足を伸ばせば穴場がたくさん! 京都・大原街道をゆっくりドライブ

大原街道

大原街道はドライブに最高の道。


京都の人気観光地として知られる大原地区。国宝・阿弥陀三尊坐像を有する大原三千院を筆頭に、特に秋から冬にかけては京都が一年のうち最もにぎわう紅葉シーズンとして、嵐山、哲学の道をはじめとする紅葉のメッカは、いずれも観光客でいっぱい。週末や連休にもなると、歩くことさえままならないほどです。

しかし、少し道をそれると意外にも穴場だったりします。修学院から大原街道へと抜ける道は、嵐山の渋滞からは想像できないほど快適。街道沿いにはJR東海のCMの舞台にもなった蓮花寺や、小野妹子と由縁のある三宅八幡宮など見どころも満載です。このあたりまでは徒歩、レンタサイクルでも行くことができますが、もっと大原街道を満喫したいならレンタカーでの移動がおすすめです。

比叡山をあおぎながらのドライブは、天候に関わらず心地よいもの。春夏秋冬の素晴らしい景色を見せてくれる自然は、決して人の手では作れません。偉大なる自然に感謝しつつ、奥へと進んでゆきます。田んぼに清流、道に影を落とす木々。祇園や先斗町といった中心部ばかりを見ている方は、「ここは京都?」と思うほど、のんびりとした景色にきっと驚くでしょう。でもこれもまた京都の一面であり、こうした自然が街からすぐの場所にあるからこそ、魅力的なのだなと思います。

国道沿いにはお土産を買うのにぴったりなお店もたくさん。「味工房 志野」は、ドレッシングで知られる店。もともとはとんかつ屋でしたが、ドレッシングのおいしさが評判となり、いつの間にかドレッシングをメインとするお店に。ポン酢やパスタソースも人気が高く、わざわざ遠方から買いにくる方もいるのだそう。

■味工房 志野
住所:京都市左京区大原大長瀬町318
電話:075-744-2141
営業時間:10:00~18:00
無休

お腹がすいたら「土井しば漬け本舗」で。こちらは漬け物を買うだけではなく、イートインスペースもあります。京都の地鶏の卵を使った卵とじ丼や、天ぷら、魚の西京漬けなどメニューも豊富。ご飯は京丹後産のコシヒカリで、窯でじっくり炊きあげているだけに、もっちもちで甘味が凝縮されています。漬け物はビッフェスタイルで選べるので、お土産を買う際の参考にもなりますよね。

■土井しば漬け本舗
京都市左京区八瀬花尻町41
電話:075-744-2311(代)
営業時間 9:00~17時30分(土日祝日は18時 季節により変動あり)
無休