髪型編

image

すっきり前髪で明るい印象に!

顔の印象を大きく左右するのが髪型。顔の額縁ともいえる重要な存在です。少しのポイントでグンと好感度をアップする方法をお伝えいたします。

 


髪型のチェックポイント

□ 前髪は目にかかっていないか
□ 額は半分以上見えているか
□ 耳は見えているか
□ アホ毛、後れ毛はないか
□ 毛先まできれいにまとまっているか


好感度アップのための前髪は?

髪型で最も重要なのが前髪。顔の印象を決めるといっても過言ではないほどです。第一印象勝負のCAも前髪については細かい規定がありとてもこだわっている部分です。まず絶対にNGなのが目にかかる前髪。目の表情が分かりにくくなってしまいますし、どんより暗い印象に。清潔感の点でもNGです。

また、髪の毛は黒なので、その面積が広いと暗い印象に見えてしまいます。最低でも額の半分は肌の色を出すようにするとグンと明るい印象に見えます。思い切ってオールバックにするか、前髪を斜めにおろすスタイルが好感度が高くおすすめです。


清潔感のあるヘアスタイルのポイント

すっきり清潔感がある印象に見せるためのもう一つのポイントが耳。耳を出すだけで清潔感がグンと増すので、ハーフアップや一本結びがおすすめです。

そして最後にチェックしていただきたいのが髪の毛そのものの清潔感。アホ毛や後れ毛があると一気に清潔感がなくなってしまうので要注意。特にアホ毛が目立ちやすい頭頂部や後れ毛が出がちな襟足部分はワックスでしっかりなでつけてからスプレーでキープするようにしましょう。(ワックスなしでスプレーをするとアホ毛の状態でキープされてしまうことがあるので要注意!)

また、せっかくアホ毛・後れ毛を完璧に撃退しても毛先がパサパサ、ボサボサだと惜しい印象に。束ねた毛先までしっとりまとまるようにヘアオイルやヘアクリームでスタイリングしましょう。また日ごろからこまめにトリートメントをするなど、ヘアメンテナンスに気を配ることも大切です。

いかがでしたでしょうか。洋服と髪型がばっちり決まれば自分への自信もグンとアップするはず。自己PRや面接官の方との会話に全力投球するためにも、身だしなみ対策は万全に臨まれてください。


「CA直伝!面接で好感度を残すポイント」シリーズ記事

1 身だしなみ編
2 態度編

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。