長谷川路可がアプスに描いた聖母子、日本キリスト教伝来の聖フランシスコ・ザビエル、慶長遣欧使節でチヴィタヴェッキアに上陸した支倉常長。2本の帯の上には来栖紋と桐紋。

ほかのギャラリーを見る