Sir Tim Riceundefined44年英国生まれ。65年に作詞を始め、アンドリュー・ロイド=ウェバーと『エビータ』、ウルヴァース&アンダーソンと『チェス』、エルトン・ジョンと『アイーダ』など数々のミュージカルを創作。トニー賞、グラミー賞、アカデミー賞等多数受賞している。(C) Marino Matsushima

Sir Tim Rice 44年英国生まれ。65年に作詞を始め、アンドリュー・ロイド=ウェバーと『エビータ』、ウルヴァース&アンダーソンと『チェス』、エルトン・ジョンと『アイーダ』など数々のミュージカルを創作。トニー賞、グラミー賞、アカデミー賞等多数受賞している。(C) Marino Matsushima

『ジーザス・クライスト=スーパースター』『チェス』『美女と野獣』『ライオンキング』等の作詞や脚本を手がけ、ミュージカル・ファンにはお馴染みのティム・ライス。彼がアンドリュー・ロイド=ウェバーと組んだ最後の全幕作品で、日本では劇団四季の人気演目でもある『エビータ』が今秋、8年ぶりにロンドンで上演されます。ビル・ケンライトが演出を手掛けた今回のプロダクションは、タイトルロールにポルトガル人の歌手・女優マダレナ・アルベルト、チェ役にポップ・グループのWet Wet Wetで活躍したマーティ・ぺロウなど、実力派のキャストが話題。プレビュー初日の9月16日朝、ティム・ライスをご自宅に訪ね、『エビータ』や最新作のお話をうかがってきました。

当初の予定にはなかった『エビータ』ロンドン再再演


――本日(9月16日)、ロンドンでは2006年以来となる『エビータ』再再演のプレビューが始まります。55回の限定公演というのは、無期限のロングランが普通のロンドンではあまりないことですね。

「確かによくあるケースではないね。今回は、昨年始まったツアー版の一環のような位置づけなんだ。もともとロンドン公演は予定されていなかったけれど、ツアー版が非常に評判が良く、せっかくなのでロンドンでもどうだろう、という話が出てきた時に、2か月だけ空いている劇場(ドミニオン・シアター)があるということで踏み切ったようだよ。

常識的には、ロンドンで55回きりの公演というのは、経費が全く回収できないのでありえないことなのだけれど、ツアー版という形でプロダクションが既に出来上がり、舞台もキャストも固まっている状況だったので、さらなる経費はそれほどかからなかったのだろう。もちろんウェストエンド向けに、よりグラマラスにビジュアルや演出に手を入れているとは思うけれど。」

――前回のロンドン公演は2006年。これだけ名高い作品にも関わらず随分ブランクがあった印象があります。
『EVITA』プログラム

『EVITA』プログラム

「そうかな。ウェストエンドは日本とはちょっとシステムが異なり、5~6年ロングランした作品は、閉幕するとしばらくカムバックしないのが普通なんだ。今年、新版が開幕した『ミス・サイゴン』だって、20年ぶりのカムバックだよ。『エビータ』は今回が3回目のロンドン公演で、初演と再演の間も8年だった。3回上演されているというのは多い方なんだ」

――昨年、ツアー中にご覧になったそうですが、ボブ・トムソンさん(『スクルージ』『クリスマス・キャロル』)とビル・ケンライトさん(『ブラッド・ブラザース』『ヨセフと不思議な総天然色のドリーム・コート』)による共同演出はいかがでしたか?

「昨年、コーンウォールという英国の僻地(笑)で観たけれど、とても良かったよ。観客も気に入っていたようだった。ロンドンでもうまくいくのではないかな。とにかく主演の二人がとてもいいし、音楽もいいからね」

――単純なサクセスストーリーではなく、そのためには手段を選ばなかったり大統領夫人となってからは私腹を肥やしていたエピソードも描かれている本作は、演出にあたり、主人公にどういうスタンスで目を向けるかが問われる作品かと思います。
『EVITA』Photograph by Darren Bell

『EVITA』Photograph by Darren Bell

「そうだね。共感と批評性、その双方が必要だと思う。エバ・ペロンのいい面も悪い面も描いているからね。ただ、ショーを観た方の一般的な感情としては、彼女への好感が少しだけ勝つのではないかな。ヒロインが33歳の若さで癌でなくなるなんて、悲しい結末だからね。もちろんエバ・ペロンという人物の生き方については批判が多いことも分かっているよ。でもペロン政権に問題があったのは、彼女だけではなく(大統領である夫の)ペロンの問題でもあるからね。今回の演出も、60%は彼女に好意的なのではないかな」

――あなたが執筆していた時も60%好意的だったのですか?

