夜の音楽。そして刹那的なアドリブに命を懸けるジャズの世界。ジャズミュージシャンの持つイメージに普通の結婚は、あまり似つかわしくないのかもしれません。それでも、ジャズメンもやはり人の子、もちろん恋もすれば結婚もします。今回は、そんなジャズミュージシャン同士の結婚にスポットを当ててみました。
 

ジャズ界きってのおしどり夫婦 人気ヴォーカリスト ジューン・クリスティとテナーサックス&オーボエ奏者 ボブ・クーパー

1940年代から50年代を代表する女性ヴォーカルの中でも、今でも人気の高い一人がジューン・クリスティです。ジューンがデビューしたのは、白人系の実力派ビッグバンド「スタン・ケントン楽団」でした。

ジューンはルックスも気立てもよく、シンガーとしては、通好みの深い低音のヴォイスを持っていました。その上スウィンギーな乗りで、実力を兼ね備えた人気ヴォーカルでした。

そんな可憐なイメージのジューンですが、実は男ばかりの楽団の中でも、際立って強いものがありました。それは、お酒。ほとんどの楽団のメンバーは飲み比べでかなわなかったいう武勇伝の持ち主でもあります。

そんなジューンをリーダーのスタン・ケントンが可愛がったのは言うまでもありません。
Duet

Duet

「デュエット」より「エンジェル・アイズ」
以前ご紹介した、ジューンの代表作「サムシング・クール」のように、ドラマチックなストーリーの歌が得意なジューンですから、この都会的で粋なふられ話「エンジェル・アイズ」も見事に歌いきっています。

エンジェル・アイズはピアノの弾き語りのマット・デニスの代表曲。本来は婚約パーティーを開いて、彼女を自慢しようとした男が彼女の裏切りにあい、すっぽかされたパーティーでみんなに陽気に酒をふるまうという切ない歌です。

それを、女性のジューンが歌うのですから、可哀想で目も当てられない内容の歌唱となっています。ピアノ伴奏のスタンもいつも以上に感情をこめ盛り上げます。

ここでのジューンとスタン2人の、絶妙なコンビネーションを聴くまでもなく、周りの誰もが、ジューンはスタンと結婚するのでは、と思ったそうです。同時期に楽団でプレイしたアルトサックス奏者のアート・ペッパーも自伝で、2人はいい仲だと思ったと書いています。

Amazon

そんなスタンを尻目に、ジューンを射止めたのは、同じ楽団の好青年、ボブ・クーパー。ボブは、テナーサックスと当時も今もジャズでは珍しい楽器オーボエ奏者。周りの驚きの中、2人は楽団在中の1946年に結婚し、以後終生を共にしたおしどり夫婦となりました。
Coop! The Music of Bob Cooper

Coop! The Music of Bob Cooper

「クープ」より「コンファメーション」
コンファメーションは言わずと知れたチャーリー・パーカーの代表曲。そのアルトサックス奏者の聖典のような曲を、ボブはさらりとテナーサックスで爽やかに演奏しています。

ボブ・クーパーは、レスター・ヤング系のテナーサックスと、ジャズではほとんど使われないオーボエを用い、作曲や編曲も得意なマルチ・プレイヤーです。オーボエの方は、どう聴いてもジャズとはベストマッチとは言いかねますが、テナーサックスでは、同じレスター系の、スタン・ゲッツズート・シムズ、ビル・パーキンスなどにも通じる、趣味の良いクールなサウンドで好感が持てます。

その上、このクープでのジャケットに見られるように白いワイシャツの似合う好青年ぶり。不良の多いジャズの世界では、珍しく優等生的な風貌とサウンドを持っており、ジューンとの長年のおしどりぶりもさもありなんと言った印象です。

一方ふられた形になった(?)スタン・ケントンは渋い2枚目で、女性関係も華やかでした。しかも最近になって、実の娘とのただならぬ関係もあったというゴシップまで。

ジューンを競った男性2人のジャズ界に及ぼした影響力では、比較にはなりませんが、伴侶としてボブを選んだジューンの眼力は確かだったということかもしれません。

次のページでは、ジャズ界のファースト・レディと彼女を支えた夫君の登場です!

