇ミニ・レポート】
指揮者になるという夢を持つ少年“ねこ”。彼にしか見えない存在“クーツェ”の言葉に導かれながら、彼は様々な人々と関わっていきます。それぞれにいわゆる“障害”や“悲しみ”を抱えている彼らと真っ白な心で交流してゆくうち、“ねこ”は知らず知らず人間的な成長を遂げてゆく…。最後に“ねこ”がたどり着くのは?

『麦ふみクーツェ』撮影:阿部章仁

『麦ふみクーツェ』撮影:阿部章仁

ウッディな素材を使い、飛び出す絵本のようにファンタスティックに作りこまれたセットに現れる、港町のアマチュア吹奏楽団の人々。1幕では“楽器のできる役者”“芝居心のある演奏家”から成る彼らの生演奏が頻繁に披露され、自然に心が躍ります。客席が明るくなる場面もあり、そこでは持参の“鳴り物”で観客も参加。周囲の席ではいろいろな楽器が見受けられましたが、最もマッチして聞こえたのはカスタネットでした。2幕は「声」がテーマということで、冒頭に郵便局長役、松尾貴史さんの音頭で、客席を「ド・ミ・ソ」3パートに分け、みんなで「あ~」。小学校の音楽の授業のような、童心に返る瞬間が楽しめます。

『麦ふみクーツェ』撮影:阿部章仁

『麦ふみクーツェ』撮影:阿部章仁

物語の随所で“ねこ”の前に現れるクーツェは、映像で表現。タップを踏む男のシルエットが映り、主人公に示唆を与える、どこか哲学的な台詞が聞こえてきます。このタップが“CG?”と目を疑うほどの超絶技巧で、思わずプログラムで確認すると、日本を代表するタップダンサーの熊谷和徳さん!この“タップを踏む人”というモチーフはラストシーンへの伏線にもなっていて、巧みなキャスティング、演出に唸らされます。

主人公を無心に演じる渡部さん、彼が出会う女の子“みどり色”をやはり透明感を湛えて演じる皆本麻帆さんら、キャストも好演。旅の果てに二人がついに“麦ふみ”を体験するラストは、“つながり”を求める人間の本質の暗示のようでもあり、またシンプルな動作から生まれる“音楽”の原点を見せるシーンでもあり。あたたかく、ほのぼのとした音楽に満ち溢れながら、人間の根源を垣間見せる、深淵なステージです。特に“オーガニック”という言葉に魅力を感じる方なら、きっとたまらないほど愛おしい作品でしょう。

*次頁で『アニー』以降の作品をご紹介します!

 


アニー

4月25日~5月17日=新国立劇場中劇場

『アニー』メインキャストたち。(C) Marino Matsushima

『アニー』2015年度のメインキャスト。(C) Marino Matsushima

【見どころ】

最近ではハリウッド映画のリメイク版も話題のミュージカル『アニー』。日本では86年に初めて上演され、以来再演を重ねて30周年を迎えました。1933年、世界恐慌直後のニューヨークを舞台に、孤児のアニーが大富豪のウォーバックスさんと出会い、持ち前の明るさで幸せを掴んでゆく物語。主題歌の「トゥモロー」はもとより、ウォーバックスさんが小粋に歌う「NYC」など心浮き立つような楽曲に彩られ、子供たちによる一糸乱れぬダンスも壮観の名作です。

今回はウォーバックス役に昨年から続投の三田村邦彦さん、孤児院のミス・ハニガンに青木さやかさん、ウォーバックスの秘書グレース役に木村花代さん、ミス・ハニガンの弟ルースター役に崎本大海さん、その恋人リリー役に甲斐まり恵さんという布陣。アニー役には9000人以上を超える中から選ばれたという黒川桃花さんと前田優奈さんがダブルキャストで扮します。「ファミリー・ミュージカル」と思われがちな本作ですが、上演時間は3時間近く、社会福祉の在り方や幸福論など、大人も考えさせられるテーマも内包していて、どちらかというと子供より大人向けに作られています。まだ未見の方は30周年というアニバーサリー・イヤーの今回にぜひ、いかがでしょうか?

『アニー』制作発表で「トゥモロー」を歌う出演者たち。(C)Marino Matsushima

『アニー』制作発表で「トゥモロー」を歌う出演者たち。(C)Marino Matsushima

【制作会見レポート】

アニー役の黒川さん、前田さんを含め30人ほどの子役たち、そして大人のキャストが一堂に会した会見。子供たちは本作への出演を心から楽しみにしているのでしょう、整然と並んでいてもきらきらと目を輝かせ、全身からエネルギーを放っています。

いっぽう大人の出演者たちも本作にはそれぞれに思い入れがあるようで、三田村邦彦さんは「(昨年出演していて)日本語訳について(演出側と)相談した部分があり、)今年は少し変わってくると思います」、ミュージカル初挑戦の青木さやかさんは「以前から毎春『アニー』を観ていて、特に出産後はこの公演は絶対無くならないでほしいと思っていた。それほど好きな作品に出られることになり嬉しいです。映画版で同役のキャメロン・ディアスより怖いハニガン先生にしたい(笑)」、木村花代さんは「昔ながらのミュージカルが減っている今、こういう心に染み入る作品は貴重。裏声のソプラノを聴かせる役も最近のミュージカルでは少ないので、張り切っています」とコメント。最後に皆で「トゥモロー」を合唱し、元気で楽しく、そしてちょっぴりほろりとさせる舞台への仕上がりを期待させる会見となりました。
『アニー』2015年スマイル組キャスト

『アニー』2015年スマイル組キャスト

【観劇レポート】

この日のキャストはスマイル組(アニー役・黒川桃花さん他)。劇場が青山劇場から新国立劇場へと変わり、今回は例年に増して一つ一つのシーンの意味合いが明快なものに。主筋は「アニーとウォーバックスが家族になってゆく過程」ではありますが、もっと俯瞰でみればアニーという少女の存在を通し、アメリカという国、ひいては観客に「楽観主義」の価値を思い出させる物語であると痛感させられます。
『アニー』2015年スマイル組キャスト

『アニー』2015年スマイル組キャスト

アニー役の黒川さんは厚みのある声と正確な音程で「トゥモロー」ほかの名曲をしっかりと聴かせ、一番ちっちゃなモリー役の宮島瑠南さん(6歳)ほか孤児役の少女たちも、組体操的な動きを含め、数々のしどころを息を合わせて披露。タップキッズたちによる壮観のタップダンスでは、終始ポーカーフェイスのタップキッドもいれば、山場を無事終えて一瞬ほっとした表情を見せるキッドも見受けられ、大人だけのショーとはまた違った微笑ましさのある作品です。
『アニー』2015年

『アニー』2015年

大人の役が演じ手によってカラーが異なるのも、長く上演が続く本作ならではですが、歴代初(?)のスレンダーなウォーバックス役、三田村邦彦さんは苦労人のリアルなオーラ、ミス・ハニガン役の青木さやかさんはやさぐれた風情、ルースター役の崎本大海さんはちょっと甘えん坊のワルの雰囲気を醸し出し、芯のある高音が美しいグレース役の木村花代さんは“アニーによって恋心に気づかされる、仕事一筋の女性秘書”。今年はとりわけ元気いっぱいで、アニーに何度となく飛びかかっていた(!)サンディー役の大型犬の熱演も記しておきましょう。巨大なクリスマスツリーが登場し、全員がクリスマスの喜びを輪唱する幕切れは幸福感いっぱい。約2時間55分という長尺ながら、客席の子供たちが少しも騒がず、じっと集中する姿からも、本作の“愛され度”がうかがえるというものです。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。