ファラフェル

ヒヨコ豆のファラフェル

ヒヨコ豆のファラフェル


中東ではとてもポピュラーなヒヨコ豆(ガルバンゾービーンズ)の素揚げです。ビールの歴史に思いを馳せて、中東マリアージュという提案です。給水させた乾燥ガルバンゾービーンズをハーブと一緒に、おから状にして丸めて揚げます。ガルバンゾーのタンパク質が揚げたときに凝固して纏ります。




【作りかたと手順】

1;ガルバンゾービーンズを24H給水させる。

2;1の水分を切り、フードプロセッサーにかける

3;2に玉ねぎ、コリアンダー(香草)、パセリ、ニンニクを入れてペースト状にする

4;塩、Wペッパーで味を調え、乾燥しないようラップをして冷蔵庫で1H休ませる

5;胡麻ペースト、レモン汁、水を混ぜてソースを作り、塩、Wパッパーで味を調える

6; 4丸く整形し、サラダオイルで揚げる

7; カットレモンを添えて、5のソースは別で盛り付ける


ガイドからのワンポイントアドバイス

ここではヒヨコ豆を使いましたが、乾燥ソラマメを使っても本場使用になります。3は時間を掛けて回すと、水分が出て一体感がでます。3のニンニクは刺激が強く残りやすいので、水から一旦茹でこぼして、香りを取り除いた方がおすすめです。5は基本の胡麻にしましたが、トマトソースやスパイシーなソースも良く合います。6は給水しただけの乾燥豆を使っているので、少し低めの温度でじっくり揚げて下さい。生野菜と一緒にピッタパンに入れたら最高です!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。