子どもは迷惑?子連れ参加は虐待?

子どもといっしょにフェスを楽しむ

子どもといっしょにフェスを楽しむ

子連れでフェスに参加する親について、一部では「子どもがかわいそう」「混雑している場所でベビーカーは邪魔」「非常識」などの批判的な意見もあります。フェスに乳幼児を連れていくなんて親のエゴだ、という意見を実際に言われたこともあります。

ひとことで「音楽フェス」といっても、音楽の種類や混雑具合、自然環境もさまざまですから、どのフェスも一様に「子ども連れでも大丈夫」とは言いませんが、日本を代表する野外音楽フェス「FUJI ROCK FESTIVAL」(以下フジロック)は、子どもを連れていても快適に過ごせるよう、会場内にさまざまな配慮を施しています。子どもが森の中で遊べる「キッズランド」も年々その規模を拡大し、フェス期間中、ほとんどの時間をここで過ごす親子もいるのだとか。会場内にいる子どもたちの表情は、ぐずって泣いている子よりも、生き生きと瞳を輝かせている子のほうが、圧倒的に多いのです。

以下、親子で楽しめるフジロックの様々な取り組みについてご紹介します。

森のアスレチック「KIDS LAND」

森のプレーパーク「キッズランド」

森のプレーパーク「KIDS LAND」

グリーンステージとホワイトステージの間にあり、どちらのステージの音も遠くに聞こえる程度の比較的静かな環境に、子ども専用の遊び場があります。木で作られた大きなすべり台やブランコ、メリーゴーランドや工作スペースなどが設けられ、「自分の責任で、自由に遊ぶ」というコンセプトのもと、子どもたちが自由に遊びを創造できるプレーパークです。雨天時に避難所にもなる室内の遊び場には乳児を連れたお母さんのための授乳室もあります。

キッズランドテント内

キッズランドテント内の遊び場と授乳室

刃物や工具を使っての木工体験、自然を生かして作られた大掛かりなアスレチックスなど、わくわくするような遊びが体験できることに加え、フェイスペインティングや絵本の読み聞かせなど楽しい企画が随時開催されています。経験豊かなプレイリーダーが子どもたちを見守っているのも大きな魅力。ただし託児スペースではないので、親がしっかりと見守りながら一緒に森の中で遊ぶ気持ちよさを体験できる場所です。

プライオリティーテント

メインのグリーンステージ後方に、からだの不自由な方、子ども連れ、妊婦のための屋根のあるスペースが設けられています。自然環境の苛酷な野外フェスは、雨や日差しをしのげるだけでずいぶん快適になります。プライオリティーテントの前の入り口部分は大きく開かれていて、芝生スペースではシャボン玉を楽しむ子どもや、音楽にあわせて踊っている子どもなどのほほえましい姿を見ることができます。
プライオリティーテント前の芝生

プライオリティーテント前の芝生


救護テントでオムツ替え・授乳ができます

上記のキッズランド以外に、各ステージに設けられている救護テントで、授乳、オムツ替えをすることが可能です。ミルク用のお湯のサービスもあります。当たり前のことですがオムツの用意はないので、必要な枚数を各自しっかり用意する必要があります。

ファミリー限定の宿泊プラン

子ども連れファミリーを対象にした宿泊プランが今年からスタートしました。猿ヶ京温泉エリアの旅館に宿泊、小学生以下の子どもは全泊半額で、3泊以上の利用で会場の場内駐車場つきといううれしいプラン。天候などによっては速やかに宿へ行き来できることが、子ども連れ参加には必須条件となるので、場内駐車場が利用できるという特典はかなりありがたいですね。


ドラゴンドラで空の遊覧

ドラゴンドラ

世界最長「ドラゴンドラ」

入り口ゲートから一番奥のステージまで歩くと30分以上かかることもあるほどの広い会場なので、3日間ですべてを満喫することはほぼ不可能ですが、子ども連れに特におすすめしたいのが「サイレントブリーズ」というエリア。全長5.5kmの世界最長ゴンドラ「ドラゴンドラ」(有料)に乗って、アップダウンを繰り返しながら美しい森の奥深くへといざなう、20分の空中散歩。標高1346mの山頂駅を降りると、涼しい風が迎えてくれます。参加者の10人にひとりしか行っていないという、比較的混雑の少ないエリアなので、のんびりと山の空気を味わうことができる場所。山頂のレストハウスのお手洗いにはベビーベッドがあるので、オムツ替えにも重宝します。

小学生以下チケットは無料

小学生以下の子どもは保護者の同伴に限り、入場無料です。宿泊や交通費、準備にお金がかかる子ども連れにはとてもうれしい配慮です。ちなみに、会場内のキッズランドやプライオリティテントなどの利用に関して料金はかかりません。子ども連れ参加の場合、ライブを見る回数、時間は必然的に少なくなりますが、だからこそ子どもと一緒に遊べる場を充実させて、子ども連れ参加を応援するという主催者側の配慮を感じます。

夏の思い出作りに

川遊びスポット

ところ天国付近の川遊びスポット

会場内での行動は、基本的に「自己責任」。木に登ろうが、川に入ろうが、泥んこになって遊ぼうが、マナーを守れば何をして遊んでもいいのです。そんなフジロックの会場で、川遊びに最適なエリアといえば、ホワイトステージの手前に広がる「ところ天国」。ここに流れる川は浅瀬で遊びやすい上、子どもたちの姿にまぎれて、「ゴンちゃん」という石のキャラクターたちが特にたくさんいるエリアでもあります。「ゴンちゃん」はロンドンのアーティスト、ゴードン・マクハーグさんの作品で、会場内のいたるところに存在しています。なんとこの「ゴンちゃん」たち、最終日には記念に持ち帰ることができるのだそう。その理由は、苗場の景観を守るため。石ですから相当重いですが、川で一緒に遊んだゴンちゃんを連れて帰ることができる、こういうところが、フジロックの魅力のひとつでもあると感じます。
ゴンちゃん

石のアート作品「ゴンちゃん」


子どもは何歳からフェスに行っても大丈夫?

アウトドアガイドをしていると「子どもは何歳からキャンプに行けますか?」といった質問をよく受けるのですが、アウトドアに慣れ親しんでいる人なら、子どもが0歳の頃からキャンプに連れ立っていますし、それと同様、フェスに慣れている人なら0歳から子連れで楽しんでいますので、要は子どもが快適に過ごせるよう親が責任を持って努力すること。大人の都合で朝から晩まで連れまわしたり、帰りたがって泣く子を放っておくなどといったことがないことを願うばかりです。

私も実際、子どもを連れてフジロックに参加していますが、息子が最初に参加した3ヶ月のときも、それ以降も、会場ではニコニコして不快な表情や泣くことはあまりありませんでした。2歳で参加した今年は、ステージが始まるたびに体を揺らし、リズムに合わせて踊っている姿が印象的でした。
最終日までニコニコ

最終日までニッコニコでした


親子でフェスに参加するなら、事前に情報を収集しあらゆる事態を想定して状況による綿密なシミュレーションを行うなど、子どもの安全と体調管理についてしっかり考えておきましょう。そして、しっかりと準備をしたなら自身を持って、子どもと一緒に大いにフェスを楽しみましょう。親が楽しそうにしていると、子どもも一緒に楽しんでくれますよ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。