松島勇気undefined神奈川県出身。5歳で『キャッツ』を観劇、劇団四季を志す。中学生からバレエを始め、全国舞踊コンクールundefinedパ・ド・ドゥ部門1位を受賞。2002年に劇団四季オーディション合格、2003年初舞台。『キャッツ』ミストフェリーズ『コーラスライン』リチー『ウエストサイド物語』ベルナルド、リフ役などで活躍している。(C)Marino Matsushima

松島勇気 神奈川県出身。5歳で『キャッツ』を観劇、劇団四季を志す。中学生からバレエを始め、全国舞踊コンクール パ・ド・ドゥ部門1位を受賞。2002年に劇団四季オーディション合格、2003年初舞台。『キャッツ』ミストフェリーズ『コーラスライン』リチー『ウエストサイド物語』ベルナルド、リフ役などで活躍している。(C)Marino Matsushima

“きっと恋がしたくなる”ミュージカルNo.1の異名を持つ『クレイジー・フォー・ユー』。1930年代のアメリカを舞台に、小粋に練りあげられた“ボーイ・ミーツ・ガール”ストーリー、誰の耳にも心地よいガーシュインの名曲の数々、スーザン・ストローマンによる斬新な振付と3拍子揃った、ゴージャスな「王道ミュージカル」です。

2月22日から始まる東京公演で、主役のボビー・チャイルド役に予定されているキャストの一人が、今回登場の松島勇気さん。劇団四季きってのダンスの名手である彼にはぴったりのお役に見えますが、4年前の初挑戦時には「なんて大変な役なんだ」と圧倒されたのだそう。どういった部分が大変なのか、ボビー役大解剖とともに、なんと5歳にして劇団四季を志したという彼の来し方、今の夢まで、たっぷりお話しいただきました!

自分の「夢」を定めるきっかけになった大切な作品
『クレイジー・フォー・ユー』

――『クレイジー・フォー・ユー(以下CFY)』は松島さんにとってどういう演目でしょうか?

「僕は小さいころから劇団四季の舞台を観ることが好きで、いつか入団することが夢だったのですが、それはまだ漠然とした夢でしかありませんでした。けれど高校生の時に『CFY』が日生劇場で初演されるということで、プレビューを観に行って、その場で“やっぱり四季に入りたい”と決心したんです。

作品ももちろん素晴らしかったですし、小道具を使ったダンスも斬新で面白かったのですが、なにより、俳優やスタッフのステージにかける思い、命がけというくらいの熱が伝わってきたんです。“なんて素晴らしい世界なんだろう。僕もこういうところで舞台に立ちたい”と思いました。そんなこともあって、とても思い入れの深い作品です」
『クレイジー・フォー・ユー』撮影:荒井健

『クレイジー・フォー・ユー』撮影:荒井健

――松島さんが演じるボビーは、NYの銀行の跡取り息子。不良債権の回収に派遣された砂漠の町で、ポリーという男勝りの娘に出会い、ひと目ぼれするも正体がばれて撃沈。窮余の策で劇場プロデューサーのザングラーに変身すると、ポリーは彼に恋してしまう。そこに本物のザングラーがやってきて更なるピンチが! ドタバタコメディの中に作り手たちの“劇場愛”が垣間見える素敵な作品ですが、松島さんは11年にこのボビー役を初めて演じたのですね。手ごたえはいかがでしたか?

「本当に大変でした。歌あり台詞ありダンスありコメディありのこの作品の中でも、ボビーは出ずっぱりでやることがとにかく多いんですよ。特に、コメディですので芝居にリアルな面白さがないと笑っていただけないのですが、このコメディというものがとても難しい。“間”とか言葉の発し方とか、いろいろな条件が重なって初めて面白さが出るということが初めて体感できた作品で、本当に難しかったですね」

――もともと英語のコメディを日本語で上演するにあたって、英語と日本語の言語的な違いもあるでしょうし、お笑いそのものの在り方も異なりますものね。その中で、どのようにお芝居を作って行かれたのですか?

