altalt

大賞を手にしたのはどのスター?

MBCが12月30日、KBSとSBSは12月31日にそれぞれ授賞式を行った「演技大賞」。その主な結果を振り返りつつ、各局で最も話題をさらったドラマをご紹介します。

【関連記事】韓国のエミー賞と呼ばれる「演技大賞」とは?

 

KBS演技大賞

公共放送KBSは、家族が集まって安心して見られる王道ホームドラマと、正統派の歴史大河ドラマが得意分野。歴史大河ドラマは近年、現代風にアレンジしたフージョン時代劇の人気に押されて視聴率が伸び悩んでいたのですが、2014年は高麗末期から朝鮮初期にかけて朝鮮建国に貢献した儒学者にスポットをあてた「鄭道伝」(チョン・ドジョン)が大ヒット。

朝鮮初の国王となる李成桂(イ・ソンゲ)に協力し、庶民のための国づくりを目指した鄭道伝のリーダーシップあふれる生き様が支持されて、主役のチョ・ジェヒョンが大賞の有力候補となりました。一方、ホームドラマでは、妻に先立たれた豆腐屋の主人とその3人の子供たちが巻き起こす騒動を描いた「家族なのにどうして」が最高視聴率40%を超える大ヒット。父親役のユ・ドングンは、これまでにKBS演技大賞を2度も受賞しているベテランで、「鄭道伝」にも李成桂役で出演している国民的俳優です。

結果、大賞は2つのヒットドラマをリードした功労も称えられたユ・ドングンが受賞。チョ・ジェヒョンは最優秀男優賞を受賞しました。

KBS作品の中で私のおすすめは、大賞を始めとして8冠受賞の「家族なのにどうして」。男やもめの豆腐屋の主人は子供たちを過保護に育てたあまり、子供たちは自己中でトラブルばかりを巻き起こします。そこで父親は子供たちを相手に“親不孝訴訟”を起こし、家族改造を図るというストーリー。献身的に子供に尽すも“親の心子知らず”と嘆く親世代の視聴者からは大きな共感を、子世代は親のありがたみを改めて考えさせられる内容で、幅広い世代から愛されました。また、3人の子供たちのそれぞれの恋愛模様もあって、胸キュンポイントも満載。

長女役のキム・ヒョンジュと相手役のキム・サンギョン、そして末息子役のヒョンシク(アイドルグループZE:Aのメンバー)と相手役のナム・ジヒョンがベストカップル賞を受賞したことからも、人気のほどがうかがえます。全50話にも及ぶ作品ですが、テンポがよく、軽いタッチで気楽に見られる作品です。

MBC演技大賞

多種多様な素材のドラマを制作してヒット作も多かったMBC。その中でも、最高視聴率37.3%を記録した「私はチャン・ボリ!」が大賞、最優秀演技賞、最も優れた作品に贈られる今年のドラマ賞など、主要な賞を独占して9冠に輝きました。

大賞候補の筆頭は「私はチャン・ボリ」のヒロインを演じたオ・ヨンソと、敵対する悪女役を演じたイ・ユリでしたが、選ばれたのは悪女を毒々しく演じて視聴者から大いに憎まれたイ・ユリ。ヒロインを押しのけて彼女が大賞に選ばれたのは、彼女がこれまで多くの作品で心優しきヒロインから悪女までの幅広い役を演じ、その努力と演技力が高く評価されたから。一方のオ・ヨンソは10年の経歴があるものの、最近になって頭角を現した新鋭であるため、今後に期待ということでしょう。

他の作品ではヒューマン・ラブコメディ「運命のように君を愛してる」の人気も高く、主演のチャン・ヒョクチャン・ナラは最優秀演技賞とベストカップル賞を揃って受賞するなど、視聴者から大いに愛されました。

MBC作品の中からは「私はチャン・ボリ!」をご紹介。舞台となるのは韓国の伝統衣装である韓服の名家で、その後継者の座を血のつながらない姉妹が競うというもの。ヒロインのチャン・ボリは名家の娘でありながら、交通事故に巻き込まれて記憶を失いますが、運命に導かれるように韓服の世界に身を投じるようになるサクセスストーリーです。

交通事故、記憶喪失、悪女の陰謀…と、いかにもザ・韓国ドラマといった内容ですが、ボリの正体を知りながら、自分がその座を奪おうともくろむ姉の悪行の数々がすさまじく、それをボリがどう逆転するのか目が離せず、一度見たら止まらなくなることうけあいです。

SBS演技大賞

2014年のSBSは、イ・ジョンソク&パク・シネ主演の「ピノキオ」や、JYJユチョン主演の「スリーデイズ~愛と正義~」チョ・インソン&コン・ヒョジン主演の「大丈夫、愛だ」など人気俳優を起用した話題作を量産。授賞式も華やかものとなりました。

その中で主要な賞を総なめにして9冠に輝いたのは、最高視聴率33.2%を記録した「星から来たあなた」。韓国と同時に中国でもタイムラグなく動画サイトで配信されてアジア中で旋風を巻き起こしたことが決め手となり、対抗馬の「大丈夫、愛だ」に圧勝。ヒロインのチョン・ジヒョンが大賞を、男性主人公のキム・スヒョンが最優秀演技賞とネットユーザー人気賞を。そして、もちろんベストカップル賞も受賞しました。

SBS作品からは、版権がアジア15カ国に輸出されて日本でも大ヒット間違いなしの「星から来たあなた」をピックアップ。404年前に朝鮮の地に不時着した宇宙人が、あと少しで自分の星に帰れる時を迎えようとしていたある日、高飛車なトップ女優と出会い、彼女のペースに巻き込まれるうちに恋に落ちるというストーリー。

キム・スヒョン
扮する宇宙人は400年以上も生きているのでおじいさんみたいに世の中を達観し、とことんクールなのに対して、チョン・ジヒョン扮する女優は、ハイテンションなおバカキャラで、対照的な2人のかけあいに爆笑の連続。が、同時に時空を超えた愛ゆえのせつなさや、芸能界に渦巻くサスペンスなども盛り込まれ、笑って泣けて大いにときめける作品です。


演技大賞を受賞した作品にハズレなし! 皆さんもぜひ、チェックしてみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。