水中の環境をダイエットに生かす

水中運動

水中運動ダイエットで効率よく脂肪を燃焼しよう

水中は、浮力・水圧といった力を受けながら運動するため、日常生活とは違う環境・違う動きにより鍛えることができます。水と空気の密度を比べると水の方が大きく、同じ速度・姿勢で移動をしても、水中では約800倍の抵抗を受けるといわれています。

また水は、空気の20倍以上熱を伝える性質をもっており、水に入っているだけで陸上よりも多くのエネルギーを放出します。それが、水中での運動はカロリー消費が大きいと言われているゆえんです。ただし、水に浸かって冷えるだけでは本末転倒。次にご紹介する水中運動の効果を活用して、効率よく脂肪燃焼しましょう。

水中運動の効果

男性プール

水中は、思わぬメリットがたくさん

水中運動の様々な効果をご紹介します。

■全身運動

・水中での運動は、左右対称の動作を繰り返し、全身運動で鍛えることができる。

■有酸素運動
・有酸素運動の効果により、心肺機能の向上・脂肪燃焼が見込める。

■水圧
・水圧が心肺機能をサポートすることで呼吸筋が鍛えられるだけでなく、心拍数は陸上よりも1分間あたり10拍少ない。
・水圧により、静脈帰還がサポートされるため、むくみが気になる人には効率的。

■体温調節機能
・水中では多くのエネルギーを放出するため、血管の収縮・拡張機能が高まり、体温調節機能が向上。

■運動強度
・水の抵抗を利用し、動きを大きく・動きを速くすると運動強度がアップする。

■負担の軽減
・浮力により体重は陸上の1/6になるため、陸上では足への衝撃が大きい運動や、体重が多い人でも足腰に負担をかけず下肢を鍛えることができる。

水中運動時の注意点

・これまであまり運動をしていなかった人は、運動強度に匹敵する「心拍数」を上げ過ぎないよう配慮する必要があります。
・体調が思わしくないときや空腹時の運動は避けましょう。
・運動の距離よりも、時間を目安に行いましょう。

次のページでは、効率よく脂肪燃焼するために、運動強度をご説明します。