前方(画像右側)が超音波センサー、側面(画像左側)が赤外線センサー、それぞれの特性を生かしたセンサー使いで検知精度を向上

ほかのギャラリーを見る