中川晃教undefined82年宮城県出身。2001年に「I Will Get Your Kiss」でデビュー、多くの新人賞を受賞。2002年に『モーツァルト!』で舞台デビューし、文化庁芸術祭賞演劇部門新人賞等を受賞。以降『Tommy』『Chess In Concert』などの舞台、映像など多方面で活躍している。(C) Marino Matsushima

中川晃教 82年宮城県出身。2001年に「I Will Get Your Kiss」でデビュー、多くの新人賞を受賞。2002年に『モーツァルト!』で舞台デビューし、文化庁芸術祭賞演劇部門新人賞等を受賞。以降『Tommy』『Chess In Concert』などの舞台、映像など多方面で活躍している。(C) Marino Matsushima

*最終頁に『ファースト・デート』観劇レポートを掲載しました!

そののびやかな高音、自由自在の歌唱で「現代の楽聖」をみごとに体現した『モーツァルト!』(2002年)。以降、様々な舞台で確かな存在感を放ち続けている中川晃教さんが、最新作の『ファースト・デート』ではちょっと意外な(?!)役どころ、「草食系男子」に取り組んでいます。

12年にシアトルで初演、昨年ブロードウェイに進出した本作が描くのは、とある男女のブラインド・デート。相手をほとんど知らない状態で男女がバー等で待ち合わせ、まずは相性を試してみるという、アメリカらしいこの「出会いの場」で、アラサーのアーロンとケイシーが出会います。真面目でちと奥手、「草食系」なアーロンに対して、ケイシーは見るからに奔放な「肉食系」。あまりのタイプの違いに、互いに「(この人との恋愛は)無いな」と思う二人ですが、心の中に現れる家族や友人に本音を漏らしながらも、ぎこちない会話は続行。このままデートは冴えないひとときのまま終わるのか、それともまさかの展開に?! 二人の心の中に登場する人々を店内の客たちが演じるという趣向も楽しい、肩の凝らない「等身大ミュージカル」です。

――中川さんはシリアスな作品へのご出演のほうが多いような印象がありますが、今回、本作のオファーを受けた決め手は?

「NYで今年1月まで上演されていたホットな作品であるということと、7人という、凝縮した人数でお届けする作品で、シアタークリエという劇場にぴったりであること。そして決して重い作品ではなく、観終わって楽しかったなと思って帰っていただける作品であるという3点が主な理由です」

――“重くない”作品を、というのは中川さんの今のご気分なのでしょうか。

「そういうわけではないですが、重い作品もやっているので、バランスをとろうかなと。お客様たちにも、いろんな中川晃教を見ていただきたいと思っているんです。ライトなものも僕は好きなんですよね」

――重いというか“濃い”という意味で、最近作の『VAMP魔性のダンサー ローラ・モンテス』のフランツ・リスト役は強烈でした。黒木メイサさん演じるローラとの、音楽を介したラブ・シーンが舞台表現では他に類をみないほどのエロティックさで……。
『VAMP~魔性のダンサーundefinedローラ・モンテス~』写真提供:テレビ朝日、ネルケプランニングundefined撮影:引地信彦

『VAMP~魔性のダンサー ローラ・モンテス~』写真提供:テレビ朝日、ネルケプランニング 撮影:引地信彦

「そうですよね。あれは面白かったですね。演出の岸谷五朗さんならでは、そして主演の黒木メイサさんあっての世界観でしたね。その中で僕自身も舞台上で、新しい一面が見えたような気がします。“重い”というより、美や内面をあらわにするとか、エロティックという言葉の深い部分があらわれたような作品だったと思います」
『VAMP~魔性のダンサーundefinedローラ・モンテス~』写真提供:テレビ朝日、ネルケプランニングundefined撮影:引地信彦

『VAMP~魔性のダンサー ローラ・モンテス~』写真提供:テレビ朝日、ネルケプランニング 撮影:引地信彦

*次ページでは“リアルなラブ・コメ”を演じる上での、中川さんのこだわりをお話いただきます*


ブロードウェイの“最新ミュージカル”の面白さを、どう伝えるか

『ファースト・デート』

『ファースト・デート』

――そして今回の『ファースト・デート』では一転、現代アメリカのリアルな恋愛事情を体現されているわけですが、こういった作品にはどの程度「実感」や「共感」をもって取り組まれるのでしょうか?