Amazon
 

仕事を通して支えあった2人 ジャズヴォーカル界のファースト・レディ エラ・フィッツジェラルドと文字通り低音で支えたべーシスト レイ・ブラウン

ジャズ界きっての実力派であり人気ヴォーカリストの、エラ・フィッツジェラルドは、そのファースト・レディのあだ名の通りに、終生を忙しく仕事に追われました。彼女の人気が、彼女を休ませてくれなかったのです。演奏活動や録音に明け暮れた毎日の中で、9歳年上の姉さん女房の彼女を低音の魅力で支えようとしたのがベーシストのレイ・ブラウンでした。
エラ・アンド・ルイ

エラ・アンド・ルイ 

「エラ&ルイ」より「キャント・ウイ・ビー・フレンズ」
ここでは、テクニシャンのピアニスト、オスカー・ピーターソンやドラマーのバディ・リッチと言った実力者が顔をそろえて、エラをサポート。その上、エラにとっても父親くらいの貫録を備えたトランペット&ヴォーカルの巨人、ルイ・アームストロングとの共演。

そして、何よりもベースのレイ・ブラウンが強力に音楽をささえ、そのかいあってか、いつも以上にリラックスしたエラの歌を聴くことができます。

実はエラとレイはこの1956年の吹き込みの4年前には、5年間に及んだ幸せな結婚を解消し、離婚していました。2人の間には、養子ですが息子も1人おり、お互いが家族としてささえあった時期があったということは事実です。

2人は離婚後も仕事の面では共演することが多く、けんか別れと言うよりも、良い関係の友達に戻ったということなのかもしれません。

この「エラ&ルイ」の録音後、私生活、特に恋愛ではやや迷走してしまうエラですが、レイは仕事を一緒にすることでずっと彼女を支えていこうと思っていたのかもしれません。

Amazon

レイ・ブラウンと言えば、何と言ってもオスカー・ピーターソンとの黄金のトリオが有名です。腕達者なスキのないトリオの演奏は、どれもが推薦に値する出来ですが、ここでは、レイがビッグ・バンドを率いた作品をご紹介します。
オールスター・ビッグ・バンド+ミルト・ジャクソン/レイ・ブラウン

オールスター・ビッグ・バンド+ミルト・ジャクソン/レイ・ブラウン

「レイ・ブラウン・ウィズ・ジ・オールスター・ビッグバンド」より「トリクロティズム」
もともと、8歳上のデューク・エリントン楽団のベース奏者ジミー・ブラントンにあこがれていたというだけあり、地味な印象のレイのベースの音が、実はビッグサウンドで、ビッグ・バンドの大音量にも負けない存在感を発する音だということがわかる演奏です。

この曲「トリクロティズム」は、やはり先輩にあたるベース奏者オスカー・ペティフォードの代表作。ベーシスト御用達のような名曲を、レイなりの切り口で、大編成のビッグバンドで表現しています。途中に入るレイのベースソロも聴き物。共演のアルトサックス奏者キャノンボール・アダレイも好調そのものの演奏を繰り広げます。

一見地味ですが名人のレイ・ブラウンは、その実力の通りに一流の人々より声がかかり、幸せな音楽生活を送ったことは間違いがありません。一方9歳上のエラの人生は、その音楽での目覚ましい業績から比べると、淋しいものだったようです。

エラは、晩年病を患い、盲目になり、その上手術で両足を切断されてしまいます。そしてその3年後、レイに先立つこと6年前の1996年にひっそりと亡くなりました。享年79歳。レイは2002年に公演先のホテルで亡くなります。享年75歳。

夫婦としては結局上手くいきませんでしたが、お互いがお互いの仕事と人間性を認め合っていた2人でした。

次のページには、浮気がちな夫をなんとか支えようとする美人シンガーの登場です!

