視聴率のカギを握る主婦層

韓国でも不倫がテーマのドラマは人気です。

韓国でも不倫がテーマのドラマは人気です。

今夏、日本では不倫ドラマ「昼顔~平日昼3時の恋人たち」が大ヒットしましたが、儒教の国、韓国でも、意外なことに不倫を題材にしたドラマが人気。その理由を分析してみましょう。

韓国において、ドラマの視聴率に大きな影響を与えるのは、圧倒的に主婦層。日本と同様に、男性よりも女性のほうがドラマ好きであるのはもちろんですが、若者のテレビ離れも顕著で、ドラマ業界を動かしているのは、リアルタイムで視聴する主婦層なのです。

若者のテレビ離れの要因は

1.娯楽の多様化
2.地上波系列のケーブル局によって再放送がすぐに、しかも何度もリピートでオンエアされる
3.インターネット大国の韓国では、ほぼすべてのテレビ番組の動画が翌日には公式サイトにアップされ、有料コンテンツとして見ることができる

などが、挙げられます。

よって、若者をターゲットにしたゴールデンタイムのドラマは、韓流スターが大挙出演して話題を集めても、視聴率面では当たり外れが大きい。対して、主婦層をターゲットにした時間帯のドラマは、韓流スター不在でも、安定した視聴率を稼ぐ傾向にあります。そして、その主婦たちが好んで見るのが、ずばり不倫や復讐のドロドロ系ドラマなのです。

では、韓国の主婦層のゴールデンタイムとは?