「稽古はさくさくと進んでいる状態なのですが、どこまで“自分との共感”を演じて行く上で出していいのかという点に関しては、ちょっと悩んでいる面があります。というのは、こういう作品では、“自分はこういう経験をしてきたからこういう台詞に共感する。だからこういう風に演じる。”というような演じ方をしてしまうと、どこか面白みが欠けて行くような気がするんです。リアルなことをリアルに演じる面白さもあるかもしれないけど、客観的に誇張して演じたほうが面白いこともありますよね。自分の実感や役者としての生理を押し通すより、むしろそれは無視して(芝居としての)テンポであったり間合いを大切にしたほうが、お客さんの笑いであったり、(本作らしい)空気が創造してゆけるのかなと感じています」

――NYと日本では、観客のリアクションが異なってくるかもしれませんね。

「背景の文化が異なるので、もちろん違ってくると思います。翻訳ミュージカルなので作品で描かれていることをそのままやるという前提はありますから、今、僕らは台詞にがんじがらめになったり、自分たちが育った文化にないものをやっている、僕たちのものではない服を着ているという感覚があるけれど、それが稽古を重ねることで着慣れてきたり、お客様がいらっしゃることによってオリジナリティが生まれてくる。今までも何作か翻訳ミュージカルをやっている中でそういう経験があるので、あとは直感で、一番面白い方向に流れてゆけばいいんじゃないかなと思っています。

今回集まったメンバーは皆さんそれぞれ個性豊かで、歌も上手だし、(出身)畑はそれぞれ違うけれど、役のとらえ方は遠くないという実感があります。このメンバーの縁、タイミングも大いに追い風になって、日本オリジナルの面白い舞台になるような気がしています」

――アメリカの都会の人々にとっては本作に登場する“ブラインド・デート”であったり“マッチ・ドットコム”であったりという恋愛ツールは日常的なことでしょうけれど、日本のお客様の中には「何だろう、それ?」という方もいらっしゃるかもしれません。設定への共感が前提にない分、日本ではより演劇的な「見ごたえ」が問われるかもしれませんね。
『ファースト・デート』開幕直前イベントで歌う中川さん。写真提供:東宝演劇部

『ファースト・デート』開幕直前イベントで歌う中川さん。写真提供:東宝演劇部

「ストーリーとしては、ある男女がブラインド・デートで出会って時間を共有して、さて二人はどうなるんでしょうという、シンプルなもの。そのなかでメッセージを追求するようなことはせず、むしろ“捨てて”ゆく。いかに流して演じてゆくことが出来るかが、役者の課題としてはあるかな。いかにこの男女の出会いを楽しく、面白く描けるかが大事かと思っています。

僕はこの作品、ミュージカルとしての“構造”が面白いと思っています。7名の出演者のうち、僕とケイシー以外はみなバーの客として席についているのだけど、そのお客さんたちが二人の頭の中の登場人物を体現していて、その間、僕らはフリーズするんです。そして彼らの出番が終わるとまた僕らの時間に戻る、というこの作り方はすごく面白いと思います。

例えば頭の中で“初めて会う女性の前では、ブラインド・デートであっても元カノの話はしちゃいけないとあれほど友達に言われてたのに、なんで俺は名前を出してしまったんだろう”という葛藤が、その友人役を登場させ、語らせることで、そのままステージで表現されます。それを、自分のことなのにどこか他人事のように傍観している自分もいる……といった具合で、自分のなかの“葛藤”や“思いの強さ”によって、非現実的な妄想・空想が絶えず体現されてゆくんですよね。普通の芝居や一般的な音楽劇、『レ・ミゼラブル』『ミス・サイゴン』のような歌だけで伝えて行くミュージカルともちょっと違う、これが“ブロードウェイの最新ミュージカルの形”なのかなと思います。そこはうまく伝えたいですね。

例えば、芝居をしていていきなり歌いだす。その唐突さをコメディとして面白く見せるのか、唐突感に説得力を持たせるのか。どちらもあるかと思いますが、今回はその唐突感を、いかに役者の“間合い”で導けるか。いかにも“音楽が入ったから歌いだした”ようでいて、そこにユーモアがある音楽の使い方が、この作品にはあるんです。それが“洒落ている”と聞こえたらいいなあと思います。心情を吐露するアリアみたいな曲もあるし、ユダヤ人のアーロンの家族が“この女の子はユダヤ人じゃないから結婚できないよ”といかにもミュージカル風に歌う大ナンバーもあるし、いたたまれない二人の沈黙をまさに代弁するようなナンバーもある。それぞれの歌の入り方というのが、かなり役者次第だと思えます。これがうまくいくと、同じミュージカルでもちょっと何か違う、洒落ている、あるいはミュージカルそのものを皮肉っているようにも感じられると思います。そんなことをお客様に伝えられたらいいですね」

――音楽的にもバラエティに富んだ作品なのですね。

「ロックもオペラもフォークもポップスも、オール・ジャンル歌っているので、お客様もかなり楽しめるんじゃないかと思います」

*次ページではアーロン役を語りつつ、中川さんご自身の恋愛観も飛び出します!

