桜新町駅から暗渠になっている呑川を歩く

どんな季節に歩いても楽しいのが桜並木だ。花の咲く春はもちろんだが、新緑から葉が茂る夏もいい。また、オレンジ色に紅葉する秋も素敵だ。葉がすっかり落ちた冬だって陽があたってあたたかく散歩できる。今回はそんな道を歩いてみる。スタートはサザエさんの街、世田谷区の桜新町。

後ろに見える、ミスタードーナツとすき家の間を歩く

街の至る所にサザエさんにまつわるものがある桜新町

桜新町はその名前の通り桜が多い。桜並木はかつてあった呑川沿いに広がっている。しかし、今、呑川(のみかわ)はない。いや、実はあるのだけれど、暗渠(あんきょ)になっているのだ。暗渠とは地中に埋設された河川や水路のことで、つまり地下を流れている。そして、かつて呑川があった場所は親水公園や緑道になっている。
かつて、桜新町駅の近くに呑川の水源があった

すき家とミスタードーナツの間の道をいく

駅のある通りは、尾根になっている。横道に入るとゆっくり下り坂だ。すき家とミスタードーナツの間の道を玉川通り(国道246号)方向へ歩く。昔は、桜新町駅の近くに湧き水があって、それが呑川の水源のひとつらしい。

この道がかつての呑川だろうか

住宅街に桜並木が少しある

ポツポツと桜の木が見えてくる。この道がかつての呑川だろうか。しばらく歩くと玉川通り(国道246号)へ出る。これを越えたところから、呑川親水公園がスタートしている。かつての呑川を彷彿させる風景だ。

かつての呑川を再現

呑川親水公園のはじまり

水は流れていないけれど、真ん中に呑川があり、両側に道がある。かつての呑川沿いに桜並木が続いている。

ちなみに春はこのように桜が咲きます。

四季を通じて楽しめる桜並木

ずっと桜並木が続く呑川親水公園


次頁では呑川親水公園を歩きます。



桜並木の続く、呑川親水公園

呑川(のみかわ)という名前の由来は、まさに呑めるほどの清らかな水が流れていたからこの名前がついたのだとか。
かつての呑川を想像させる

かつて、川におりていた階段の跡だろうか

中を歩くことはできないけれど、かつての呑川を想像させる、モニュメントが残されている。かつてはここに清流が流れていたのだ。
橋をたどるのも楽しい

かつての橋がそのまま残されている

いくつか橋を見ながら歩いて行くと、右側に銀杏並木が見えてくる。呑川とのコントラストがなんとも美しい。
桜の紅葉とともに楽しいコントラストだ

色づいたイチョウが呑川にそって続く

次々と景色が変わる。どの季節に歩いても楽しい発見があるはずだ。そして、いくつかの橋を過ぎると、いよいよ、呑川橋がやってくる。
ここから先は呑川の上を歩く緑道になる

呑川橋で親水公園は終わる

それまで両側の道を歩いてきた呑川だが、いよいよ緑道となり、ここからは呑川の上を歩くことになる。

さて次頁では呑川緑道を歩きます



呑川の上を歩く緑道へ

親水公園と緑道の違いを説明しておこう。例外もあるけれど、親水公園というのは、かつてあった川を再現し、川そのもの残している公園で、緑道は川があった場所を道にしているものだ。呑川橋を境に呑川親水公園が呑川緑道にかわる。
桜並木はまだまだ続く

呑川橋から先は川の上を歩く

ここから、川の上を歩く緑道となる。川からの景色を楽しみながら歩いて行きたい。
漢字と平仮名の2通りがある

緑道にも橋の案内板がある

ひとつひとつの橋の名前を確認しながら歩いて行くのも楽しいものだ。住居表示が深沢になるあたりに深沢橋がある。
小さいお子さんと歩いても楽しい散歩道だ

緑道にはちょっとした遊具もある

緑道のいたるとことに遊具が置かれている。小さなお子さん連れで歩いても楽しい散歩コースになるはずだ。さらに、このあたりはもみじなどもあって、紅葉シーズンはなかなかの景色となる。
桜のオレンジ色ともみじの紅葉が素敵だ

