メイソンジャーでDIY! 人気の吊り下げライトの作り方

メイソンジャーでDIY

ペンダントライトのような雰囲気のある吊り下げライト

 

ガラスボトルのかわいいデザインを活かしたライトも素敵です。パーツがあればライト・照明も簡単にDIYすることができます。
 

【用意するもの】
 
吊り下用ソケット部品

吊り下用ソケット部品
 

  • ライトのソケット部品(アンティークショップなどで入手できます)
  • マイナスドライバー(付属のネジによって) 
 
ペンダントライトの金具

ペンダントライトの金具

 

上のような電球の笠をマイナスドライバーで留めるだけというタイプです。蓋に穴をあける作業がないのでパーツさえ手に入ればお手軽です。
 
ガラスのペンダント等に使われています

ガラスのペンダント等に使われています

 

 
【作り方】 1.笠の中央にソケットを入れて付属のネジでとめます。アンティークショップなどで手に入ります。ボトルの口の大きさに気を付けて、笠は選びましょう。
 
笠の周りに3ヶ所ネジがついています

笠の周りに3ヶ所ネジがついています
 

 
2.ボトルの口にはめ込み、ネジをしめていきます。均等に締まるよう3ヶ所を少しずつしめていきましょう。全て付属のものなので、簡単に組み立てが出来ます。

 

ソケット部品のみで吊り下げライトを作る方法

瓶らしさの残る吊り下げライトに

瓶らしさの残る吊り下げライトに


ペンダントライト用の笠がなくても、ソケットと蓋を組み合わせて作ることもできます。
 
金属片で怪我をしないよう注意してください

金属片で怪我をしないよう注意してください
 

【作り方】 1.ドリンクボトル同様に穴をあけます。小さな穴から大きい穴をあける場合は金ハサミがあると便利です。
 
穴が大きくならないよう慎重に

穴が大きくならないよう慎重に


2.ラジオペンチで整えます。慎重に穴を調整してください。
 
写真は8mmのドリルです

写真は8mmのドリルです


3.ソケット穴の周りにも熱が逃げるように数ヶ所穴をあけましょう。ドリルがあると早くきれいな穴をあけることができます。穴の形は丸じゃなくても構いませんので蓋の強度が保てるような穴をあけてください。
 
細いリングで締める構造になっています

細いリングで締める構造になっています


4.ソケット部分を通したら、付属のリングをはめ込みます。
 
熱が逃げる穴をあけてください

熱が逃げる穴をあけてください


5.電球をつけて蓋を締めれば、完成です。同じ色になるように塗装をするとさらに見栄えがよくなります。白熱球は熱くなってしまうので、LED電球を使いましょう。ワット数に気を付けて、熱くなってしまうようなら長時間使わないで下さい。

【関連記事】



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。