数々の実績を残す世界的指導者
「エディー・ジョーンズ」ってこんな人

eddie1

現日本代表のを率いるエディー・ジョーンズヘッドコーチ。数々の実績を残してきた世界有数の指導者だ (C)JRFU

2012年より日本代表を指揮するエディー・ジョーンズ ヘッドコーチは、かつてオーストラリア代表を率いて2003年のワールドカップで準優勝を果たしたほか、2007年の第6回ワールドカップでは南アフリカ代表のアドバイザーとして優勝に貢献するなど、数々の輝かしい実績を残してきた世界的コーチです。

2009年からはサントリーサンゴリアスのGMに就任し、2010~2011年度にかけてはGM兼監督として日本選手権連覇を果たしました。日本代表のヘッドコーチに就任してからも、2013年6月にウェールズ代表から史上初となる勝利を挙げ、今シーズンも6月にイタリア代表を撃破。この秋には敵地でルーマニアを破り、テストマッチ(国代表同士の真剣勝負)11連勝という日本代表の新記録を樹立しています。

ではなぜ、エディーさんはこれほど短期間に、これだけの素晴らしい成果を挙げることができたのでしょうか。

こんなとこまで準備する! エディーさんのスゴさ

コーチとしてエディーさんがもっとも優れていると感じる点は、「プランニング」です。たとえば1回のキャンプを実施する場合、彼は多くの時間を費やしてあらゆる状況を想定し、詳細に準備を進めます。

具体的にどんな準備をしているかといえば、一つひとつのメニューにキーワードとゴールを設定し、どんな状況で行うかということまで想定して、練習計画を組んでいく。雨が降った、想像以上に疲労が蓄積していた、ケガ人が出たなど、実際に練習をすると様々な想定外の出来事が起こりますが、それらに対する準備まですべてやっています。この点に関しては、私がこれまで見てきたコーチ、また世界各地で話を聞いてきたコーチと比較しても、圧倒的に抜きん出た存在といえます。

もうひとつのエディーさんのすごさは、「観察力」です。誰と誰が会話していた、どんなプレーをしてその時どんな表情をしていた、自分が喋った時、その人がどんな顔だった——といったことを、つぶさに見て記憶している。その眼力は、時に怖いと感じるほどです。

この点に関しても彼は本当によく観察しているし、時間と労力を割いていると感じます。キャンプ中、選手は各自で食堂にきてセルフサービスで食べるのですが、エディーさんは最初から最後まで食堂にいて、一皿ずつゆっくり食べながら、席を移動して一人ひとりに話しかけている。冗談をいったり、時には真面目な話もしながら、常にすべての選手とコミュニケーションをとっています。

言葉にすると簡単なようですが、これはなかなかできることではありません。それが大事なことだとわかっていても、実際にやるのは難しい。しかしエディーさんはまったく手を抜かず、徹底的にやり続けることができるのです。さすがというしかありません。


まずは世界に対抗できる体を作る! エディーさんがもたらしたもの

eddie2

細かなところまで目を配り、徹底的に準備する。それこそがエディーのすごさ (C)JRFU,Photo by K.Demura

エディーさんがヘッドコーチに就任して以降、日本代表でもっとも変わったのは、「基準」です。ラグビーという競技は常に進化し続けており、現代ラグビーでは非常に高度なストレングス(身体的強靭さ)とスキルがなければ、世界に対抗していくことはできません。その部分の意識を、エディーさんは大幅に引き上げてくれたのです。

彼が率いるようになってから、それまでも代表だった選手の体が劇的に変わった、という例を何人も見てきました。ジャパンのトレーニングプログラムを行うことで、選手の体が激変し、パフォーマンスも大幅に向上することが、ことごとく実証されたのです。

いままでは日本人のよくない体質で、「この選手はどこまでやるのか」というふうに、代表に呼んでから選手を見定めるような傾向がありました。しかしいまのジャパンでは「まず80分間戦い続けるフィジカルとフィットネスがなければ世界では勝てない」ということを明確に示し、ジャパンでの活動を通してその部分を徹底的に鍛えています。特別すごいことをやっているわけではなく、ラグビーをやる上で最も重要なベースの部分を、徹底的に変えてくれた人だといえます。

常に進化し続ける、見習うべきは「学ぶ姿勢」!

日本代表が世界で勝てない要因として、これまで常に語られてきたのが、「メンタル」や「経験」といったものでした。しかし実は、そもそも近代ラグビーを戦える体ではなく、疲れていただけだったのです。エディーさんはそこに初めて手をつけました。心と体はつながっていますから、プレーしていて疲れなくなれば強気になれますし、経験がなくてもパニックにはなりません。

最近のジャパンのプレーを見ていて以前のような危なっかしさがなくなったのは、単純にフィジカルが強くなったからです。1対1で負けなければ、余裕を持ってプレーできます。そしてフィジカル面のたくましさは、どんな状況でも絶対に裏切りません。

一緒に仕事をしていてつくづく感じるのは、エディーさんはいまでも常に進化し続けている、ということです。現在、日本にいるあらゆる競技のコーチを見渡しても、彼ほど学び、進化している人はいないでしょう。あれほど実績があるのに、依然として学ぶ姿勢を維持している。ここもまた、エディーさんのすごいところだと思います。


実は茶目っ気たっぷりでいじり上手。エディーさんの意外な一面

eddie3

意外にお茶目な一面も。雰囲気を作り出すのが抜群にうまい (C)JRFU

練習中は非常に厳しく、とっつきにくいイメージのあるエディーさんですが、性格的には意外に茶目っ気があります。人をいじるのがめちゃくちゃ上手で、あだ名をつけたり、誰かのちょっとした失敗をつっこんでおもしろおかしく笑いにするのが、非常にうまい。食事をしながらみんなとワイワイやるのも大好きです。

また、あれほど細かく準備をするのに、エディーさん本人は自分のことを「すごく面倒くさがり」といいます。たとえば練習で一般的に使われるマーカーも、彼は「並べるのが面倒くさいから」といって使わなかったりする。すごく細かい部分があるぶん、「え、それはいいの?」とギャップを感じることがよくあります。

もうひとつの性格的な特徴は、とにかくいろんなものに興味を持つ、ということ。好き嫌いが激しいのですが、まずは興味を持って、そこから好きだったら好き、嫌いだったら嫌い、とはっきり分けるタイプです。

うまくいっていることも変えてしまう! エディー・ジャパンのココに期待

eddie4

まだまだここから進化する。エディー・ジャパンのさらなるチャレンジに期待したい (C)JRFU,Photo by H.Nagaoka

エディーさんが率いる日本代表は現在、確実にいい方向に進んでいます。そしてワールドカップイングランド大会まで1年を切ったいま、彼はここで守りに入るのではなく、さらに攻め続けると思います。うまくいっていることさえも変えてしまうくらいの意気込みで新しいチャレンジをしてくれることを、私自身、すごく期待しています。

「いまあるものを変える」というのは、実は日本人の指導者が一番苦手とする分野です。そしてエディーさんは迷いなくそれを実行できる稀有な人物です。ぜひ、ファンの皆様にもその変化を楽しみにしていただきたいですし、日本ラグビーが進化し続けることを、後押ししてほしいと思います。

もちろん、変化には失敗がつきものですが、エディーさんは失敗すらエネルギーに変えて、必ず修正する力があります。これからどんなチャレンジをして、イノベーションを起こしていくのか。いまから楽しみです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。