ハインリヒ・ハイネ広場の「天使のクリスマス」

dw5

屋台の上で天使が微笑む「天使のクリスマス」はおしゃれ雑貨が多いと評判

旧市街の入口にあるハインリヒ・ハイネ広場(Heinrich-Heine-Platz)
で開かれるのは、天使が乗った屋台が並ぶユーゲントシュティール(アールヌーヴォー)風の「天使のクリスマス(Engelchen-Markt)」。ここはデパート「カーシュハウス(Carschhaus)」前という立地のせいか、アクセサリーやおしゃれ雑貨を売る屋台が豊富。フード屋台はお馴染みの焼きソーセージやグリューワインのほか、ペルー風じゃがいも料理など珍しいものもあります。
 

デュッセルドルフの名物ピラミッド

dw2

デュッセルドルフ版のクリスマスピラミッド。よ~く見るといろんな有名人が回っています

ハインリヒ・ハイネ広場から西へ延びるフリンガー通り(Flingerstr. )の入口に立つ大きなクリスマスピラミッドは、デュッセルドルフではちょっとした名物。クリスマスピラミッドは通常はキリスト生誕をモチーフにすることが多いのですが、このピラミッドをよくよく見ると、芸術家のヨーゼフ・ボイスほかデュッセルドルフ出身の有名人の像が回っています。ピラミッド下のグリューワイン屋台は地元では定番の待ち合わせ場所です。

歩行者天国のショッピングストリート、フリンガー通りからマルクト広場の間にも屋台がずらり。クリスマス雑貨やポーランドの食器など可愛いお土産が見つかります。
 

大人っぽい「星のクリスマス」

dw6

星空をイメージした青と白のイルミネーションが輝く「星のクリスマス」は大人っぽい雰囲気

ハインリヒ・ハイネ広場の1ブロック南のシュタットブリュックヒェン(Stadtbrückchen)の中庭で開催されるのは「星のマーケット(Sternchenmarkt)」。星空をイメージしたイルミネーションが印象的なちょっと大人っぽい雰囲気のマーケットです。広場の中央にシックなカフェバー風の屋台が立っているところがいかにもデュッセルドルフ!
 

モダンすぎる!? シャドウ広場のクリスマスマーケット

dw7

工事が終わり一気にモダンな雰囲気になったシャドウ広場では、クリスマスマーケットもモダンに変身

高級ブランドショップが並ぶケーニヒスアレーの東にあるシャドウ広場(Schadowplatz)には、2013年に高級デパートのブロイニンガーがオープン。それに合わせるかのように、前年まで開催されていた伝統的なクリスマスマーケットが一変してモダンな雰囲気になりました。真っ白に統一された屋台は少々味気ない気もしますが、ローテンブルクの有名店「ケーテ・ウォルファルト(Käthe Wohlfahrt)」ほかクリスマスグッズは健在です。

シャドウ広場の北には450平方メートルのアイススケートリンクが設置され、無料でスケートを楽しむことができます。まわりには山小屋風の屋台が並び、とろとろチーズのラクレットや直火焼きサーモンなど人気グルメもいっぱい。
 

ライン川沿いの大観覧車

dw8

上空から眺めるクリスマスマーケットの夜景にうっとり。

ライン川沿いに広がるブルク広場(Burgplatz)には大観覧車が登場。上空から眺めるクリスマスマーケットの夜景はとても幻想的です。ドイツの観覧車は日本に比べると高速で、おまけに何回転もしてくれるのでちょっと得した気分。 観覧車の乗り場付近には、籠バッグやフラムクーヘン(アルザス風ピザ)など屋台が数軒立ちます。

ライン川に隣接するデュッセルドルフ旧市街はたくさんの飲食店がひしめきあうことで有名。クリスマス市で体が冷えたら、ビアホールや居酒屋でアルトビールや郷土料理を楽しむのもおすすめです。
参考記事>>>世界一長いバーカウンター!?デュッセルドルフ旧市街

 

合わせて読みたい! ドイツのクリスマスマーケット記事

100の市が立つ!ベルリンのクリスマスマーケット2018
世界最大!シュトゥットガルトのクリスマスマーケット!
ミュンヘンのクリスマスマーケットは多彩さが魅力
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。