転園理由により環境変化の様相も様々

様々な事情により、子どもの預け先を変えなければならない事態に直面することがあります。無認可園に通わせていたけれど認可園に入れることになった、引っ越しで住む土地が変わったために新しい預け先を探すことになった、働き方を変えたためにそれに対応してくれる預け先を確保することになった、などなど。

大人にとっても新しい環境に入るということに不安やストレスはつきもの。よく「子どもは順応性があるから」とも言われますが、子どもの個性ももちろんそれぞれで、新しい環境に慣れるまでの時間や過程も色々。そしてひと口に転園といっても、色々なケースがあります。

たとえば、次のような例があり、家庭や子どもを取り巻く環境の変化も様々です。

・無認可から認可への転園:保育園の規模が変わったり、少人数クラスから大人数クラスになったり、異年齢一緒から同年齢のクラスに変わったりなど。

・引っ越しによる転園:親も生活環境が大きく変わり慣れるのに必死の中、子どもの預け先が変わる不安が大きい。子育て環境の地域差に戸惑うことも。

・幼稚園から保育園への転園、またはその逆など:生活プログラムの変化、お昼寝の有無や、給食かお弁当かなどの違い、お迎えスタイルの違いなど。


子どもには適応力があるけれど……

友だちと遊ぶ

新しい環境で元気に思いっきり遊べているかな?

子どもには適応力があり、一般的には、年齢が低いほど環境の変化を受け入れやすいでしょう。
自我が育ち、自分と他者の違いや、環境の変化をしっかりと理解できる年頃になればなるほど、適応の過程には個性が大きくなってきます。
不安を感じながらも新しい環境に入っていく子、登園をいやがったり別れ際に泣いたりするという形で不安を表現する子、すぐ友達を作る子、慎重に周りの様子を観察する状態が続く子など、様々でしょう。

特に我が子に「人見知りが強い」「慎重派」「環境の変化に敏感」というような部分を感じている場合には、親の不安も大きいと思います。しかし、登園を渋ったり別れ際に大泣きしていた子も、保育時間中にずっと泣いているわけではないでしょう。赤ちゃんでさえ、オンとオフを無意識に理解している部分があり、登園時やお迎え時にはお母さんやお父さんの顔を見て気持ちがオフになり、泣いたりぐずったりしていたとしても、保育中は先生や仲間との間の中で、不安だけでなく楽しさを感じながら過ごしている部分もあるはずです。それは決して「無理をしている」ことではなく、新しい環境の中でプラスマイナスたくさんの感情や経験をする中で、自分を理解し、自分で目の前のことを解決していくたくましさも育っていきます。

>>親の不安の方が大きな場合も