スパニッシュ・マージョラムの成分と香り

スパニッシュ・マージョラムは名前が似ているので、スィート・マージョラムとよく比較されます。成分面においては共通する部分もありますが、スパニッシュマージョラムにより多く含まれるのが1,8-シネオールです。1,8-シネオールはユーカリのアロマに多く含まれる成分です。

そのため香りがシャープで、すっきりとしています。残り香がユーカリを思わせます。また私はユーカリよりもさらにマートル(Mytrus fommunis)に似ているように感じます。


スパニッシュ・マージョラムのアロマの活用方法

柑橘系やハーブ系の香りとのブレンドがおすすめ

柑橘系やハーブ系の香りとのブレンドがおすすめ。画像のメリッサなども相性◎

1,8-シネオールが比較的多く含まれるということで、呼吸器系への効果を期待したいですね。痰がからむような咳が出るときにスパニッシュ・マージョラムで作ったアロマスプレーで空気を浄化しましょう。

■材料(約25mlスプレー容器)
  • スパニッシュ・マージョラム精油 3滴
  • ペパーミント精油 1滴
  • 無水エタノール 5ml
  • 精製水や飲用水(軟水) 15ml
無水エタノールにエッセンシャルオイルを全て入れ、そこに水を加えて、よく振り混ぜれば完成です。空気中にスプレーします。目や口の中に入らないようにスプレーしてください。

■そのほかのブレンド例
爽やかな香りがスーッとして心地良いですよ。合わせるのなら、メリッサレモン、ローズマリーなどいかがでしょうか。すがすがしい香りで、気分をリフレッシュします。ドライブアロマとしてもオススメ!

ドライブのときのアロマはこちらの記事をご参照ください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。