もみじの紅葉もいたるところで見ることができる

途中、ベンチがあったり、水飲み場があったりして、散歩者には楽しい道のりのだといえる。
次の橋は目黒区になる

柳橋が世田谷区最後の橋となる


緑道歩きの面白さのひとつは、区が変わると、その雰囲気がガラリと変わるところにある。この柳橋が世田谷区最後の橋となる。

次頁は目黒区の呑川緑道になります。



目黒区になると緑道の雰囲気も変わる

目黒区では、呑川本流緑道という名前になる。なぜかというと、途中で呑川柿の木坂支流緑道に分かれるからだ。
目黒区の呑川緑道もなかなか楽しい

少し雰囲気が変わったと思ったら目黒区になっていた

今回はずっと本流をいくことにする。それにしても、目黒区に入ってから、この日の天気予報は午後から晴れるはずだったのに、空模様が怪しく、そのうち雨が降り始めた。

今自分がどこを歩いているかわかりやすい

目黒区に入るとこんな道標がけっこうあった

緑道散歩のおもしろいところは、都会の喧騒から離れた道を歩くことだ。お店などもほとんどないし、ひたすら住宅街を歩いているので、ふと自分がどこを歩いているかわからなくなる。
この先に都立大学の駅があるのだそうだ

こういう道標も自分がどこにいるかがよくわかる

気がつけば、中央の道を歩いていたけれど、こちらはかつての呑川というよりも土手である。実際の川は左手の道だろう。
どこかしら微妙な動物たち

ゾウやライオン、うさぎなどもいた

どの区間もそうなんだけれど、地元住民の方々による掃除などの管理がちゃんとされていて、ありがたい。
手入れが着届いた緑道だ

ちょっとした花壇も散歩者にはうれしい

しかし、橋の跡などがよくわからないので、ここが川だったというイメージがなくなり、普通の散歩気分で進んでいく。

→動画はこちら。


いよいよ次頁で暗渠は終わります。



緑が丘駅のところで、いきなり川が現れる

目黒区に入ってからよく見たける桜の木の下に置かれている古いベンチ。この木製のベンチがいいかんじなのだ。

天気が良ければしばらく座っていたかった

桜の木の下にあるベンチがいい

この桜の木の先、緑道に自転車が置かれている場所があった。自転車がそれがどんどん増えていく。ああ、なるほど、都立大学駅が近いのだ。
緑道が自転車置き場になっている

だんだん緑道に自転車が多くなってくる

通勤通学の時間帯だと、このあたりを通過するのは大変かもしれないなぁ。しかし、桜並木はずっと続いている。その先にはまた雰囲気がガラリと変わってくる。道が細くなり、右側の斜面には様々な植物がある。

→動画はこちら

こんな景色が続いている

豊かな自然が広がっている

この先に進むと、自転車が並走する道となる。コースがきちんと分かれていると、安心だったりする。

→動画はこちら
わくわくするような道だ

緑道はなんと地下道となる

地下道を降りて、あがってみると、なんとそのまっすぐ先には、川が流れているのが見えた。ここから暗渠ではなくなっているのだ。
自分が川の上を歩いてきたんだと実感する

ここから呑川は東京湾に向かって流れる

目の前にいきなり川の流れが現れる。けっこう大きな川だ。これだけの水が、いま自分が歩いてきた足の下を流れていたんだと思うと、なんだか不思議な気分だ。ここから、緑が丘駅がすぐ。雨が激しくなってきたので、駅まで急いだ。
今回のルートはこちら→

【関連サイト】
呑川 - Wikipedia
呑川緑道・呑川親水公園 - 世田谷区

【関連記事】
かつての渋谷川(穏田川)を歩く [散歩] All About
池袋から江戸川橋まで、弦巻川の痕跡を歩く [散歩] All About

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。