歌手をめざしたきっかけ

ガイド:
カンアキトシさん、どう呼ぶのが一番いいですか? 先日は六本木SuperDeluxeで行われた「ゲインズブール・ナイト2014」で初めてお目にかかりましたが、カンアキトシ(akitoshikan)というお名前を見た時、僕は勝手に男性だと勘違いしていました。今日はインタヴューを通じて深層に迫るつもりなので、よろしくお願いします。

カン:
みんなからは「カンちゃん」とか、大学の同級生や先輩は「アキトシ」と呼びますね。サエキけんぞうさんからは「カンさん」とかいろいろです。
akitoshikan

カンアキトシ


ガイド:
じゃ、カンちゃんで。歌手に成りたいという願望をもったのは、いつ頃ですか?

カン:
はっきり決意したのは10歳の時ですね。2歳から祖母に歌を教えられていたので、なんとなくやっていた、という感じでしたが、6歳くらいの時に、録音した声があまりにも気持ち悪くて「わっ!私の声って、なんて気色悪いんだ!」って実はショックでした。

ガイド:
さいさきはあまりよくなかったんですね。

カン:
当時、あるオーディションで中森明菜さんの歌を歌ったら。猪俣公章先生が「それはどこで習ったんだ?」と聞かれ、「ラジオを録音して聴いていました。」と答えました。そしたら、「キミの声は素晴らしい!色気がある!」とか言われた事があったんですが、それがきっかけでボイストレーニングに通う事になりました。しかしながら、全く自覚がなく、「そうか…」としか覚えてないですね。ちびっこ歌合戦のオーディションをかなり受けさせられていて、島倉千代子さんの歌とか歌わされてたんで、且つプロデューサーさんからも否定的に言われたり、凹む事ばかりでした。

ガイド:
子供なのに「色気がある!」…いいじゃないですか(笑)。

カン:
しかし、ある日、それが10歳ですね。渡辺美里さんの「My Revolution」を聴いた時に、彼女の声にとても惹かれたのです。恐れ多いですが、自分の声にもちょっと被るところがあるんではないかと。…初めて自分の声が好きになりました。

ガイド:
お祖母さんの話がありましたが、カンちゃんがその頃いた環境に触発された部分もあるんでしょうか?

カン:
あとは母方の叔母が既に歌手で、宇多田さんのお母さんの結婚式に行くほど仲が良かったらしいです。

ガイド:
僕の世代には藤圭子さんの方で十分通じます(笑)。

カン:
母は叔母を連れて平尾昌晃音楽スクールに通っていて、叔父はジャズのトランペット吹きだったらしく、福岡によく海外アーティストを呼んでいたという事は聞いています。

いじめられてました

ガイド:
学生時代はどんな少女だったのですか?

カン:
小学生の時は、いじめられてました(笑)。中学も、いじめられていました。思い返してみると、口の利き方が尖っているというか…生意気な子供だったかもしれません。地方のテレビにも出演したりして、目立って鼻につく…思った事を素直に言ってしまう自分の発言にも原因があったのかと…

ガイド:
子供社会の暗黙の規範をやぶっていたんでしょう。「イジメ、ダメ、ゼッタイ」を聴かせてあげたかったです。で、高校で変わったのですか?

カン:
高校では部活もなく、いじめもないかわりに、みんな黙々と大学へ行く為の勉強してましたね。
なんか心がないっていうか、うすっぺらい生活になんの楽しさもなく、ダンス教室に通ってましたね。バンドもやってました。実は、さっきお話しした昔のいじめっ子というか中学の先輩となぜか仲良くなって、ティーンズミュージックフェスティバルまで出てましたよ(笑)。でも、仲良くしてくれていたお友達は2人だけで、小学校、中学、高校、今でも仲良くしてくれています。親友と呼べるのはその2人だけです。同じミュージシャンが好きだったのもあって音楽の話をしたり、私の苦悩や悩みを今でもずっと聞いてくれててくれていました。勿論パール兄弟も良く知っているから、今のこの状況をびっくりされているくらいです(笑)。

 