単なる記号としての”草食系男子”ではなく、
一人の人間の機微を描き出したい

『ファースト・デート』アーロン役undefined中川晃教さんundefined写真提供:東宝演劇部

『ファースト・デート』アーロン役 中川晃教さん 写真提供:東宝演劇部

――作品柄、稽古場で恋愛談義に花が咲いたりもしているのでしょうか?

「全然しないですね(笑)」

――みなさん、そういったことはもう通り抜けた、大人の方々なのでしょうか(笑)。

「どうなんでしょうね。他のみなさんはしてるかもしれないけど、僕自身はあまりそんな話をしないタイプなので……わからないです(笑)」

――演じるアーロン役で、気に入っていらっしゃる部分は?

「誠実なキャラクターですね」

――彼はとても“いい人”なのに、なぜそれまでご縁が無かったのでしょう。

「“いい人”なだけじゃダメなんじゃないですか?男として(笑)。アメリカではどういう男がモテるのか、というのは僕もよくわからないけど、こういう男をもらえば女性は幸せになれるのに、と思います。人生設計をきちんとたてて目標をもって仕事をしているし、“いい子がいるから会ってみなよ”と知人に勧められれば断らずに“いいよ”と言うだけの社交性もある。彼のデートの場所選びから推測すると、経済的な面を含めてゆとりのある人物かなとも思うんですよね。

でも、女性としてはそれだけでは物足りない、のでしょう? 男として色気がない、というか。“ひゃっ、あなたにはそんな面が”と思わせるようなものがあると女性はぐっとくる、というようなことを宝塚の元・男役の未来(優希)さんからうかがったりしています。本作でアーロンが出会うケイシーは歯に衣着せぬキャラクターなのですが、今回、新妻聖子さんが演じることでそれがさらに誇張されているというか、稽古していると彼女の言葉が実に胸に突き刺さってくる(笑)。この作品で、アーロンを通して、僕も恋愛を学ばせていただいているという感じかな。女性はこういうふうに思うんだ、そういう感情になるんだということを、社会人としては自信を持っているのにプライベートとなるとケイシーに振り回されるアーロンを演じながら、面白く学ばせていただいています」

――アーロンはそれまで、それほど必死には恋愛を求めてなかったのかも?

「求めてはいたんじゃないかな。ただ、彼には結婚式の当日に婚約者に逃げられたという過去があって、大きな傷になっているんです。僕だって、もしそんな経験をしたら、ただでさえ女性の心が分らないと思う瞬間が日常でたくさんあるのに……もう永遠に女性が分らなくなると想像してしまいます(笑)。

根底の部分では、男と女って全然違うじゃないですか。さらに、最近の若い男女の感覚も違うと思います。その“最近”に僕がくくられるのか、ちょっと前なのか……、その辺も定かではないんですけど。

アーロンはいわゆる“草食系男子”に分類されていて、そういう“時代の象徴”としてこのキャラクターを面白がることもできますが、演じる僕としては、(記号ではなく)もう少し、一人の人間としての機微も伝えられたらと思っています。例えば彼はケイシーに対して、第一印象として自分のタイプではないけれど、そこにはこだわらない。僕もそういうところがあって、“この人、こういう人かな”と第一印象にとらわれるとそれはだいたい外れるから(笑)、意図的に“逆かもしれない”と思うようにしていますね。

アーロンも、ケイシーはタイプではなくても、それよりその時間を進めて、会話を盛り上げていこうと努力します。そういうところからも、社交的で誠実な人間なんだということが分かりますよね。そして、デートを通して“ちょっとこの人を知ることが出来た。自信はないけど、いい人だと思えた”というところに到達する。その過程をいかにコメディとして、テンポよく見せてゆけるか。そんなことを今は考えているところです」

*次ページでは中川さんがミュージカルの世界に入られたきっかけ、初舞台の思い出、そして今後の夢を語っていただきました!*



いつか“ミュージカルを書く”日のために

『モーツァルト!』写真提供:東宝演劇部

『モーツァルト!』写真提供:東宝演劇部

――もともとミュージシャンだった中川さんが『モーツァルト!』でミュージカル・デビューされたのはなぜだったのでしょうか?

