季節の中で、秋が一番好きという女性は多いのではないでしょうか。過ごしやすいから、落ち着いた彩りが雰囲気があるから、アカデミックな気分に浸れるから、そして何を食べてもおいしい季節だから…

どれもが、秋を表しています。秋はそれほどにいろいろの顔を持つ季節です。そして、忘れてならないのは、恋をするにもピッタリの季節だということです。そんな大人な季節の秋には、やはり大人の音楽が似合うもの。

昔から、秋をテーマにした楽曲や歌は多くありました。ジャズの世界でも例外ではありません。

今回最初にご紹介するのは、元々はビッグバンド・ジャズの人気楽団、ウッディ・ハーマン楽団のヒット作。水も滴るような若き日のスタン・ゲッツをフィーチャーし、文字通りゲッツの出世作となったこの曲です。ここでは、そのゲッツとも因縁浅からぬヴォーカルのバージョンをご紹介します。
 

「アーリー・オータム」アニタ・オデイ「シングス・ウィナーズ」より

 

シングス・ザ・ウィナーズ

シングス・ザ・ウィナーズ

ここでのアニタ・オデイは、ゴージャスなビッグバンドの演奏に乗って、この難曲をあくまでもさりげなく歌いこんでいきます。

少々大音量すぎるビッグバンドの音に張り合ってしまっては、この曲の持つ初秋のはかない風情は台無しになってしまいます。歌としては音程を取るのが難しいこの曲を、アニタはメロディに注意して丁寧に歌っています。結果として、アニタの歌のうまさが一際引き立つ出来になりました。

アニタは、子供の頃に扁桃腺(へんとうせん)を手術により失い、ビブラートができなくなりました。そこで、アニタは、同じ音を何回も歌うという独自の唱法をあみだしたのです。

その上、アップテンポの曲では、モダン・ジャズ期のホーン奏者同様、ビブラートを使わない歌い方。それが、ハスキーヴォイスとも相まって、切れの良い独自のスタイルへと発展しました。

子供の頃から、自分でお金を稼いでいた鉄火肌のアニタ。ジャズ・ヴォーカルとして大成してからは、その実力と雰囲気から、「ジャズ界の悪女」、「ザ・イザベル・オブ・ジャズ」(The Jezebel of Jazz)と呼ばれました。

イザベル(Jezebel)とは、旧約聖書にのっている悪女です。今日では、実力のある清純派ではない女性、つまりは魅力と権勢を合わせ持つ悪女をさす言葉になっています。ジャズ界の悪女とは、歌と男と金と薬、奔放に生きたアニタのことをまさに言い当てている言葉です。

アニタは、1940年代初頭のスウィング時代に人気のあったスタン・ケントン楽団で大スターの仲間入りをしました。そのケントンの楽団時代が、人気と実力がかみ合った最初の絶頂期と言えます。

丁度そんな時期に、駆け出しのテナーだったスタン・ゲッツが、ジャック・ティーガーデンの楽団から移ってきました。当時のゲッツはまだ10代。この後にウッディ・ハーマン楽団に移り大ヒットを飛ばす前です。

スタン・ケントン楽団に入ってきたゲッツは、まだまだ若すぎて、ソロを取らせてもらえませんでした。なんとかソロを取りたいやんちゃなゲッツが泣きついたのが、8歳年上の姉御肌のアニタでした。

ゲッツはアニタの口利きでようやくソロを取らせてもらえるようになったのです。いわば、はじめて一人前にしてやったのがアニタと言えます。

ちょっと蓮っ葉だけど、実力があり、面倒見がよいジャズ界の姉御、「ザ・イザベル・オブ・ジャズ」の面目躍如たるエピソードです。

その世話を焼いてやったゲッツが、数年後にはジャズ界を代表する人気サックスプレイヤーとなりました。アニタはうれしかったに違いありません。

ゲッツの成功のきっかけとなった出世作「アーリー・オータム」を、今度はアニタがまるでゲッツの成功を祝福するかのように、大勢の男のミュージシャンを従えて、抑制のきいた堂々たる歌唱で貫録を見せます。

Amazon

アニタの熱唱は、他にも、以前ご紹介した「真夏の夜のジャズ」という映画でも観ることができます。アニタの魅力に必ずやノックアウトされるおススメのジャズ映画です。
 
Jazz on a Summer's Day [DVD] [Import]

Jazz on a Summer's Day [DVD] [Import]

 
次のページでは、人生の終わりに近づいたテナーマンが、わが身の秋を振り返りながら奏でる曲の登場です!

