ノルウェーで一度は滞在したい憧れのホテル

外観

ホテル・ウレンスヴァンの窓越しから見える景色は圧巻。温水プールやフィヨルドでフィヨルドや山々を見ながら泳ぐこともできる Photo:Asaki Abumi


ノルウェー料理

グルメなノルウェー料理ブッフェが有名 Photo:Asaki Abumi

ノルウェー西部、ハダンゲルフィヨルド地帯にあるロフトフース村には、ノルウェー王室御用達の有名な老舗リゾートホテルがあります。1846年より経営されているホテル・ウレンスヴァンは、フィヨルド、氷河、美しい山々に囲まれています。ホテルから眺める景色は絶景で、静かな自然の中に見も心もゆだねていると、日常の疲れも一気に解放することができるのではないでしょうか。

特にノルウェーのソニア王妃のお気に入りのホテルとして知られており、ロビーには王室御一家の写真が飾られ、王室専用の特別な部屋も用意されています。日本の団体ツアーも数多く訪れ、世界中からの観光客や著名人も利用。ノルウェー人も一度は泊まってみたいホテルとして数々のメディアや旅行ランキングで高評価を得ています。

ノルウェーの伝統が伝わるクラシックなインテリアと、
贅沢なオプショナルサービス

客室

クラシックな色合いで、部屋ごとに調度品や内装が異なる。廊下には伝統的なタペストリーも飾られており、客室以外の空間演出もぜひチェック Photo:Asaki Abumi

客室

スタンダードルーム Photo:Asaki Abumi

ホテルの客室は、スタンダードルーム、デラックスルーム、スイーツなどがあり、部屋ごとにインテリアが異なります。数人で宿泊可能なファミリールームは家族連れや複数の友人同士の旅行におすすめ。なによりうれしい点が、ほとんどの部屋にバスタブがついていることでしょう。客室だけではなく、ロビーや廊下などホテル全体が豪華なサロンのような空間演出となっています。ホテル全体の内装は歩きながら見ているだけでも楽しめそうです。周辺に広がるフィヨルド沿いの庭やリンゴの果樹園の散策もおすすめ。

バスルーム

ほとんどの部屋がバスタブ付き Photo:Asaki Abumi

オプショナルサービスも充実しており(宿泊料金込み)、屋内・屋外の温水プールでは山々やフィヨルドを見渡しながらスイミングを楽しむことができます。温水プールの隣にはフィヨルドが広がっており、夏にはフィヨルドで海水浴もできます。さらにサウナ付きなので、水泳&サウナはぜひとも体験していただきたい無料サービスです(水着も無料で貸し出し)。別料金でテニスやゴルフなどのスポーツも可能です。


おいしいノルウェー料理とデザートを贅沢に

レストラン

レストランでのブッフェはうれしい悲鳴をあげたくなるほどの豪華なメニューがずらり。ホテルのスタッフの制服はノルウェーの伝統衣装ブ-ナッドを意識したもの Photo:Asaki Abumi

デザートブッフェ

こんなに贅沢なデザートブッフェを味わえるのはこのホテルだけ! Photo:Asaki Abumi

ホテル・ウレンスヴァンが他のホテルと大きく異なる点は、周辺のゆったりとした自然がもらたすリラックス感に加えて、レストランの驚くほど贅沢なメニューです。夕食ブッフェはお見逃しなく! これでもかというばかりの伝統的&モダンなノルウェー料理がずらりと揃っており、お皿にどれをとろうか迷ってしまいます。アジア料理もあり、お腹を満足させられること間違いないでしょう。そして最後にうれしいのがデザートのブッフェ。約20種類のノルウェーの伝統的なケーキやデザートが食べ放題となっており、甘いもの好きにはたまらない北欧のスイーツが並びます。レストラン会場では生演奏もあり、豪華な時間を過ごすことができるでしょう。

トロルの舌を目指す登山客にもおすすめ!

トロルの舌

ノルウェーの絶景の岩場「トロルの舌」 Photo:Asaki Abumi

ホテル・ウレンスヴァンはフィヨルド観光客やノルウェー国民だけではなく、登山客にも人気。「世界最大の怖い絶景スポット」とも言われている「トロルの舌」を目指す旅人にはおすすめの宿泊施設です。「トロルの舌」を目指す当日は、早朝からの出発が必須となるために朝食ブッフェの時間に間に合わないことも。また、登山中の食料も事前準備も要となり、食糧確保の余裕がない時は、ホテルの受付に申し出ると登山客用のシンプルなお弁当セット(サンドイッチ、果物、チョコレート、ドリンク)を有料で用意してくれます(140~250ノルウェークローネ)。登山で帰りが遅くなり、レストランが閉まった後でも、事前にフロントに申し出るとディナーが用意されます(宿泊料金にディナーが含まれているので無料)。

別記事「ノルウェー絶景の岩場「トロルの舌」へのアクセス」

ホテル・ウレンスヴァン

ホテル前に広がる静かで美しいフィヨルド Photo:Asaki Abumi

<DATA>
Hotel Ullensvang (ホテル・ウレンスヴァン)
住所:5787 Lofthus
TEL: 53 67 00 00
エリア:ノルウェー西部、ハダンゲルフィヨルド地帯、ロフトフース村
おおよその大人1人当たりの1泊平日の冬料金(2014年9~4月):(朝食と夕食付き)果樹園方面のダブルルーム1095ノルウェークローネ。シングルルームは追加料金360ノルウェークローネ、フィヨルド方面の部屋は追加200ノルウェークローネ
夏料金(2015年5~8月):(朝食と夕食付き)果樹園側のダブルルーム1990ノルウェークローネ、シングル1355ノルウェークローネ
おすすめアクセス:フェリーでLofthus港から徒歩約5分
客室数:168

Hardangerfjord(ハダンゲルフィヨルド観光局)
Fjord Norway(フィヨルドノルウェー)
■フィヨルド観光を計画、「ノルウェー・ナットシェル」周遊チケットと宿泊先をセット購入するならフィヨルドツアーズ(Fjord Tours)のサイトが便利!

※1ノルウェークローネは2014年9月現在、約17.2円。おおむね17円前後で推移。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。