「ある日、演出の小池修一郎先生からモーツァルト役を探しているということで、問い合わせがあったんです。ぜひ僕の生の歌が聴きたいということで、ライブのリハーサルスタジオに音楽監督、プロデューサーといらっしゃいました。ひととおりリハーサルを聴かれて最後に“すみません、オリジナルでなく誰かの歌を歌っていただけませんか”というので、ぱっと思いついたホイットニー・ヒューストンの“I will always love you”を歌ったら、後日、モーツァルト役のオファーをいただきました。

音楽でデビューしたばかりの時期だったので、周囲からは猛反対を受けました。レコードメーカーからは“リリース計画は決まっているので、来年のスケジュールを(舞台の為に)そんなに長期間入れられたら困る”と言われました。でも、僕は自分自身の可能性を広げていける一つのチャンスだと思ったのと、本田美奈子さんが主演された『ミス・サイゴン』を小学6年の時に観て“ミュージカルってすごいな”と思って以来、いつかミュージカルを“創る”ということを考えていたんです。ミュージカルはアルバムを作る作業とどこか似ている。物語を歌だけで表現し、見せてゆくという素晴らしさを僕も表現できたらいいなと思っていた記憶があったので、キャストとスタッフという立場の違いはあっても、ミュージカル界に縁が出来ることはチャンスだと思えました。周りの反応を押し切って、事務所もついに“うーん、(そんなに固い決意なら)やろう”ということになって、それが結果として僕自身の可能性を広げていくきっかけになりました。  
『モーツァルト!』写真提供:東宝演劇部

『モーツァルト!』写真提供:東宝演劇部

演技は全く初めてでしたが、とまどいや違和感といったものはあまり抱いた記憶がありません。一つだけ、稽古で山口祐一郎さん演じる大司教と対立するシーンで、大司教がステージ奥にある高台に立っているのに、(演劇のお約束で)前方、つまり客席に向かって反論してくださいと言われた時に“でも大司教は後ろにいるのに?”と思った記憶があるくらいです。とにかく無我夢中で、この台詞をどう言おうといったことより、モーツァルトの感情をどう演じ切ればいいかと思ってやっていました。それがうまく、小池先生はもちろん市村(正親)さんや山口さん、そして同じ役を演じていた井上芳雄さんの導きで、100パーセント、120パーセント生き切ることに繋がっていったのでしょうね。

『モーツァルト!』写真提供:東宝演劇

『モーツァルト!』写真提供:東宝演劇

むしろその後のほうが、ミュージカルというものに対して違和感を感じたりすることがありました。“なんでここでいきなり歌いだすんだろう”とか(笑)。でもブロードウェイとかウェストエンドでいろいろな作品を観るうち、ミュージカルというものの形式や変化が分かってきたし、ストレートプレイを経験することによって、まったく違う発見もありました。その後でまたミュージカルをやると、演じるだけではなく歌い、踊りもするミュージカルって非常に奥深いものに感じられるんですね。年々、その思いは強くなってきています」

――中川さんは非常に多くの作品に精力的に出演されていますが、もしかして今は、今後のミュージカル創作という“アウトプット”のための“インプット”をされているのかな?と想像します。どんな作品を作りたいとお考えですか?

「そうですね、僕の中には“アジア”というテーマがあります。僕は台湾でもデビューしていて、(海外での活動の中で)台湾はもちろん韓国、中国、シンガポールを含め、アジアの国々は芸能の世界において、身近に感じますよね。でも僕の求めているアジアとの距離感というのは、単なる身近さではないと思うんです。この前、ある仕事で韓国の俳優さんと話していた時に、彼は自分にないものを持っていて、それが間合いを含めた芝居に出ていました。そういう、尊敬できる、尊重できると思ったものが融合してゆくのが、僕の求めている“アジア”なのだろうなと感じています。

僕がオリジナル(ミュージカル)を作る時までに、どんな仲間たちができていて、その出会いがまたどう作品につながっていくのか。そんな期待もあって、おっしゃるとおり、いろんな作品、新しい現場で新しい出会いを繰り返しています。“アジアの中の日本”という意識の中で、芸能がより何かのためになるような、世界に通用するものになったら、その時に作品が生まれるんだろうな……という気持ちで、今は勉強しているところです」

*****
筆者にとって“謎”だった、「売れっ子」というだけでは説明のつかない、時には年間10本以上にも及ぶ中川さんの、精力的な舞台出演。その理由が今回のお話で明確なものとなり、筆者は中川さんの「本気度」を感じました。多くの出会いの中で刺激を受け、人脈を広げながら、ご自身が本当に目指しているものをクリアにしてゆく。その先にある「創作」が、楽しみでなりません。まずは今回の『ファースト・デート』を彼がどう表現し、同時に血肉としてゆくか、見守りに行きましょう!