「自分なりに作っていきたかったんですけど、なかなかそこまでたどり着かなくて、(以前この役を演じた加藤)敬二さんや荒川(務)さんのボビー像を追いかけるのに精いっぱいでした。今回はそのリベンジを、と思っていたんですが、今はまだ苦しんでいます(笑)。絶妙の間合いってどういうものなのか、とテレビでお笑いの番組を観たりして研究しましたが、例えば”1,2,3“と決まったカウント通りにやればいいものでもなく、その場の空気の間合いもある。やっぱりプロの方はうまいな、と思いながら、どういう間でこの台詞を言ったら面白いかなと毎日悩んでいます。“ここだ”というタイミングでしゃべった時の面白さだけでなく、『CFY』には結構ダジャレもあるんですよね。その面白さをどうお客様に伝えるかというのもあります」

――稽古のまとめ役である、加藤敬二さんに尋ねたりはなさらないのですか?

「もちろん尋ねればやって見せていただけますが、そのあとで“これは一つのやり方であって、お前はお前のやり方でいいんだよ”と仰います。『CFY』は初演が1993年なので今年で22年を数える訳ですが、これまでボビーを演じた俳優は4人しかいないんですよ。敬二さん、荒川さん、田邊真也さん、それに僕。参考にするのはいいとしても、ほかのボビーを追いかけるのではなく、自分で探して、松島勇気のボビーを作りたい。そこが進化していけたらというのが、今回の一つの課題ですね」

*次頁では松島さんが『クレイジー・フォー・ユー』の音楽や振付をどうとらえていらっしゃるか、また今回の公演の抱負を伺いました。


ポリーへの思いが溢れだす
終盤のダンスは特にお気に入り

『クレイジー・フォー・ユー』撮影:荒井健

『クレイジー・フォー・ユー』撮影:荒井健

――流麗で耳に心地よいガーシュイン・ナンバーはいかがでしょうか?

「これもまた難しくて。やはり英語の歌詞に合うように作られているので、日本語がぴったり合うように、世間のガーシュインのイメージを崩さないようにと思いながら歌ってはいるのですけど。特に難しいナンバーといえば、2幕の「They Can’t Take That Away From Me」でしょうか。努力したことがうまくいかず、一度はポリーに別れを告げる曲です。ついつい気持ちが入ってしまいますが、音もしっかりとらえて歌わなければならない。しかし音程を追っているとしゃべれなくなる。アップテンポの曲なら勢いに乗っていける部分もありますが、この曲はバラードなので、ぶれないようにしっかり、しっとり歌うようにしています」

――そういう曲が終盤にあると最後まで…(笑)。

「全然、気が抜けないですよ(笑)。全曲、格闘中です」
『クレイジー・フォー・ユー』撮影:下坂敦俊

『クレイジー・フォー・ユー』撮影:下坂敦俊

――ではいよいよ、松島さんが一番お得意なダンスについてうかがいます。『CFY』での松島さんのダンスを観ていると、タップが核の振付とはいえ、振り付けたスーザン・ストローマンは改めてクラシック・バレエの影響を色濃く受けているように感じられるのですが、それは松島さんが踊っていらっしゃったからなのか、それとも実際にそうなのでしょうか。

「スーザンさんはNYシティバレエにも振付しているくらい、クラシックバレエには精通していらっしゃいます。『CFY』の振りの中にもバレエ要素はかなりあって、「Nice Work If You Can Get It」などはかなりバレエ的な流れるような振りで、踊りやすいし楽しいですね。ダンスナンバーはどれも本当によくできている作品だなあと感じます」

――この作品の振付は、日舞でいえば“手が多い”というか、密度が濃く見えるのですが。

「そういった風には感じたことはなかったですね。こういったら次はこう出るよね、というところに足が行ったり、スーザンの振付は、流れがつかみやすく踊りやすいんです。でも難しいですけどね。

特に好きなナンバーはやはり「Nice Work If You Can Get It」。あのシーンを踊るために3時間頑張れるくらい(笑)。踊りではなく“語る”というか、動きを通してポリーへの思いが自然と溢れてきて、彼女への思いを語るというのがものごく好きなんです」
『クレイジー・フォー・ユー』撮影:下坂敦俊

『クレイジー・フォー・ユー』撮影:下坂敦俊

――今回はどんな舞台にしたいと思っていらっしゃいますか?

