モデルプラン(2)ワンフロア内に床の高さを変えた空間を配置

2階フロア全体を、3段のゆるやかなスキップでつなげたプランです。床が段々に高くなる空間は適度な距離感がありつつ、どこにいてもお互いを見渡すことができるので、家族を身近に感じながら、個の時間も楽しみやすい間取りといえます。

建物の1階にガレージをビルトイン。ガレージの天井を低く抑え、上部階の空間を高天井にすることもできます

建物の1階にガレージをビルトイン。ガレージの天井を低く抑え、上部階の空間を高天井にすることもできます


断面図

断面図【クリックで拡大します】


2階の1段目は、天井が高く開放感が得られる「スキップリビング」。2段目は、食事と集いを楽しむ空間の「スキップダイニング&キッチン」。3段目は、子どものための「スキップスタディー」を備えた子ども室です。

雨に濡れずに荷物の積み下ろしができるビルトインガレージ。自転車など、屋外で使うモノを置くのにも便利

雨に濡れずに荷物の積み下ろしができるビルトインガレージ。自転車など、屋外で使うモノを置くのにも便利

1階には、主寝室とビルトインガレージを配置。道路面につながり、1階室内よりも床面が低いビルトインガレージは、通常の居室より天井を低く抑えることができるため、上部階の「スキップリビング」の天井を高くのびやかにすることが可能です。

 
上記のプラン以外にも、高天井の空間の一角にスキップフロアを設ける、部屋の一部分のみ床面を下げてコーナーをつくるなど、スキップの取り入れ方には色々な方法があります。スペースを有効活用しながら、個性的な空間をつくりたいと考える方は、設計士と相談してみましょう。

部屋の一角にスキップフロアを設け、スキップ上部を書斎コーナー、下部を収納に

部屋の一角にスキップフロアを設け、スキップ上部を書斎コーナー、下部を収納に


リビングの一部分や暖炉まわりなどの床面を下げて、リラックス感のあるコーナーづくりを

リビングの一部分や暖炉まわりなどの床面を下げて、リラックス感のあるコーナーづくりを


快適で安心できる住まいにするために

このようにメリットの多いスキップフロアの間取りですが、壁が少ないため、空調が効きにくいのでは?という懸念もあります。光熱費のランニングコストを抑えるためには、気密・断熱性が高い工法を選ぶことが重要ですが、これに加えて家中の温度を一定にできる「全館空調システム」を導入すれば、どのフロアにいても一年中快適に過ごすことができます。

床・壁・屋根で面をつくり、六面体で空間を構成する枠組壁工法(モノコック構造)。高い剛性があるため、スキップフロアの位置や広さを自由にプランできます

床・壁・屋根で面をつくり、六面体で空間を構成する枠組壁工法(モノコック構造)。高い剛性があるため、スキップフロアの位置や広さを自由にプランできます

また、スキップフロアは、「1階、2階」とシンプルに階層が分かれる建て方ではないため、工法によっては構造強度の確保の問題や、施工が難しいことがあります。スキップの位置を自由に決めたり、吹き抜けや大きな窓を配したいなら、構造強度を維持しながら、大空間がつくれる工法を選びましょう。

 
ここまでご紹介したように、スペースの有効活用はもちろん、変化に富む空間がつくれ、お互いの気配が伝わりやすい「スキップフロア」の間取り。これから家を建てようと考えている方は、その魅力をモデルハウスで一度体感してみてください。

【関連記事】
エコ住宅・省エネを考慮した間取り

家族の絆が深まるスキップフロアがある家「tokotoko」
リズミカルにつながるスキップフロアがある「L .T」
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。