同性からの支持率高め女子

同性からの“素敵”は当てになりません。

このことに関しては、セミナー時に口を酸っぱくしてお伝えしています。
なぜなら、同性からの支持が高いと言うのは、女性とばかり遊んでいる、と言うことになるからです。ひとたび女子会を開けば、会話内容は傷の舐めあい。結婚観にいたっては条件ばかりで、「やれ年収だ」「やれルックスだ」と一度も結婚していない人同士で無意味な会話で盛り上がっています。

はっきり言ってこれは時間の無駄であり、足の引っ張り合い。最近同性からの支持率が高いなっと感じたり、最近女友達ばかりと遊んでいるなっと感じたら要注意です。
ハッキリ言います!女子会は女をダメにする!

ハッキリ言います!女子会は女をダメにする!


これはメスになっていない証拠なのです。
先ずは、結婚したいなら“同性から嫌われろ!”が鉄則です。

始めに書いた通り、同性からの“素敵”と言うのは結局は女目線なのです。貴女がお付き合いをして、結婚して人生を歩んで行くパートナーは男性なのです。同性からの支持が高いからと言って、いい女だとは思わないでください。
赤信号ギリギリサインなのですよ…。

条件重視女子

年齢を重ねた女性に多く見られるこの条件重視型。
お相手への条件ハードルが上がる=貴女の魅力もその条件と同等またはそれ以上と言うのが大前提なのをお忘れなく!

このパターンの女性は、男性を上から見ていることが多いです。
あれやこれやと条件を付けているのは、『わたしと付き合いたいのなら…』と言っているのと同じです。20代前半なら好条件をつけても構わないでしょう。それは、どんなものにも負けない魅力的な若さと言う武器を持っているからです!
しかし、この若さという武器を持っていた頃の“私と同じだ”といつまでも勘違いしている場合は要注意です。
今もなお刻一刻と年齢は重ねられている…。

今もなお刻一刻と年齢は重ねられている…。


若い頃には“恋愛に困ったことがない”事実があったとしても、その若さを持ってしても結婚できていないのが貴女の現実ですから。『きっとこの条件に合っている人がそのうち現れる!』と過信していたり、過去のモテ期の栄光を忘れきれずにいると、このパターンに陥るのです。

男性が「結婚相手」と「彼女」を選ぶ時では、違う視点であることを先ずは知ること!そして、年齢と共に自分の価値が刻一刻と下がっていると気付くことが大切です。時計の針が1秒過ぎれば、貴女は1秒年齢を重ねるのです。

相手が自分の条件を満たしているかという確認より、その条件に貴女は見合っているのか?と確認する姿勢を大切にしてください。

いい女のはずなのに結婚していないのは、はっきり言って“問題”があるからです。

後編も濃い内容でお届けするのでお楽しみに!
【後編はこちら】
いい女…なのになぜか独身な女性が陥る危ない穴【後】

【関連記事】
やめたら急にモテた、恋を遠ざける「3つの習慣」
モテる女性がフル活用する“魔法の記号”って?
男性ウケ抜群!モテる会話美人「7:3の法則」とは?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。