1年で一番伸びたチームが頂点に、勝因は全員が成長するサイクル

高校は大学より1年短い3年間というスパンで選手が入れ替わるため、より波乱が起こりやすい環境と言えます。今シーズンも結果的には東福岡が3冠を達成しましたが、春の県大会では修猷館に敗れるという「事件」もありました。あれによって「自分たちもやればできる!」と思ったチームは多かったでしょう。そういう意味で、いろんな刺激も与えてくれた年だったと思います。

koukou1

3大会ぶり5回目の全国制覇を果たした東福岡。今季高校3冠も達成した (C)JRFU 2015, photo by RJP Kenji Demura

ただしシーズンを通して振り返ると、大学選手権を制した帝京大学と同じく、この1年で一番伸びたチームが東福岡だったと感じます。

今大会の期間中も、厚い選手層を生かして出てくるメンバーがみな生き生きとプレーして活躍するなど、チーム全員で成長していきました。もし対戦しなかったチームも含めてすべての強豪校ともう一度対戦するとしても、東福岡は戦うごとに力を伸ばし、どんどん差が開いていく一方になるでしょう。

一発勝負をかけるのではなく、チームの土壌として全員が成長していくポジティブサイクルを作り上げたことが、最大の勝因だったと思います。

余談ですが、私が早稲田大学の監督を務めた4年間の中で、大学日本一になった2年目と3年目のチームも、やはり同じような環境がありました。決勝が終わって優勝した後、「もう一回やったらもっと差を開けて勝てるのに」とみんな口々に言っていた。これがまさに勝つチームであり、勝ってなお「まだ行ける」と思えるチームこそ、常勝集団になれるのだと思います。


成熟した大人のチームだった東福岡
優れた判断力が好プレーの原動力に

これも帝京大学と共通するところですが、東福岡の選手はグラウンド以外の部分でも道具を大切にしたり、仲間を大切にしたり、サポートしてくれる人に感謝したりといったことを、きちんとできていました。それもやらされているのではなく、自分たちで素直にやっていたところが印象的だった。成熟した、大人のチームだなと感じました。

koukou2

圧倒的な攻守の源となっていたのが、優れた状況判断力だった。写真はCTB永冨晨太郎 (C)JRFU 2015, photo by RJP Kenji Demura

テクニカルの部分で言うと、もちろんうまかったしキレがあったのですが、それを生み出していた最大の要因は、優れた判断力でした。どんなときもパニックになることなく、確実なプレーを確実に遂行できる。行き当たりばったりのプレーをしないから、常に安定したパフォーマンスを発揮できていました。

ニュージーランドの統計データによれば、試合で起こるエラーの8割は、スキルではなく判断のミスから起こるそうです。パスしてはならないところでパスをしたり、当たるべきではないところで当たってしまったり、そうしたことがエラーの要因になっていた。その点、東福岡の選手たちはほとんど判断を間違えませんでした。

いい判断をするからいいプレーができ、ボールがきれいにつながっていく。さらに判断力の土台には、徹底的なトレーニングによって鍛え上げられたフィジカルの強さと優れた基本スキルも備えてました。それらがベースになって、余裕のあるプレーを実現できていたのです。


準優勝の御所実も立派、最大の強みは「タフさ」

koukou3

限られた環境でできることを突き詰め、決勝に進出した御所実業 (C)JRFU 2015, photo by RJP Kenji Demura

準優勝の御所実業は、主軸にケガ人が出るなどかわいそうな面もある中で、ここまで勝ち上がったというのは立派だと思います。決勝では東福岡に5−57で完敗を喫しましたが、ベスト8以上ではただ一校の公立高校ですから、この成績は称えられるべきでしょう。

この御所実業も、たまたま勝ち上がったのではなく、限られた環境の中で最大限の体づくりに取り組み、かつ忠実に基本プレーを遂行するなど、確かな地力を備えていました。多くの指導者は、どうしても結果を出すために焦ってスキルのことばかりに目を向けがちです。しかし選手一人ひとりのことを考え、本当に必要なラグビー以外のトレーニング、筋力トレーニングや体幹トレーニングを地道に重ねてきたことが、あのハードな日程の大会で決勝まで勝ち上がった要因だったと感じます。

御所実業の一番の強さは、「タフだった」ということです。だからこそ3回戦の慶應義塾戦でも、ロスタイムに逆転トライを奪われる絶体絶命の状況から再逆転するという劇的な勝利を収めることができました。準々決勝の國學院久我山戦、準決勝の京都成章戦でも、体だけでなく精神的な部分も含めて、選手たちのたくましさは際立っていました。


ハードな日程の花園で必要な要素と、今大会で目をひいた傾向

1日おきに激しい試合をこなさなければならない花園において、元日に行われる3回戦以降は、いわば全試合が「逆境」の状況です。試合の前半ですでに疲弊してしまうような状況でいかに力を発揮し、勝ち上がっていくかを見ていくと、そのチームの本当の力が見えてきます。

そんな厳しい戦いでは、普段からラグビーのことを真剣に考え、自己管理してきたかということが大事になる。やらされるのではなく自発的に、かつ地道にトレーニングしてきたチームが、きちんと勝ち上がっていった大会だったと感じます。

全体的な傾向としては、ストレングス&コンディショニング(S&C)の部分、つまり筋力トレーニングでしっかり体づくりをすることが前提になり、体が大きくなったと感じました。ひいき目かもしれませんが、ユース世代の一貫指導が全国的に定着してきた成果と言えると思います。また体幹の強さも平均的に見て上がったと感じます。ランニングフォームが安定していましたし、飛び込むタックル、頭から突っ込むだけのオーバーも減りました。立ってラグビーをプレーできるベースができてきたという印象です。

同時にハンドリングスキル、ボールを動かして日本人の特長であるスピードを武器に戦おうという意思を感じさせるチームも多くありました。特に1、2回戦は、それをやったチームが圧勝するケースが多かった。以前なら得点するのに時間がかかる接近戦に固執するチームが多かったため、スコアが停滞する試合が目立ったのですが、今大会ではそこが改善されてきているように映りました。


従来の高校生の枠を超えた東福岡
これを見本に、日本全体のレベルアップを

koukou4

優勝後、喜びを爆発させる東福岡の選手たち。従来の高校ラグビーの枠を超えるパフォーマンスを披露した (C)JRFU 2015, photo by RJP Kenji Demura

今回の東福岡は、これまでの高校ラグビーの次元を超えるようなチームだったと言えます。そしてこれは、日本のラグビー界にとって非常に大きな出来事です。あれほどのチームが出現し、それを目指して他のチームが切磋琢磨することで、日本の高校ラグビーのレベルはどんどん上がっていくはずです。

今シーズンの東福岡は、グラウンドでのラグビーの練習を思い切って減らし、そのぶん体づくりやチームビルディングなどそれ以外の重要な要素に取り組みました。藤田雄一郎監督はリーダーと相談した上で事前に月のスケジュールと週のスケジュールを選手に提示し、その中には「ここはオフにするから、友達や彼女と過ごす時間にしてほしい」といったことも含まれていたそうです。

こうしたチーム作りは日本のスポーツ界において画期的であり、ラグビーに限らずすべての競技の指導者が参考にすべき成功例だと思います。

時代の流れにおけるラグビーの変化をいち早くキャッチし、いい練習を重ねて、いいコンディションで大会に望む。それによって今回の東福岡は高校ラグビー史に残る優勝を果たしました。素晴らしい見本ができたわけですから、ぜひ多くのチームでそうした取り組みを取り入れ、東福岡を追い越すチームが数多く現れることを願っています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。