14時間ダイエットは食事内容に制限なし!14時間断食をするだけ

食事制限なしの「14時間ダイエット」!

食事制限なしの「14時間ダイエット」!

「14時間ダイエット」とは、1日の食事を10時間以内におさめ、残りの14時間は一切食事を摂らないというダイエット法です。それさえ守れば、10時間以内は何を食べてもOKなので、ストレスなく手軽に実践できるのが魅力です。そこで今回は、「14時間ダイエット」の実践方法やポイントを詳しくご紹介したいと思います。
 

14時間ダイエットとは14時間断食・10時間以内に食事を済ませる

「14時間ダイエット」は、10時間以内に食事を済ませるのがルールになるので、例えば朝の8時に朝食を食べた場合、夕食は18時までに終えることになります。自分のライフスタイルに合わせて食事の時間を調整できますが、20時以降の食事はダイエット効率を妨げるので、夕食を遅くするなら最低でも10時~20時の間で1日の食事を済ませましょう。

また、夜に外食の予定が入ってしまう場合などは、食事のスタートとフィニッシュの時間を少しズラす必要がありますが、できれば日々の食事時間は規則正しく摂るのが理想です。
 

14時間ダイエットで痩せる理由!代謝アップ&脂肪燃焼に役立つ!?

■その1 断食効果
14時間のプチ断食が痩せる理由

14時間のプチ断食が痩せる理由

「14時間ダイエット」では、1日の食事を10時間以内に済ませるわけですから、残りの14時間は何も食べない状態となります。ダラダラと1日中食べていると、食べたもの全てを消化することが間に合わず、脂肪になりやすいといわれていますが、「14時間ダイエット」は、毎日14時間何も食べない状況を繰り返すので、その間は断食している時と同じような状態を体内で作れます。

つまり、夜のうちにその日に食べた分をスムーズに消費できたり、胃腸を休ませることができます。これが、翌朝の排泄をスムーズにする、代謝作用が優先される、脂肪として蓄えることなく痩せ体質に導く、といった効果につながります。

■その2 夜型生活が改善
遅くても夜の8時までに食事を済ませることを理想としているので、自然と夜中に食事を摂る習慣がなくなります。朝型のライフスタイルを実践することは交感神経が優位になり、代謝アップ&脂肪燃焼にも役立つので、健康的なダイエットライフが習慣化しやすくなります。

■その3 本来の食欲を取り戻せる
「14時間ダイエット」を繰り返すうちに、空腹で目覚めるという清々しさを味わうことができます。これまでの夜型生活で「朝はいつも胃がムカムカしていた……」という人は特に、久々の空腹感を思い出すと同時に、お腹がすいたら食べるという本来の食欲を取り戻すことができるので、無駄な食欲が自然におさまるというのもメリットです。
 

14時間ダイエットで気を付けるべきこと!飲み物や意識すること

ダイエットへの意識を高めることも重要!

ダイエットへの意識を高めることも重要!

■食事内容を少しずつ意識する
10時間内は何を食べてもOKですが、毎回高カロリーの食事やジャンクフードばかりではダイエット効果も半減しますし、健康を損ねる恐れもあります。ダイエットも健康目的が最優先なので、なるべく品数豊富にする、加工食品を控えるなど、食事内容も意識することで効果がアップするでしょう。

■食事前に野菜ジュースや豆乳を飲む
空腹状態でいきなり食事を摂ると、血糖値が上昇しやすくなります。血糖値の急上昇は、インスリンの分泌過剰によって脂肪をため込みやすい体質となりますが、食事前に野菜ジュースや豆乳を飲むことは、血糖値上昇をゆるやかにする効果が期待できます。さらに、食事前に野菜ジュースや豆乳を飲むことで、空腹感をおさめるという効果もあるので、早食いやドカ食い予防にもつながります。

■よく噛む
噛むという行為は、「ヒスタミン」という物質を多く分泌します。「ヒスタミン」には食欲を抑える効果があるので、自然に食事量をセーブすることにつながります。一口30回を目安に、よく噛む習慣を身に付けることも大事です。

■軽いエクササイズを習慣にする
これまでの食生活と比べると、1日で食事を摂る時間が短いので、食べてはいけない時間=14時間をどう乗り切るか!がポイントとなります。この間に軽いストレッチ、ウォーキングなどを行うと◎。気分転換にもなりますし、習慣にすることで代謝のよい痩せやすい体質になるでしょう。

■お風呂に入る
入浴には食欲を抑制する効果があります。内臓に血液が集中していると胃の働きが活発になって消化が進み、お腹が空きやすくなりますが、入浴によって体温が上がり体表面に血液を循環させることで食欲がおさまります。また、入浴の際にシダーウッドやサンダルウッドといった木の香りの入浴剤を入れると空腹のイライラを抑える働きがあります。その他、オレンジやグレープフルーツのような柑橘系の香りには食欲を抑える効果があるので、香りを活用するのも良いでしょう。

「○○を食べてはダメ!」というわけでもなく、食事を極端にセーブする必要もないので、ストレスなく実践できるのが「14時間ダイエット」の魅力です。

食べることが大好きな人や、夜に重い食事を摂りがちな人には、効果抜群のダイエット法だといえるでしょう。秋太りが気になる&年末年始を前にダイエットしたい!という人は、是非チャレンジしてみて下さい!

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ダイエットは個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して体調不良を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮したうえで、正しい方法でおこなってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。