未婚なら何歳まででも振袖は着れるのか?
既婚でも若ければ振袖着用はOKか?

振袖

様々な色や柄の振袖

絞りや友禅、刺繍と様々な職人技を結集して作られる豪華絢爛な振袖。「未婚女性の第一礼装」という認識に加え、「若い女性が着るもの」と考える方もあるようです。
そんな中、女性のライフスタイルが多様化する昨今、よく相談されるのが以下2つの振袖問題です。

  • 未婚で30歳を超えているけど、振袖を着てよいか?
  • 既婚で20代ですが子供が居ません。振袖を着ても大丈夫か?
     
振袖を着る事が多いシチュエーションである「結婚式」に絞って、ガイドの考えを紹介していきます。

未婚で30歳を超えている場合の振袖姿での結婚式参列

30歳を超えている場合、特に姉の立場で、妹弟の結婚式に『未婚』である事がはっきり分かる振袖姿で参列する事を、恥ずかしいとする考え方もあります。

しかしガイドは、本人が着用を望んでいて似合うのであれば、決しておかしいことではないと考えています。
地域やご家族で様々な考え方があるかと思いますが、双方の親族に「みっともない」という意見をお持ちの方がいなければ、特に問題ないのではないでしょうか?

昨今は30代でも若々しく、振袖姿に違和感の無い方が大勢いらっしゃいます。ワンピースにコサージュやショールという洋装姿が多い式場では、振袖姿の女性がいるだけで、ぐっと豪華さや格式が上がるもの。目くじらをたてる人がいない場合は、振袖姿もオススメです。

かく言うガイドは、三姉妹の長女。三女の結婚式の際、30代半ばの次女が振袖姿で参列しましたが、全く問題なく、かえって「華やかで良いねぇ」と褒められていたくらい。その際は、新郎側のお姉様も振袖を着用されていましたよ。

ただし、若い頃と同じ振袖スタイルのままだと浮いてしまう事もあるので、後述する「30歳以上でもOKな、振袖の着こなしのポイント」を参考にしてみてください。


既婚であっても、若く20代の場合の振袖着用は?

親族の結婚式の場合はご夫婦で出席される事が多いでしょうから、年齢が若くても振袖は着ないほうが良いでしょう。
かといって、いきなり既婚女性の第一礼装である黒留袖だと、まだ貫禄が追いつかずに着こなすことが難しいでしょうから、華やかな色の訪問着などオススメしています。

ご友人の結婚式にて、夫と同席せずお子さんもいらっしゃらない場合は、振袖姿でも構わないと思いますが、これも地域や結婚されるご一族の考えがあると思いますので、先方のご家族や地域の呉服屋さんに相談してから判断した方が良いでしょう。

次ページでは「30歳以上でもOKな、上品に見える振袖着用ポイント」を紹介します。


30歳以上にオススメ!上品に見える振袖のポイント

30歳以上で振袖を着る場合、二十歳の成人式向けな「真っ赤」や「濃いピンク」など派手な地色の振袖は避け、全体的に落ち着いた色合いや優しいニュアンスになるように気をつけましょう。また袖の長さの短めな、中振袖もオススメです。

上質な振袖に格調高い帯は、成人式スタイルよりも気持ち低い位置で締め、「文庫」や「お太鼓」等シンプルな結び方をすると、上品に着こなせます。
振袖

上品な色合いの振袖 お袖の長さが短めな中振袖もオススメです。


振袖undefinedお太鼓結び

振袖にお太鼓結びも古き良き令嬢の様で素敵です。少し大きめに結びます。


もちろんご本人に似合う色や似合わない柄行きもありますし「振袖にお太鼓結びなんてNG」という意見もちらほら有る様ですので、万事これで大丈夫とは言えません。
可能であれば一度しっかりメイクをし、着物をはおって鏡でチェックしてみてください。可能ならそれを家族や友達に見せて第三者の意見をもらったり、レンタル試着の場合は店員さんにしっかり確認をしてもらいましょう。

結婚式の参列は、新郎新婦やご家族へお祝いの気持ちを表し、場を華やかに盛り上げる事が最重要です。それに気づけば、おのずと装いも整ってくるのではないでしょうか?
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。