「いや、フィフティ・フィフティだったよ。でも今回は演じる女優がとても魅力的で歌もいいので、観始めたらきっとエビータに魅了されると思う」

*次頁で最新作の動向などをお話いただきました。*



最新作『地上より永遠に』は来年米国上陸?!

――昨年春にお会いした時は『地上より永遠に』のキャストオーディションの段階でした(関連記事はこちら)。ぜひ舞台を観たかったのですが、3月に閉幕されたのですね。

「大変申し訳ない。でも舞台映像は撮ってあるんだ。夏に英国全土の映画館で上映をし、来月アメリカでも上映されるから、日本でもそのうちあるかもしれないね。それと並行して、DVD版も製作中だ。(注・英国では11月10日に発売予定)」

――10月に開幕し、半年の公演だったのですね。

「失敗ではないけれど、大きな興行的成功でもない。批評は非常に良かったのだけど、集客が思ったほどでなかった。テーマが難しかったのは確かだ。それに、ショーがヒットするには何かサポート要素が必要なんだよ。主題歌が事前にヒットしているとか、映画の舞台化作品であるとか。今回は作曲家が無名だったしね。


 けれども、そのうち復活すると思うよ。『チェス』だってブロードウェイ初演は成功とは言えなかったし、『ブラッド・ブラザース』も最初は失敗作だと思われたけれど、最終的には大ヒットになった。『ジーザス・クライスト=スーパースター』も、レコード盤は英国では全く売れなかったしね(笑)。だから本作も改めてヒット作になれると希望を持っている。先がどうなるかなんて、誰にも分からないものだよ(笑)」


――作品の仕上がりには満足されているのですね。

「うん、とても満足しているよ。今、ブロードウェイを目指してアメリカ版を作ろうと動き始めているのだけど、作品自体は1,2か所手を入れても、大々的な変更は考えていないんだ。演出家はおそらくアメリカ人になるだろう。英国版の英国人キャストと英国人の演出家もとてもよくやってくれて彼らには何の不満もないけれど、やはり原作がアメリカの物語なのでね」

――既に現地の演出家にアプローチしているのですか?

「前置き風の話はしているけれど、今はDVDが出来あがるのを待っているところなんだ。出来上がったらそれをわたして、“こういう作品だ。現状の演出は忘れてくれていいから、物語のベース部分が気に入るかどうか検討してくれないか”と言うつもりだよ。決定は来年になるだろう」

――どんな演出家を探しているのですか?

「何かいいアイディアを持っている人(笑)。有名である必要はないんだ。作品を愛してくれる人だね」

――ブロードウェイでは今年、あなたが作詞をつとめたディズニー・アニメ『アラジン』の舞台版も開幕しました。この舞台化にはどの程度関わっているのですか?
『アラジン』舞台版のCD。

『アラジン』舞台版のCD。

「全く何も。(『ザ・ブック・オブ・モーモン』等で知られるケーシー・ニコロウの演出・振付のもと)私の作詞曲はそのまま残されているけれど、それに加えていくつか、別の作詞家による新曲が加わった。でも気にしてはいないよ。どのみち、ショーで一番のビッ’グナンバーは私の書いた曲(‘A Whole New World’)だもの(笑)」

――最近のウェストエンドをどうご覧になっていますか?