「前回の公演は東日本大震災のあった年で、ちょうどこの役の稽古をしていたことを覚えています。『CFY』は本当に幸せな気分になれる作品ですので、東北の方はもちろん、日本中の方にご覧いただいて、少しでもハッピーになっていただけたらと思っています。僕自身、(開幕まではまだ正式なキャスティングではないので)何としても出演できるよう、残りの稽古を頑張っていきたいです」

*次頁で松島勇気さんの「これまで」をうかがいます。劇団四季を志したのは、なんと5歳の時。どのように「夢」をかなえたのでしょうか?


幼少の頃からの夢がかなった
『キャッツ』のミストフェリーズ役

『キャッツ』撮影:下坂敦俊

『キャッツ』撮影:下坂敦俊

――資料によると松島さんは5歳で『キャッツ』に衝撃を受け、四季を志したそうですが、それが人生最初の観劇だったのですか?

「はい。母に『キャッツ』初演に連れて行ってもらったんですが、あのテント、今も覚えています。帰りの道中で「ジェリクルソング」と歌いながら踊っていましたし、それから毎日のように『キャッツ』のテープを聞いていました。僕も出たい!と思いましたが、それはまだ漠然とした夢。母がバレエの先生だったのにも関わらず、小学生時代はバレエはやっていませんでしたね(笑)。

ですが中学に入って、やはり『キャッツ』が忘れられず、やっとバレエを始めました。とはいってもどうしても友だちと外に遊びに行くことが多くて(笑)、中学時代はレッスンはさぼりがちだったんですが、高校時代にさきほどもお話しした『CFY』との出会いがありまして、本格的にしっかりレッスンをするようになりました。そうしたらバレエが楽しくてなってのめりこみまして。バレエ団に所属して、古典作品のキャラクターをいろいろ踊っていました」

――全国舞踊コンクールでもパ・ド・ドゥ部門一位と、素晴らしい成果もあげられましたね。

「賞をいただいた後は、仕事もよくいただくようになって。ここから僕のバレエ人生が始まるんだろうなと思っていたら、劇団四季で『キャッツ』のミストフェリーズ役のオーディションをするらしいという話が舞い込んできたんです」

――迷いはなかったですか?

「確かにありました。バレエの仕事は順調でしたので、どうしよう、と。でも『キャッツ』は子供のころからの夢だったので、もうこんなチャンスは来ないだろうと、思い切って受けました」
『アンデルセン』(2009年)撮影:下坂敦俊

『アンデルセン』(2009年)撮影:下坂敦俊

――そして見事合格。でも翌年(2003年)のデビューは『キャッツ』ではなく、『アンデルセン』だったのですね。

「演出家から、『キャッツ』をやる前にまず四季の舞台を体験しなさいと言われ、まずは『アンデルセン』のアンサンブルに出ることになりました。初めてのミュージカル、楽しかったですね。それまでバレエをしていた頃は、教室にいけば“先生、先生”と呼ばれて、一歩間違えば慢心してしまう危うさがありました。ですが、四季の人たちはステージに命をかけていて、みんなしっかり稽古するし、みんなで一生懸命一つの作品に取り組んでいる。その姿に感動しつつも、僕は何をしているんだろう、とショックを受け、本当にいい経験になりました」

