薄毛を隠すにも限界が……好感度を狙うならオープンに!

髪をカット

薄毛の方でもカットは大事です!

「薄くなったらボウズにすれば?」そんな言葉をよく耳にします。確かに究極的にはそうかも知れません。しかし、そう言えてしまうのは、どこか人ごとだからではないでしょうか。もし、自分が当事者なら……。その日が来るまであがきたい。あがくなら、オシャレにあがきたいし、スマートにあがきたい!

前髪を伸ばして生え際の後退を隠すのもひとつの手でしょう。しかし、やがて限界が訪れます……。そうなってしまったら、もうオープンにするしかありません。髪が薄くてもできるヘア、薄いからこそ似合うヘアを探して取り入れる。実はこの潔さこそ、スマートにあがくことであって、まわりから好印象に見られるポイントなのです。

では早速、どんなヘアが薄毛と相性が良いのか見ていきましょう!


薄毛レベル1:生え際をあえて出すオールバック

オールバック

ヘアサロン/GUZZLE HARAJUKU(ガズル ハラジュク) 担当者/藤城和幸

オールバック

ヘアサロン/GUZZLE HARAJUKU(ガズル ハラジュク) 担当者/藤城和幸


剃り込み部分の後退がやや気になってきた人にオススメ。あえて生え際を隠さないオールバックスタイルです。中途半端に隠すよりも大胆に出したほうが、清潔感が出て、ダンディっぽさもUP! このときポイントになるのがサイドの刈り上げです。ほんのり青さが出るぐらい短くすれば、髪全体の黒さが薄らいで、視覚効果によって生え際を目立たなくさせることが可能です。

取材協力:GUZZLE HARAJUKU
http://www.guzzlehair.com/

次のページでは薄毛レベル2に似合うヘアを紹介します


薄毛レベル2:知的に見せる今どきスポーティヘア

スポーティなベリーショート

ヘアサロン/ACQUA omotesando(アクア オモテサンドウ) 担当者/渡邊靖文

スポーティなベリーショート

ヘアサロン/ACQUA omotesando(アクア オモテサンドウ) 担当者/渡邊靖文

けっこうおでこが上がってきた人にトライしてほしいのがこちら。スポーティなベリーショートです。サイド~バックをしっかり刈り上げ、トップをツンと立たせて動きのあるシルエットに。フロント部分を下ろしてしまうと、風が吹いたり汗をかいたりしたときに割れてしまい、かつらっぽく見えるので避けるべし! おでこを出す潔さがインテリっぽさを作り出します。メガネと合わせるのも得策。

取材協力:ACQUA omotesando
http://acqua.co.jp/index.html

続いてM字薄毛が進行しても似合うヘアスタイルを紹介します


薄毛レベル3:モヒカンならM字が進行しても似合う

モヒカンスタイル

THE BARBER 青山(ザ バーバー アオヤマ) 担当者/遠藤省吾

モヒカンスタイル

THE BARBER 青山(ザ バーバー アオヤマ) 担当者/遠藤省吾

M字薄毛の進行がかなり進んでしまった人にはこちらをぜひ! ずばりモヒカンスタイルです。センターラインのみを長めに残し、あとはさっぱり短く。毛流れを真上に上げるとパンクになってしまうので、根元を立ち上げつつ片サイドに流すことで、大人の落ち着きと個性を出すことができます。髪が薄くなったからこそ、デザインチックなヘアが似合う場合がある。これがそのお手本ヘアです。

取材協力:THE BARBER 青山
http://www.thebarber.jp/



いかがでしたでしょうか? 薄毛に似合うヘアを3サンプル紹介させていただきました。頭皮が薄くなったからといって髪型に気を使わないなんてナンセンス。不潔に見られたり、仕事ができない人にも思われかねません。男性としての身だしなみは、いつまで経っても持ち続けていたいものですよね。どうかあがき続けてください!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。