「古いショーが多すぎると思う。もちろんその中にはとてもいい作品もあるけれど、それらが多すぎることで新作が出て来にくい状況がある。観客の数自体は少なくないので、あと一つ二つ、新作があるといいなという気がするよ。最近の新作でいいと思った作品? あまり無いなあ(笑)。『ザ・ブック・オブ・モーモン』はミュージカルではないし……いや、ミュージカルではあるけれど音楽がそれほど重要なショーではないし……。『レ・ミゼラブル』のような古いショーが永遠にかかっているのをみると、何も変わっていないなあという気がするよ」

――では“いい新作”を作るのに必要なものは?

「いい曲、いいストーリー。十分な宣伝……理想を言えば開幕前に主題歌がヒットしていることだけど、これはなかなか難しいんだ(笑)。たやすければ皆が実践しているだろうね。どうすればヒットするのかはとても大きな謎で、僕にも分からないのだよ、今でも(笑)」

*次頁で『EVITA』ロンドン最新版プレビュー初日レポートを掲載しています。*


『EVITA』ロンドン最新版プレビュー・レポート
稀代の“悪女/聖女”の
人生の最期に漂う儚さ

『EVITA』上演中のドミニオン・シアター。客席2000程度の大劇場だ。(C) Marino Matsushima

『EVITA』上演中のドミニオン・シアター。客席2000程度の大劇場だ。(C) Marino Matsushima

地下鉄トテナム・コート・ロード駅前にあるドミニオン・シアター(Dominion Theatre)は、12年の長きにわたり、クイーンの名曲からインスピレーションを得たミュージカル『We Will Rock You』の上演地だった劇場。顔見世歌舞伎の招き看板よろしく(?)、劇場正面の上部には巨大なフレディ・マーキュリーの彫像が屹立していたこともあって、すっかりロックなイメージが定着していましたが、実は英国の重要建築物(第二級登録建造物)にも指定され、公の許可無しでは改築等のできない劇場です。『We Will~』終演にともない20年以上ぶりの、3か月半にわたる大改修を行い、広々として華麗なアールデコ様式の内外観を取り戻しました。

特に170人がかりで補修したというプロセニアム・アーチ(舞台の額縁部分)は金色の彫刻が美しく、日本の劇場ではまずお目にかかれません。観劇の際にはぜひゆとりをもって到着し、このアーチや天井装飾、2年がかりで織られたというカーペットなど、細部を堪能したいところです。
『EVITA』Photograph by Darren Bell

『EVITA』Photograph by Darren Bell

さて、着席すると舞台幕には、アルゼンチンの民衆のイラストを切り取って描かれた「EVITA」の文字が。その幕を映画館のスクリーンに見立て、エバ出演の映画を観ていた観客たちが「エバ逝去」のニュースを聞き、悲嘆にくれる様子から物語が始まります。民衆に紛れていた男が帽子をかぶると本作の狂言回し、チェに。

舞台奥から棺が現れ、その傍らには打ちひしがれるペロン大統領と弔問にあらわれた民衆、子供たちの聖歌隊が。棺の中のエバが当時は聖女ともうたわれ、「特別な存在」であったことを印象付けますが、その様子を見ていたチェがおもむろに「こいつはサーカス、なんていうショーだ」と口を開く。こうして神話と疑惑の双方に彩られたエバ・ペロンの人生が、アンドリュー・ロイド=ウェバーの流麗な音楽に乗せて語られ始めます。
『EVITA』Photograph by Darren Bellundefined左からペロン役マシュー・キャンメル、チェ役マーティ・ペロウ、エビータ役マダレナ・アルベルト、マガルディ役ベン・フォースター

『EVITA』Photograph by Darren Bell 左からペロン役マシュー・キャンメル、チェ役マーティ・ペロウ、エビータ役マダレナ・アルベルト、マガルディ役ベン・フォースター

チェを演じるのはポップ・グループWet Wet Wetのボーカルとして活躍し、近年は『シカゴ』『イーストウィックの魔女たち』『ジキル&ハイド』等ミュージカルにも精力的に出演しているマーティ・ペロウ。本公演では全体的に指揮棒がゆっくり振られているため、「ナレーション」色の強い、言葉を丁寧に立てる歌唱となっていますが、一曲目「Oh, What a Circus」終盤の「She’s not coming back to you」の「to」をこぶし風に伸ばしているところに、歌手としての彼のこだわりがうかがえます。