――歌いながら踊ったのはその時が初めてだったのですよね。

「もちろん最初は声が揺れてしまったりもしましたが、これじゃダメだと思い、お腹で支える四季ならではの発声に徐々に慣れていきました。お腹にしっかり力を入れていれば、踊りながらでも声はちゃんと出るんですよ」

――二作目が『青い鳥』のチロー。早速ソロの歌もありましたね。

「子供のころから(『青い鳥』の旧題である)『ドリーミング』が大好きで青山劇場のこけら落とし公演にも何度も行きましたし、テレビ中継のビデオも、すり減って見られなくなるくらい繰り返し観ていたので、そのチロー役で出演ができて本当に嬉しかったです」

――そして翌年、待望の『キャッツ』ミストフェリーズ役です。

「感動しました。大きな夢だった『キャッツ』に自分が出られたことで、初出演の時には思わず、本番中に涙が出てしまいました。

でも役としては、ミストフェリーズはやってみるとこんな大変な役はないだろう、というくらいハードでした。後半にソロナンバーがあるのに加えて、そこでフェッテ(回転)をするんですね。かなり体力を消耗した後に一番の見せどころのフェッテが出てくるので、本当に大変で(笑)。」
『キャッツ』撮影:荒井健

『キャッツ』撮影:荒井健

――最近、『キャッツ』ではマンカストラップ役もなさってますよね。昨年、福岡で「え、松島さんがマンカス?」と驚きながら拝見しました。

「ミストフェリーズはどこかで世代交代していかなければいけない役なので、いいタイミングでチャンスをいただけたと思いました。マンカストラップは自分のナンバーこそありませんが、みんなを後ろからしっかり支える、かっこいい役でもあるんですよね」

*次ページでは近年演じてきた役柄、それらを演じる際に心掛けてきたこと、ちょっと意外(?)な「憧れ演目」や夢をうかがいました。


身体を通して役の感情の起伏を
わかりやすく、生き生きと伝えたい

『コンタクト』撮影:下坂敦俊

『コンタクト』撮影:下坂敦俊

――デビュー作の『アンデルセン』はその後09年、11年の公演でニールスを演じました。

「劇団四季に入ってバレエは封印し、新しい松島勇気になろうと思っていた時で(笑)。そこで『アンデルセン』のニールス役の話をいただいて、“白タイツはけるのかな”、と一瞬不安がよぎりました。当時は『キャッツ』や『コーラスライン』などのダンス中心の演目に出演していて、特に『キャッツ』は普通に立つことはほとんど無くて低姿勢で腿に体重をかけているので、そこにがっちりと筋肉がついていたんです。タイツをはいて、毎日バーレッスンで立ち方から鍛えなおしましたが、バレエ・ダンサーの筋肉に戻すのにはすごく時間がかかりましたね」

――ニールスの時も、この前の『コンタクト』のブランコのシーンの従僕を演じられた時にも感じたのですが、こと女性を相手に夫婦喧嘩をしたり悋気を見せるといった人間臭い表現が、松島さんは非常に上手でいらっしゃいますね。こういう表現がダンスを通してできる方って、なかなかいらっしゃらないと思います。
『コンタクト』撮影:下坂敦俊

『コンタクト』撮影:下坂敦俊

「嬉しいですね(笑)。この前の『コンタクト』はほんと楽しかったですね。実はオーディションでは二役を受けていたんですが、発表を見たら受けていなかったジョニーという、あの役にキャスティングされて驚きました。でもやってみると、自分に近いというか、演じているのがすごく楽しかったんです。ここ最近で一番生き生きできたかもしれません(笑)。ジョニーはわかりやすい役ではあるけれど、それでも台詞はないので表情を含めた身体表現でその瞬間、瞬間にどう思っているのか、観ている方がわかりやすいようにと思いながら演じました」

――『ウエストサイド物語』にも2007年以降、何度も出演されています。リフとベルナルドが持ち役ですね。
『ウェストサイド物語』撮影:上原タカシ

『ウェストサイド物語』撮影:上原タカシ

「大好きな作品ですね。ベルナルドは影を抱えていて難しい部分もあったけれど、リフ役は自分と重なる部分が多い役でした。怖いところもあるけど、お茶目でかわいい部分もある。僕は仲間たちとわいわいやっているのが好きだし、お調子者とよく言われるので(笑)、楽しく作れた役です」

――となると、今取り組んでいる『クレイジー・フォー・ユー』のボビー・チャイルドは本質的に松島さんにぴったりではないですか!