Amazon


「ティス・オータム」ズート・シムズ「イン・ア・センティメンタル・ムード」DVDより

 

In a Sentimental Mood [DVD] [Import]

In a Sentimental Mood [DVD] [Import]

「ティス・オータム」という曲も、サックスの演奏では、スタン・ゲッツのものが名演(スタン・ゲッツ・プレイズより)として有名です。今回はそのゲッツの盟友とも、ライヴァルとも目されたテナーサックス奏者ズート・シムズのものをご紹介します。

ズート・シムズは、駆け出しの頃、スタン・ゲッツと並んでソロを取り合う、「フォア・ブラザーズ」で有名になりました。その後、ゲッツはクール・サウンドでいち早くスターダムにのし上がっていきますが、ズートは実力がありながらも今一つメジャーな成功は得られませんでした。

それでもズートは、亡くなる寸前まで、常にプロとして一定のレベルを保った、通好みのミュージシャンと言えます。

ズートの最大の特徴としては、その暖かい音色と、スウィンギーなノリの良いアドリブが挙げられます。

決して、むずかしい事や進歩的な冒険はしませんが、常にスウィングすることに注力して、ミュージシャンや聴衆の皆から愛されたテナーです。亡くなった今でも、日本でも人気の高いテナーの一人です。

ズートの音は、これから冬に向かうシーズンにはピッタリのウォームな音。ゲッツのような匂い立つ色気はありませんが、何を吹いても、聴く者をほっとさせる、ズートっぽい、男くさい演奏になるのが特徴です。

この「イン・ア・センティメンタル・ムード」というDVDは、1984年11月に録られたものです。1985年3月にズートが亡くなる4か月前の演奏です。

その中でも特に印象深い演奏がこの「ティス・オータム」('Tis Autumn)。ティス('Tis)と言うのは、「It is」の省略形で、「まさにそれは秋」と言った題名になります。

1941年に俳優のヘンリー・モネによってつくられたスタンダードソングで、お洒落で粋な歌詞と、秋を感じさせる滋味深いメロディが特徴の大人の曲と言えます。

ここではその秋はとうに越してしまい、人生の冬を迎えたズートが、そのわが身の秋を懐かしむかのように切々と吹いている姿が印象的。

特に綿々たる情緒を湛えたエンディングで、サックスを口から離し、「ラディダー・ディ・ダディダーン」と歌詞にある一節を声にして歌うズートの姿に思わずグッときてしまいます。

最後の最後まで、サックスで男らしく歌った男、ズート・シムズ。白鳥の歌としてこれ程ピッタリな曲はないと言えます。

次のページでは、アカデミー賞候補にもなった伝説のテナーマンの登場です!

Amazon
 

「オータム・イン・ニューヨーク」デクスター・ゴードン「ダディ・プレイス・ザ・ホーン」より1955年

ここは1950年代、フランスはパリの一角。ジャズ・ライブハウス、ブルーノート・クラブの裏手で、座りながらサックスを吹くアメリカ人のテナーサックス奏者デイル(デクスター・ゴードン)。

その彼が、吹いていた曲を途中でやめ「フランシス、歌詞を忘れてしまったから続きが吹けない」と言いました。
 
ラウンド・ミッドナイト [DVD]

ラウンド・ミッドナイト [DVD]

1986年の映画「ラウンド・ミッドナイト」の印象的なシーンです。この時、主人公のデイルに扮したテナーサックス奏者デクスター・ゴードンが吹いていたのが、この「オータム・イン・ニューヨーク」でした。

フランシスに歌詞を教えてもらい、ようやくデイルはこの曲を演奏することができるようになります。

この場面に代表されるように、この「ラウンド・ミッドナイト」では、ジャズメンのデクスター・ゴードンがほとんど素のままで、ジャズサックス奏者を演じ、アカデミー賞の候補にまでなりました。

そして、この曲「オータム・イン・ニューヨーク」ほど、デクスターに似合うバラードはありません。

これから来る、厳しいニューヨークの冬。その前の一時。誰もがほっとする時期。恋の始まりへの期待を歌ったこの曲は、1934年ロシア人のヴァーノン・デュークによってつくられました。その男くさい骨太のメロディが、デクスターのややぶっきらぼうなテナーの音色にピッタリなのです。

Amazon
 
ダディ・プレイズ・ザ・ホーン

ダディ・プレイズ・ザ・ホーン

デクスター・ゴードンは、1940年代に最初のピークが来たビ・バップ・テナーの第一人者です。そのデクスターが50年代は麻薬渦により、ほとんど目立った演奏活動ができない状態に陥りました。

この「ダディ・プレイス・ザ・ホーン」は、その悪いコンディションの中、1955年に吹き込まれたデクスター久々の会心の一枚です。この後、またデクスターの活躍は1960年代になるまで待たなくてはならなくなります。

そしてここでの「オータム・イン・ニューヨーク」の演奏は、デクスター本人のつらく厳しい50年代にあって、ニューヨークにおける秋のようなホッとする演奏になっています。

あえて感情は抑えた、男泣きのサックスに、この時代のデクスターの心情が反映されているかのようです。そして、60年代に入り、デクスターは名門ブルーノート・レーベルで華々しく復活することになります。

もしかしたら、この曲は、淋しい時代を支えてくれたデクスターの心の糧だったのかもしれません。

今回の、秋の日のジャズ、いかがでしたか? 秋は、物事を深く考える時期でもあります。たまには珈琲を片手に秋の日にピッタリのジャズを聴きながら、物思いにふけるのも一興かもしれません。また、次回お会いしましょう!

Amazon
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。