デモテープがきっかけで

ガイド:
1994年頃、Reggae Disco Rockersのゲスト・ヴォーカルをやっていた時期もあるんですよね。Reggae Disco Rockersとしてはまだ初期段階かと思いますが、どのような繋がりで? レゲエ自体にはそれほど詳しくありませんが、一時レゲエ歌謡やJ-POPのレゲエリミックスを調べていた時期があって、Reggae Disco Rockersは好きなグループです。特にラヴァーズ系。

カン:
すごいレアな事を知っていますね、ありがとうございます。鄭秀和さんがデモテープを聴いてくださって、高宮永徹さんを紹介してくださったのが始まりですね。

ガイド:
鄭秀和さんはTOWA TEIさんの弟ですね。高宮さんとはそしてどのように?

カン:
どちらかというと(高宮)永徹さんのLittle Big Beeがメインだったんですが、Reggae Disco Rockers の当時ボーカルだった方が歌えなくなった、という理由で、ほぼピンチヒッター的な感じで参加させて頂きました。今思うと、LITTLE TEMPOのHAKASEさんや、audio activeの西内さんら豪華なメンバーの中で歌わせて頂き、これは20年経った今だからこそ、ありがたみが分かって感謝です。ただ、当時は大変でした(汗)。

S-KENさんのところに連れて行かれて

ガイド:
蒼々たる人たちですね。「ロッカーズ」繋がり(笑)と言いましょうか、「東京ロッカーズ」の首謀者的存在、S-KENさんがアーティスト発掘のために製作していた『SOUP UP』(1996年)にも参加されていますね。これはLittle Big Beeのヴォーカルですか? クラムボンやLabLife(実は好きで記事も書いています)もこの辺りから出てきたんですよね。

カン:
はい、LIttle Big Beeが先なんです。で、永徹さんにS-KENさんのところに連れていかれて、いろいろお話しました。当時ボニー・ピンクさんもちょうど発掘されていた時期で、私の好きだったエスカレーターズやウルフルズを発掘した方と聞いて、光栄でした。クラムボンやLab Lifeはその後ですね。でも仲良くて兄妹みたいな感じで、みんなで花見したり、食事したりしてましたね。

奈良部匠平さんがプロデュース

ガイド:
1998年にマキシ・シングル『たえまなく愛は眠らない』で念願のソロデビューとなりました。カンちゃんのちょっとやるせないエモーショナルな(これが色気なのかな?)歌声が好きです。これはカンちゃんが作詞されていますが、デビュー曲として、この曲を選んだ理由は?

カン:

先ず、奈良部匠平さんがシングル前提として、楽曲を作ってくださいました。そこに歌詞を乗せるのが、当時の私の初めてのソロ仕事でした。S-KENさんに鍛えられましたが、言葉を紡ぐのには苦労しました。「人はみんな一筋縄では行かない人間関係や葛藤が沢山ある」と思ったのですが、それがゆっくりと昇華していく歌を歌いたくて選びました。

ガイド:

では、奈良部さんについてもう少し訊かせてください。奈良部さんとはどのように繋がってのですか?

カン:

奈良部さんとの出会いは、米米クラブのジェームス小野田さんミュージカル出演でした。ちょうどソロとしてのデビューも決まっていたので、奈良部さんにやって頂ける事になりました。

ガイド:

同年にリリースされたシングル曲を含んだ6曲入りミニ・アルバム『Always Be Your Love』では、全ての作詞はカンちゃん自身。作曲はカンちゃん加えて、プロデューサーでもある奈良部さん。奈良部さんは数々のシンガーのヒットメイカーでありつつも和太鼓によるエンターテイメントショーなども手がけて、幅広い活躍をされていますが、一緒に製作をされてどうでしたか?

Always Be Your Love (amazon.co.jp)
alwaysbeyourlove

Always Be Your Love



 

カン:

厳しかったですよ(笑)。流石、バークレー卒業生、メロディも難しいし、何度も泣きましたね。
そして、渡辺美里さんの編曲家。美里さんを良く知っている方が私の楽曲制作をしようとしてくださったのはもう運命かと思いました。いつか美里さんに会いたい、出来ればデュエットしたいくらいです。私、号泣するでしょうね。

 


体温って温かくなる

ガイド:
オープニングの「体温」を聴いていて、あ、そうか、体温って、男女の関係性のひとつの尺度なんだと、なんだか開眼してしまいました(笑)。これは何か体温が自分で上がっていく実体験をもとにしたものなんですか?