「そうですね、近いとは思います」

――今後チャレンジしてみたい演目などありますか?

「チャレンジというか、大好きな作品がありまして、『壁抜け男』なんですよ。あの作品を観ていると幸せになれる。ちょっと切ないけれど、その切なさも魅力的です。何の役でもいいから出たいですね(笑)。(『青い鳥』の)犬のチローもまたやりたいです」

――表現者としての夢は?
『劇団四季FESTIVAL!扉の向こうへ』撮影:荒井健

『劇団四季FESTIVAL!扉の向こうへ』撮影:荒井健

「最近は、『ソング&ダンス』シリーズの構成・演出・振付を手がける敬二さんとご一緒する機会が多いためか、稽古中にふと“自分だったらどう作るかな”と客観的な目で見ていることがあるんです。いつかは作り手側としても携わることができたら嬉しいですね。でも今は、目下の『クレイジー・フォー・ユー』に邁進します。」

――ダンスが主体の全幕もののオリジナル・ミュージカルが生まれたりすると素敵ですよね。観客としては、“踊る松島さん”はいつまでも拝見したいですが。

「有難うございます。誠心誠意務められるよう頑張ります!」

*****
とにかく明るい松島勇気さん。初対面にも関わらず、筆者ともども何度笑ったかわからないくらい、笑い声の響くインタビューとなりました。バレエで培った優雅さ、安定感に加え、出演作を通して快活さ、野性味、人間臭さなど多様な引き出しを蓄えてきた彼が、様々に苦闘しながらも取り組んでいる今回の『CFY』。松島さんの武器であるダンスはもちろん、彼本来の明るさが生きた、とびきりハッピーな舞台となることでしょう。

*公演情報*『クレイジー・フォー・ユー』2015年2月22日開幕=四季劇場「秋」

*次頁で『クレイジー・フォー・ユー』観劇レポートを掲載しています!



『クレイジー・フォー・ユー』観劇レポート
キャスト全員の丁寧な人間描写と鮮やかなダンスが導く
至福のハッピーエンド

『クレイジー・フォー・ユー』撮影:荒井健

『クレイジー・フォー・ユー』撮影:荒井健

81年初演の『キャッツ』以降、『レ・ミゼラブル』『オペラ座の怪人』と英国産に席巻されていたミュージカルの潮流を、再びブロードウェイに戻した92年初演の本作。“ブロードウェイ”“西部劇”“ラブコメ”“ガーシュイン音楽”“アステア・スタイル”と、古き良きアメリカ文化が凝縮されているだけでなく、スーザン・ストローマンによる革新的な振付、現代的なウィットもきかせた台詞で、“新作”としても高い評価を獲得しています。そんな本作の魅力が改めて浮き彫りになっているのが、現在上演中の東京公演。筆者は取材で劇団を訪れた際、本作の稽古が連日長時間、かなりハードに行われていることを聞いていましたが、それが見事に、すみずみまで神経が行き届き、輪郭の明確な舞台に結実しています。
『クレイジー・フォー・ユー』撮影:荒井健

