フォルム=コーギス

以前、初期ソ連のテクノポップ・バンドとしてフォルム(Форум)を紹介しました。そこで、フォルムの「Улетели листья(葉が飛んだ) 」をThe Korgisの「Everybody’s Got To Learn Sometime」のカヴァー曲として紹介しました。

ソ連のテクノポップ・バンド~フォルム (All Aboutテクノポップ)
whitenight

Белая ночь


まずは、フォルムのヴァージョンを聴いてください。

フォルム - Улетели листья(葉が飛んだ) (YouTube)

The Korgis - Everybody's Got to Learn Sometime (YouTube)

全く同じとは言いません。歌詞は、詩人ニコライ・ルブチョフ(Николай Рубцов)の「Улетели листья с тополей(ポプラの木から葉が飛んだ)」というロシア語の詩をもとにしています。ソ連、特にロシアでは、文学としての詩に対する造詣が深く、ロックにおいても詩人の詩が歌詞に使われたり、引用されることも珍しくありませんでした。YouTubeにアップロードした人のロシア語のコメントをよく見ると、「The Korgisからパクられた」とあります。最初は、あまりにもそっくりなので、僕は「The Korgisをカヴァーした」と勝手に解釈していたのです。

原曲は、The Korgisのジェームズ・ウォーレン(James Warren)が作詞作曲しました。1980年にシングル・チャートで本国英国では5位、アメリカでも18位まで行ったヒット曲です。さらに調べていくと、フォルムの方の作曲者は、アレクサンドル・モロゾフ(Александр Морозов)となっており、ウォーレンのクレジットはありません。さらに面白い事に、フォルムの曲が、ソフィヤ・ロタル(София Ротару)やヴィタス(Витас)といったアーティスト(共にウクライナ出身)によってさらにカヴァーされています。

 


ソ連時代の実態調査

これが発端となって、ソ連時代の実態調査に乗り出すことにしました。旧ソ連時代の事情を知るウクライナ在住のヤロスラフ・ゴドィナ(Ярослав Годына)さんが、様々な貴重な情報を提供してくれました。彼はモスクワでオーディオ系雑誌の編集長の経験もあり、ソ連崩壊時に15歳で、ソ連の音楽事情を知るにはうってつけの人です。今回の調査は、誰かを批判や糾弾する目的ではありません。実態を探り出し、できるだけ客観的にその背景を理解するのが目的です。

ソ連時代にも、正規のカヴァー曲というのは存在します。ニーナ・パンテレーエワ(Нина Пантелеева)の「Каникулы любви(恋のバカンス)」(1965年)は、ソ連歌謡のヒット曲は、ザ・ピーナッツの「恋のバカンス」(1963年)のカヴァー曲。この場合、ちゃんと作曲をした宮川泰(Миягава)とクレジットはされています。著作権料がどのように支払われたかまでは不明ですが。

同時に、クレジットが曖昧なあやしいカヴァー曲、そして今回のようなカヴァーである素振りは全くなく、あくまでもオリジナルとして発表されたものが存在しています。

カリフ・コウノトリ=ビートルズ

1968年のテレビ番組「Калиф-аист(カリフ・コウノトリ)」この曲を演奏したバンドマスターと思われるゲオルギィ・ガラニャン(Георгий Гаранян)とクレジットされています。

Калиф-аист(カリフ・コウノトリ) (YouTube)
kalif-aist

Калиф-аист


ご覧になれば、説明するまでもなく、ビートルズの「Can't Buy Me Love」です。The Beatlesはソ連でも人気があって、これはバレてしまうのが明白なのに、こんなにあからさまな事をしてしまったのか? 謎です。

The Beatles - Can’t Buy Me Love (YouTube)

 


ツヴェツィ=ミフィ=イーグルス

70年代、ソ連ではEaglesも人気がありました。「フワラーズ」という意味のソ連の大御所ロックバンド、ツヴェツィ(Цветы)の「Летний вечер(夏の夜)」(1979年)を聴いてみましょう。

ツヴェツィ - Летний вечер(夏の夜) (YouTube)
summernight

Летний вечер


微妙にアレンジを変えながらも、基本、「Hotel California(ホテル・カリフォルニア)」です。しかし、クレジットは、バンドのリーダーでもあるスタス・ナミン(Стас Намин)となっています。ツヴェツィは結構有名なバンドで、ソ連のビートルズと比喩されたこともあったようですが、ソ連のイーグルスと堂々と名乗るべきでしょう。

Eagles - Hotel California (YouTube)

「ホテル・カリフォルニア」は人気があるようで、ミフィ(Мифы)の「Земляничная поляна(野いちご)」(1981年)は、レゲエっぽいアレンジでオリジナリティーを主張しているが、やはり似すぎています。

ミフィ - 野いちご (YouTube)
dorogadomoi

Дорога домой


どうしてパクリが多いのか?

以上、比較的わかりやすい例をあげましたが、今後、カヴァーかパクリかの判定ができるクレジットの解明が進めば、さらなる疑惑曲が発見できるでしょう。確かに、ソ連に限らず、パクリ、盗作の類は世界中に存在しています。インドの映画『Disco Dancer』でも、The Bugglesの「ラジオスターの悲劇」のような曲がありました。しかし、ソ連においてあまりにもあからさまなものが多いのにはそれなりの理由があると考えます。

  1. 著作権という観念は存在したが、その実施については選択的であった。
  2. 退廃的とされている西側のアーティストのカヴァーを堂々とやることは、好意的に受け止められなかった。
  3. 西側の曲を利用するのは、ソ連でヒット曲を作るための有効な手段であった。また、鉄のカーテンのお陰で、法的問題になる可能性も低かった。

ソ連の大衆音楽、特に「若者を堕落させる」「西側を礼賛する」と解釈されかねないロックは、当局から目をつけられており、リリースやライヴなどの活動をするに様々な障害がありました。でも、著作権は、どうやら当局の関心事ではなかったようです。