カン:
いいことやときめく事があると人の体温って温かくなると思ったんです。後は何かの共感。当時ACOさんが「揺れる体温」ってリリースされた時はドキッとしましたね。同じ事考えている人がいるって。でも私の体温は揺れてはいませんでしたが(笑)。

DIVAブーム以降の疑問

ガイド:
タイトルトラックでもある「Always Be Your Love」などは、この時期あたりから脈々と続く、TOKYOクラブ系ソウルな感じですね。カンちゃんは、それ以前に活動も含めこのシーンをどのように見ていましたか?

カン:
DIVAブーム到来までは良かったんですが、その後から疑問に変わってゆきましたね。結局R&Bと言いながら歌謡曲になってゆく様が歯がゆかったりで、結局J-POP扱いがなんか嫌でしたね。当時DOUBLEさんが頑張っているのを見て、すごいなーと思いましたが、私が考えていた事はもうビックビートやハウスの方向だったので、それがなかなかレコード会社に伝わらず、苦労しましたね。

竹内まりやさんのカヴァー

ガイド:
続きマキシ・シングル『元気を出して』(1999年)では、竹内まりやさんのカヴァーという意外な展開。高野寛さんもギターで参加をされていますが、この曲を選んだ理由は?

元気を出して (amazon.co.jp)
genkiwodashite

元気を出して



 

カン:
竹内まりやさんの歌のうまさは尊敬なんです。そして彼女と山下達郎さんの楽曲の作り方が前衛的で、それに気づいていない人が多い事を思いました。なので、これはカヴァーしたい!!と思ったんです。山下達郎さんもそうですが、もう私たちの及ばないところで先を見据えた楽曲制作をやられている大先輩として尊敬をこめてこの曲を選びました。そうしたら、たまたまクラムボンのミト君と高野さんとご飯を食べる機会があって、是非一緒にやろう、という事になったんです。

 


しかし、精神状態はボロボロに…

ガイド:
しかしながら、2枚のシングル、1枚のミニ・アルバムでカンアキトシとしてのソロ歌手活動は停止し、ご自身は渡米されますよね。この辺り、どこまで訊くべきか迷う所なんですが、当時の心境を語って頂けませんか?

カン:
ソロデビュー前からつきあっていた男性がいました。ミュージシャンですが、彼には凄いソウルがありました。まだ発揮しきれてない時期でしたが、才能あると尊敬していました。結婚まで考える大好きな人でした。しかし、お互いの両親や職場環境が障害となって、結局別れました。実は、当時私のお腹の中には彼の赤ちゃんがいたのです。全く同じ時期に、UAさんやCharaさんは産めるのに、私は駄目なんだ…という相当な敗北感と絶望とショックで声がでなくなりました。彼は前々から行きたかった異国の地に行き、いつも国際電話で話はしていましたが、しばらくして連絡が途絶えて、情緒不安定になり、精神状態はボロボロになりました。ショックが大きすぎて、何も考えられなくなりました。そして少し時間をおいて、私は渡米したんです。本当に女性は心も体も傷つくんだという事を身を持って知りました。

ガイド:
立ち直るにはかなりの時間と精神力がいったことと察します。でも、そこまでお話しいただいて、ありがとうございます。

カン:
さらけ出して立ち直ろうと自分を奮い立たせているだけなんですけどね(笑)。

enjeuとして再スタート

ガイド:
2005年のアルバム『Introduction』でソロ活動再開となります。ここで、カンアキトシはサブ的扱いで、enjeuという名義になっています。新しい名前にはどのような気持ちを込めたのでしょうか?

Introduction (amazon.co.jp)
introduction

Introduction



 

カン:
「enjeu」 というのは意味は「争点」という意味なんですよ。

ガイド:
「争点」…意味深ですね。

カン:
争点とは「みんなが話し合うテーマ」。私の歌がそういうものを生み出してくれればという想いでつけました。アルバムの収録曲も、それぞれ私がインスパイアされた人や歌から生まれました。私の歌からも誰かをインスパイアできたらと。

ガイド:
「Break Through The Light」「Getting Higher」等を聴いていると、サウンドの方向性は、よりジャジーによりブラジリアンになっていますね。これは、約5年のブランクでの体験が影響したのでしょうか?

