知らなきゃ損?!太りにくい身体作りにはスクワット

キング オブ エクササイズとも呼ばれている「スクワット」。そう呼ばれるだけあり、シェイプアップ効果は絶大なもの。
下半身

キング オブ エクササイズと呼ばれるスクワットで永遠の美ボディに

スクワットは正しいやり方さえマスターすれば、これだけで十分では?と思えるほどの、美ボディには欠かせないボディメイク方法になるんです。スクワットと言うと、「ただただ辛い」「筋肉がつきすぎる」「足が太くなる」というイメージを持っている方も多いかもしれません。しかしながらそんなイメージとは裏腹に、 正しいフォームで行う事でとっても効果を発揮するので、少ない回数でも効率よく脂肪を燃焼し、継続することで筋力もほどよくUPしていきます。

スクワットは身体の大きな筋肉を効果的に刺激することができ、脂肪の燃焼効果が期待できます。大きな筋肉を使うことで代謝もあがり、下半身だけでなく、全身の脂肪燃焼やヒップアップにも効果は抜群です。また、正しいフォームで行うことで腹筋や背筋も鍛えられ、さらには骨盤のゆがみを直し、基礎代謝を上げてくれる効果もあるのです。

今回は知っていて損はない、女性でも行いやすく、なんといっても続けやすい簡単なスクワット方法をご紹介します。太ももやふくらはぎ、下腹部、ヒップなど下半身を効果的にダイエットしたい方、太りにくく痩せやすい体を作りたい方には特にオススメですよ。


今すぐマスター!1日5回から始めるスクワット


下半身

つま先を平行に、脚を肩幅に開いて直立します

脚を肩幅に開いて直立します。
つま先は左右平行になるように真っ直ぐ前を向けましょう。

 

下半身

両手を脚の付け根に添えます

両手を脚の付け根に添えます。

 

下半身

手を真下に押すことで、腰も真下に落としやすくなります

添えている手をそのまま真っ直ぐに押しながら、腰も同時に真っ直ぐ下へ落としていきます。
※太ももが地面と平行になるくらいまで腰を落とせるとベストですが、最初のうちはそこまで曲げられなくても大丈夫ですので徐々に慣らしていきましょう。

 

下半身

膝が伸び切らないところまで3秒かけて腰を上げていく

約3秒かけて下げられるところまで腰を下げたら、ゆっくりと3秒かけて腰を上げていきます。
※腰は最後まで上げず、膝が少し曲がった状態でストップ!

 

下半身

そのまま再び3秒かけて腰を下ろしていきます

そのまま、また3秒かけて腰を下ろしていきます。

 

下半身

3秒で上げて3秒で下げる、これを5回繰り返すだけ!

呼吸をゆっくりと続けながら、腰を3秒で上げて3秒で下ろす。この動作を5回繰り返すだけでOK!
(上げ3秒+下げ3秒)×5回=30秒

 

まずは1日5回からチャレンジ!
少ない回数なら気軽に出来るので、朝起きて5回、お昼休みに同僚と一緒に5回、お風呂の前やおやすみ前に5回……などと、生活の一部に取り入れやすくなります。慣れてきたら少しずつ、回数やセット数を増やしてみてくださいね。

次のページで重要なフォームチェック!
正しいフォームは是非マスターしてください!

≪次のページ≫正しいフォームのポイント