プラチナのブライダルリング4大メリット(2)

■その3:ゴールドよりもずっと希少
プラチナの産地はダイヤモンドよりも限定されていて、プラチナの有史以来の生産量は金の約30分の1以下という非常に希少な金属です。その希少性もブライダルシーンで好まれる理由なのかもしれませんね。

■その4:純度の高い白い光は日本人の肌に合う
イエローゴールドの華やかさとは異なり、「無色」のような白い光を持っているのもプラチナの特徴。このなめらかできめ細かいツヤと美しい白い光は、日本人のきめ細かい肌には相性抜群。何の色にも染まっていないというピュアさもまた、新生活を始めるお2人にピッタリというわけです。

ファッションにこだわりのある人はゴールドにも注目

普段からゴールドのジュエリーを身に着けているという方のなかには、ブライダルジュエリーもゴールドで作りたいと希望される方も増えているようです。
spiral (スパイラル)/GINZA DIAMOND SHIRAISHI

写真:spiral (スパイラル)/GINZA DIAMOND SHIRAISHI


ブライダルシーンこそプラチナを手に入れる絶好の機会!

2人の誓いの場にどのような地金を選ぶか、それは身につける2人のお好み次第。でも、もしかしたら、ゴールドやシルバーのジュエリーは今後も手にする機会があったとしても、プラチナのジュエリーを手にする機会はこのとき以外にはないのかもしれません。

ピュアで高貴で希少性の高いプラチナ、ちょっと興味が湧いてきませんか?

<もっと知りたい!婚約指輪・結婚指輪>

婚約指輪って、ブライダル用じゃないとダメなの?
理想を叶える!婚約指輪デザインの選び方

<もっと知りたい!ダイヤの品質>
最も輝くダイヤモンドとは?エクセレントカットの真価
世界最高の輝きを誇るダイヤモンドを見てみたい

<関連サイト>
婚約指輪・結婚指輪のことをプロに聞きたい・相談したい
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。