田舎町で愛人の子として生まれ、さげすまれていたエバ・ペロンは15歳でタンゴ歌手マガルディの愛人となり、ブエノスアイレスへと上京。そして様々な男たちと「ねんごろ」になることで女優としてのチャンスを掴んでゆきます。この彼女の「最初の男」、マガルディを演じているのは12年の『ジーザス・クライスト=スーパースター』ライブ・ツアー公開オーディションで優勝し、タイトルロールを演じたベン・フォースターなのですが、彼の声はいかにも古いレコード盤から聞こえる往年のタンゴ歌手風。よくぞこの声を持ってきた!と唸らせる、絶妙の配役です。
「EVITA』Photograph by Darren Bell

「EVITA』Photograph by Darren Bell

ヒロインのエバ役は『レミゼラブル』25周年記念コンサートでファンテーヌ役を演じていたマダレナ・アルベルト。ポルトガル出身、『ジキル&ハイド』のルーシー、『ピアフ』タイトルロールなど既に数々の大役を演じている女優兼シンガー・ソングライターです。序盤は正直、15歳には見えない(このあたり、若く見えるアジア人の強みか?劇団四季版は違和感がありません)……のですが、有望な軍人、ペロン大佐と恋に落ち、自らの野望のために彼の尻をはたき、貧民たちに演説をして彼らを煽動するころから、俄然輝きを増していきます。

現存する写真の中のエバ・ペロンは優雅な姿ばかり見せていますが、そこに至るまでにはこんな奮闘の日々があったのだと納得させる、「泥臭い」ヒロイン。オリジナル・アルバムで同役を歌ったジュリー・コヴィントンにも通じる、パンチのあるソプラノで「Rainbow High」の「私は民衆の生まれだから彼らを喜ばせるため、お洒落をして輝かなくてはいけない」といったくだりを痛快に聴かせます。
『EVITA』Photograph by Darren Bell

『EVITA』Photograph by Darren Bell

ボブ・トムソンとビル・ケンライトによる演出はややシンプルなセットを使ったオーソドックスなもので、ペロンとエビータのその時々の社会的位置づけを明確にしているのが特色。特に序盤は政情不安の中で目まぐるしく状況が変わっていくのですが、ペロンと他の軍人たちとの出世争いは通常の「椅子取りゲーム」に、一人ずつ首に袋を被せられて連れ去られるという血なまぐさい描写が加わり、その熾烈さを強調。労働者たちの支持を得たペロンに恐れをなした軍人たちがペロンを逮捕するが、エバの演説によって民衆が動き、彼が再び権力の座にかえりつく様も分かり易く表現されています。

前ページのインタビューで作者ティム・ライスは、「(本作はエバのダークな面も批評的に描いているが)今回のプロダクションは若干彼女へのシンパシーが勝った演出だと思う」と語っていましたが、クールな表現の劇団四季版を観慣れた日本人観客からすれば、後半に子供たちが再度登場し、エビータの聖女化ムードを強調したり、病に倒れたエバをペロンが「Don’t ask anymore(劇団四季版での訳詞は「俺は知らない」)」と言った後に去ることなく始終付き添っている様子などを見ると、6割どころか8割がた、エバへのシンパシーを表した作りに見えます。また92年のマドンナ主演の映画版のために作られたナンバー「You must love me」が挿入されているのは、劇団四季版には無いだけに新鮮。

エバの最期は、彼女が横たわるベッドが一瞬囲いに覆われ、もう一度現れた時、それが白いシーツに包まれていることで表現。そこに霊となったエバが現れ、辞世の句とばかりに「lament」を歌い、名残惜しそうな足取りで去って行く……。どこか“祇園精舎の鐘の声……”と『平家物語』の一節を彷彿とさせる、人生の儚さに満ちた幕切れです。ロンドン公演は11月1日まで。ペロンの愛人、ミストレスのナンバーなどはかなり音量が絞られますので、1階前方席を選ぶとより作品に入り込みやすいでしょう。

*公演情報*
EVITA』2014年9月16日~11月1日=Dominion Theatre


投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。