カン:
もともとやりたい方向性がメジャーの時に打ち出せなくて、というか理解されず、これだけブランクが開いた、という感じですね。そしたらボサノヴァブームも到来、みたいな。

ガイド:
「Break Through The Light」は、松本浩一さん(sonicballon名義) によるリミックスもあり、とても相性のいいリミックスで好きです。Urban Danceのことを昔教えて頂くために、松本浩一さんにはお世話なりましたが、この感じの音でぜひもう一度ライヴで聴いてみたいです。

カン:
ありがとうございます。是非何かの機会でライヴをやらせてもらいたいです,松本さんも今関西にいると聞いているので飛び入りして来たら面白いですね。

ガイド:
「The Creator Has A Master Plan」は、テナー・サックス奏者として知られるファラオ・サンダースのカヴァーですね。僕自身詳しい分野ではないですが、クラブジャズ系の文脈でも人気のある方だと理解します。カンちゃんがこの曲を選んだ理由は。

カン:
RoutineというDJ集団が渋谷にあるバーインクスティックでいつもイベントをしていたんです。
彼らがリリースしたアルバム『Routine』が大好きで、その中でも「The Creator Has A Master Plan」のヴォーカルの方の声の感じに自分が共感したところからやらせて頂きました。

 


estrangeiroのヴォーカルとして

ガイド:
アルバムは「Intro - The Theme Of Estrangeiro」から始まります。同じ年、estrangeiroというグループのメンバーであり、そこにも繋がっているんですよね。

カン:
そうです。そうなるようにと繋げてやりました。なのでenjeu-estrangeiroは繋がっている、というアプローチがしたかった作品です。

ガイド:
ちょっと話がestrangeiroに飛びますが、2000年あたりですでにestrangeiroにも参加されていて、ソロと同じ年にアルバム『estrangeiro』をリリース。グループ名はポルトガル語で「異邦人」という意味ですね。ラテン、カリビアン、アフロ、日本の民謡まで取り込んだWorld Music meets Club Music的な音作りとなり、今までのカンちゃんのフィールドとは違っていますが、ヴォーカリストとして苦労された点などあれば、教えてください。

estrangeiro (amazon.co.jp)
estrangeiro

estrangeiro



 

カン:
意外にも、歌に関しては全く苦労しませんでした。特に「Moea」という楽曲は即興で作りましたし、ほとんど歌は即興ですね。何も考えず、自分の中から出てくるものを素直に出した、という感じです。バックトラックを作っているチームはいろいろこねくり回して考えていたみたいなので、そこはもしかしたら苦労したかもしれませんね。歌い手としては一番楽に歌えた作品です。

このまま続けていたら私が駄目になる

ガイド:
しかしながら、『Introduction』以降、再び、歌手活動は休止されます。ここで人生二度目の転機があったのかなぁと想像しているのですが、何があったのでしょうか?

カン:
estrangeiroとは2000年くらいからやってきたのですが、その間にメンバーも変わり意思の疎通も難しくなり、自分が当初考えていたバンドの運営方法とかけ離れて行くと感じました。バンド活動の中ではありがちな事かもしれませんが、そういう環境の中で続けていても、私自身が駄目になると思い、私はestrangeiroというか、歌手としての活動を一旦断ち切る事にしたのです。

飲んだくれていたらソムリエに

ガイド:
『Introduction』のジャケにチリ産のLos Vascosのワインボトルが写っていますね。

カン:
Los Vascosはカメラマンさんがたまたま好きなワインだったみたいで、そこに置いてあったので(笑)。

ガイド:
カンちゃんは現在ソムリエとしてもシャンパン・バーのプロデュースもやっていますが、ソムリエになろうと思った理由は? 