*公演情報*
ファースト・デート』11月22日~12月4日=シアター・クリエ 12月6日=サンケイホールブリーゼ

*次ページで『ファースト・デート』観劇レポートを掲載しています!


『ファースト・デート』観劇レポート
「始めてみること」が素敵に見える
“芸達者たち”のリアルな「出会い」劇

『ファースト・デート』写真提供:東宝演劇部

『ファースト・デート』写真提供:東宝演劇部

東京なら青山あたりにありそうなお洒落なバー&レストランで展開する、一組の男女のブラインド・デート。それぞれ肉親や同僚に勧められて出かけてみたものの、第一印象は「無いわ、この人との恋愛」。性格もノリも違い、気まずい「間」まで生じる始末だけれど、そこは大人。どうにか会話を繋げてゆく二人に果たして「次」はあるのか、無いのか?

「ブラインド・デート」という名称ではないにしても、例えばネットで出会った二人の初デートという形なら、日本でもこうしたデートは「よくある光景」となってきたのではないでしょうか。ネットやメール上では相性がよく思えても、実際に会ってみたら「何かが違う」とがっかりしたり、逆に「こういう面がある人なんだ!」と気分が盛り上がったり。そんな「感情の大揺れ」をコントロールしながら、初対面の異性とのひとときをどう創っていくか。そんな極めて現代的なシチュエーションを描きながら、「何事も、始めてみること、トライしてみることが大事」と人生論的な示唆にも富んだ作品が本作です。
『ファースト・デート』写真提供:東宝演劇部

『ファースト・デート』写真提供:東宝演劇部

テレビドラマよろしく、ただ男女がバーで会話をしているだけではつまらない、とばかりに本作が活用しているのが、「妄想」シーン。例えば男(アーロン)が、相手が同じユダヤ人ではないと知り愕然とすると、ウェイターや店内の他の客に扮していた俳優たちがユダヤ人の親戚たちに早変わりし、「彼女はダメだ~」と大仰に謳う。女(ケイシー)が昔の彼氏たちを思い出すシーンでは、再び客の男性2名がいかにも「ワルそうだけどセクシー」な男に扮し、彼女を誘惑しようとする……といった具合です。多彩なナンバーに彩られつつ、舞台が描く世界が妄想によって膨らんでは元に戻り、を繰り返しながら、アーロンとケイシーの本心に迫って行く、という構造が効果的です。
『ファースト・デート』写真提供:東宝演劇部

『ファースト・デート』写真提供:東宝演劇部

ごく日常的なモチーフゆえ、舞台は役者の「こなれた演技」が命ですが、今回はよくぞ揃った!というべき、充実のキャスティング。アーロン役の中川晃教さんは、仕事ではそこそこ成功していながら、過去の失恋ダメージが克服できていないため、どこかアンバランスでぎこちない青年をナチュラルに表現。もしプライベートが好転して自信が蘇ったら、このタイプはきっとすこぶる「いい男」に変わっていくのだろう、と想像させます。いっぽう、ケイシー役の新妻聖子さんはパンク・ロックミュージシャンさながらのハードな扮装で登場し、アーロンに容赦ない言葉を連発する様も迫力満点ですが、後半に歌い上げる「Safer」で、傷つくことを恐れるあまり、恋に踏み切れない女心を吐露。本当はかわいい部分もあるのかもしれない(?)ヒロインを、のびのびと演じています。
『ファースト・デート』写真提供:東宝演劇部

『ファースト・デート』写真提供:東宝演劇部

この二人を取り巻く人々を演じるのが、藤岡正明さん、未来優希さん、昆夏美さん、古川雄大さん、そして今井清隆さん。持ち味の全く異なる実力派たちが瞬時に「レストランの客」「ウェイター」から「おばあちゃん」「元彼女」「ゲイの友人」等々に変身し、楽しげに演じることで、本作の「現在」と「妄想」シーンを往来する趣向がいちだんと面白く見えてきます。特にウェイター役の今井さん、人生経験豊富オーラで芝居をしっかり引き締めつつ、最後の「仕掛け」でお茶目な側面がぽろり。作品を「粋」に仕上げています。
『ファースト・デート』写真提供:東宝演劇部

『ファースト・デート』写真提供:東宝演劇部

アーロンとケイシーのファースト・デートの結果はご想像にお任せしますが、まだご覧になっていない方に一つだけヒント。「デート」に行きたくなるのはもちろん、きっと何か、新しいことに挑戦したくなる作品です。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。