『クレイジー・フォー・ユー』撮影:荒井健

例えば本作の見どころの一つに、デッドロックでのショーの稽古中に展開するビッグナンバー“Slap That Bass”があります。その中でも紐の先を踏み、ぴんと張った端を持つ踊り子たちをベースに見立て、男たちが傾けるくだりは照明との連動も巧みで美しく、間違いなくミュージカル史に残る名場面ですが、よく考えればこの発想、女性をモノに見立てており、フェミニスト団体からクレームがつく可能性が無きにしもあらず。しかしそんな声がまるで聞かれないのは、ひとえに舞台上の踊り子たちの造型と周囲との関係性が、一貫して“モノ”とは無縁であるためでしょう。冒頭、ボビーを取り巻いて登場するシーンから、踊り子たちがボビーに対して媚びを売るような瞬間は皆無。そこに浮かび上がるのは、“30年代の健康的で愛らしい踊り子”たちが“劇場を愛する同志”としてボビーを応援するという、爽やかな構図なのです。
『クレイジー・フォー・ユー』撮影:荒井健

『クレイジー・フォー・ユー』撮影:荒井健

彼女たちとボビーの関係のみならず、ボビーと彼が一目ぼれする女性ポリー、口うるさいボビーの母と気の強いボビーのフィアンセ・アイリーン、アイリーンと粗野な宿屋の亭主ランク、興行主ザングラーと踊り子テスといった、劇中に置かれる多数の対立軸も、俳優たちは丁寧に描写。それによって、彼らが一つの“幸福なコミュニティ”に集約されてゆくラストのカタルシスは、いっそう大きなものとなっています。
『クレイジー・フォー・ユー』撮影:荒井健

『クレイジー・フォー・ユー』撮影:荒井健

しかし今回の公演で何より特筆すべきは、やはりボビー役・松島勇気さん(田邊真也さん、荒川務さんとのトリプルキャスト)のダンスでしょう。もともと“フレッド・アステア的主人公”として造形されたこの役は、これまでタップやジャズダンスの名手である加藤敬二さん、荒川務さん、田邊真也さんによって魅力的に演じられてきましたが、クラシック・バレエ出身の松島さんはそのバックグラウンドを活かし、ストローマンの振付に織り込まれたバレエの要素を余すところなく引き出しています。
『クレイジー・フォー・ユー』撮影:荒井健

『クレイジー・フォー・ユー』撮影:荒井健

最初の見せ場は1幕序盤、“ダンスおたく”のボビーが妄想の中で踊り子たちと踊る“I can’t be bothered now”。踊り子たちをリフトしたり、彼女たちと一列になって息の合った足技を見せたりと息つく間もなく展開してゆくナンバーの間、松島ボビーは一つ一つの動きを端正に決めつつ、決めポーズの度にふわりとした余韻を残し、この上なく幸福な“別世界モード”のボビーを表現しています。その後の“Slap That Bass”や”I Got Rhythm”といった大人数のナンバーでも、自身の見せ場の後にすぐ集団の中に埋もれるのでなく、細やかな芝居を続けながら次のポジションへと移行してゆく様に流麗な美しさがあり、片時も目が離せません。演出スーパーバイザーを勤めた加藤敬二さんのアドバイスも多々あったことと思われますが、11年の公演以来2度目の挑戦にして、松島さんはボビー役をすっかり自分のものにした模様。日本版『クレイジー・フォー・ユー』の歴史に新たな1ページが加わったと言ってよいでしょう。
『クレイジー・フォー・ユー』撮影:荒井健

『クレイジー・フォー・ユー』撮影:荒井健

もちろん“西部の豪快な女の子”に見えて随所に揺れる女心を覗かせ、歌声にも情感が溢れるポリー役の岡村美南さん(宮田愛さんとのダブルキャスト)、「母さんの舞台姿を一目見せてあげたかったよ」が口癖のポリーの父役を“いい人”オーラたっぷりに演じる松村武史さん(菊池正さんとのダブルキャスト)をはじめ、他のキャストも適役揃い。骨格の確かな芝居が、随所に差し挟まれたダイナミックなダンスナンバーと名曲に彩られ、至福のハッピーエンドへと到達する今回の『クレイジー・フォー・ユー』、デート・ミュージカルとしてはもちろん、ミュージカルのあるべき姿を示す舞台として、強力にお勧めできる仕上がりです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。