カン:
ソロ・デビューの時におつきあいしていた彼と別れて、精神がボロボロになって、行く先が見えなくなりました。声の為に一切飲まなかったお酒を25歳で初めて私は飲んだんです。それが「ロマネ・コンティ」。目が開いたような感覚になり、それからワインというワインを探して探求しました。というか飲んだくれてました(笑)。気がついたらソムリエ資格を取っていました。取ってなかったら、ただのダメ目人間になっていたと思います。今でも十分ダメダメですけど(笑)。ただ、ワインの仕事をするにあたっては広く浅くというよりも唯一のものを皆さんに楽しんで頂きたいと考え、シャンパーニュに絞りました。有り難いことに、飲食関係者の方々の来店もあるので、新人発掘のような(笑)気持ちで新しいアイテムを紹介するのが楽しいですね。

ガイド:

僕自身あまり飲めない質なのですが(美味しそうにグイグイ飲める人が羨ましくもある)、飲んだくれて、ソムリエ資格を取るというのはとても建設的ではないですか! ソムリエ修行はどの時期にされたのでしょうか?

カン:

NYから戻って来て一旦飲食の会社と広告代理店に入りました。どうも会社が合わなくて、大学院受験をしようと、その間に働いた「NOBU TOKYO」というレストランで修行、というか、教えてもらいました。ほとんどがソムリエで、ソムリエが当たり前の世界の中で、高級ワインがバシバシ開く中、毎日皿洗いしながら、でした。

 


いつか歌ってくださいね (ゲンズブールナイト)

ガイド:
先日の「ゲンズブールナイト2014」は、歌手としては久々のステージだったんですよね。もう一度歌おうと思った訳は?

カン:
3年前、サエキさんといろいろ話していて「今は歌う気持ちになれない。」と伝えました。そうすると「いつか歌ってくださいね」と言ってくださいました。すぐに叶わない事は分かっていましたが、ゲンズブールナイトに出演するアーティストの皆さんに触発されて今回の経緯に至りました。特にいまみちさんや、日比谷カタンさん、野田幹子さんらには触発されましたね。野田さんはソムリエの先輩としても、不思議な出会いを感じます。本当に姉さんみたいな存在です。

ガイド:

ゲンズブール、フレンチというテーマはありましたが、色々な人たちが出演したイベントでした。イベントに出演したことで、刺激を受けた部分とかありましたか?

カン:
今回アーバンギャルドさんやレ・カプチーノさんらとご一緒させて頂き、相当刺激になりました。
いや~。人として凄い!としか言えないです。歌う事以前に、人として感動しました。歌を歌う事は人としての成熟やひたむきさを思い出させて頂いた気がします。

ゲンズブールナイトOSAKA

ガイド:
10月13日には大阪でも「ゲンズブールナイト」を計画されていると聞いていますが、ぜひここでどんなイベントにしたいか教えてください。

カン:
ゲンズブールや彼が関わった歌姫たちに興味がある方々に楽しんで頂けるイベントになれば、嬉しいです。日本だけではなく、ベルギーからのゲストにも来て頂きます。

ゲンズブールナイト OSAKA
日時:10月13日(祝)
場所:京橋ベロニカ
17:00 open / 17:30 start
前売り2500円 / 当日 3000円
 (ともに飲食代別別途かかります) 
LIVE
  • サエキけんぞう&クラブ・ジュテーム(from 東京)
  • おおたえみり(from 東京)
  • Alek et Les Japonaises(form ベルギー)
  • 中村扶実
  • カンアキトシ 
DJ
  • グルーヴあんちゃん
  • Chou Chou (VELVET MOON) 
VJ
  • Yamaten(VELVET MOON)
  • Matsukawa

再び…

ガイド:
新たに歌手活動を考えるにあたって、やってみたい事などがあれば、教えてください。

カン:
まだ模索中なのですが、やりたい事は絞って、シンプルに伝える方法を今のメンバーで組み立てたいです。現在、アルバム制作を中心にしつつも、音楽だけでなく、シャンパーニュにも繋げてその世界観を幅広く表現できればいいな思っています。

ちゃんと楽曲をきいてくださり、本当にありがとうございます。
10月13日の大阪でのゲンズブールナイトも是非、皆さんに喜んで貰えるよう頑張ります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。