Amazon
 

モダン・ジャズ創世記の偉大な夫婦 シンガーズ・シンガーと称えられたヴォーカリスト カーメン・マクレエとモダン・ジャズ・ドラミングの創始者ドラマー ケニー・クラーク

このモダン・ジャズを代表する大物2人は、モダン・ジャズ発祥の地としても知られるライブハウス、「ミントンズ・プレイハウス」で知り合いました。知り合った当初は、カーメンは駆け出しのピアニスト。一方ケニーはハウスドラマーとして、数々のミュージシャンとの共演をはたしていた花形ドラマーでした。

美人ピアニストと花形ドラマーの2人は、すぐに恋におち、1946年に結婚をします。1946年といえば、まさにモダン・ジャズの始まり、「ビ・バップ」がこの世に登場した時期。

すでにモダン・ジャズ・ドラミングの創始者としてケニーの名声は知れわたっていましたが、カーメンはまだまだジャズ界では認知度が低いミュージシャンの1人でした。後年花開くヴォーカリストとしてではなく、むしろピアニストとしてあまり芽が出なかった時期でもあります。

当時のケニーは絶好調。引く手あまたの存在でした。そんな立場がそうさせたのか、ケニーは1949年についつい浮気に走ります。お相手は、イギリス生まれの美人歌手のアニー・ロスです。そして、2人は一気に愛の結晶まで作ってしまうのです。

アニーは、ヴォーカルとしてはまだまだこれからという時期にあたりました。その結果、生まれてきた子供をケニーに預け、2人の関係を清算して、ヴォーカルとしての仕事に走ってしまいます。

浮気相手から、子供まで押し付けられた当時のカーメンの気持ちを理解するのは難しいかもしれません。そして、おそらくは針のむしろだったケニーの心中も計り知れないものがあります。それでも2人はこの後、6年後の1956年まで夫婦を続けました。

そして夫のケニーは離婚後、新天地ヨーロッパへ移住。妻のカーメンはいよいよヴォーカルとして本格的にデビューすることになったのです。今となってみるとこの離婚は、結果として2人の可能性を広げ、2人の音楽での目覚ましい飛躍の要因となりました。

カーメンの歌には、耐えた妻、そして女としての人生の深みがあり、それが聴く者の心を打つのです。また、カーメンはそのピアニストとしての活動から得られた、ジャズに対する深い理解力がありました。そしてその知識を、歌のテクニックに活かすことができる、いわゆる上手いヴォーカルでもありました。そのテクニックの冴えが聴くことができるアルバムがコチラです。
テイク・ファイヴ

テイク・ファイヴ

「テイク・ファイブ」より「テイク・ファイブ」
この曲「テイク・ファイブ」はジャズ界のみならずポップスの世界でも売れに売れた有名曲です。五拍子のピアノの有名なイントロに続き、アルトサックスのポール・デスモンドによるこれまた有名なテーマは、誰もが一度は聴いたことがあるはずです。

この難曲を見事カーメンは、歌いきっています。伴奏も豪華にオリジナルのデイヴ・ブルーベック・カルテットによるもの。ライブの雰囲気も楽しい、聴きごたえのあるアルバムになっています。

Amazon

一方の夫のケニーは、ヨーロッパへ行ってからも大活躍です。各国から集まったジャズミュージシャンを束ねて、モダン・ジャズ・ドラマーの第一人者として確固たる地位を築いていきます。その代表作がこちらです。
ジャズ・イズ・ユニヴァーサル

ジャズ・イズ・ユニヴァーサル

「ジャズ・イズ・ユニヴァーサル」より「ラスト・トレイン・フロム・オーヴァーブルック」
この「ジャズ・イズ・ユニヴァーサル」は新天地を求めてパリに移り住んだケニーが、ベルギー人のピアニスト、フランシー・ボランと出会い、初めて自身の念願のビッグ・バンドを持ち録音した記念すべきアルバムです。

題名通りに各国の精鋭が集い、アメリカ生まれのジャズがユニヴァーサルな音楽へと飛躍していくにふさわしい出来栄えになっています。

この後、ケニーとフランシーは盟友として2人でビッグバンドを運営し、クラーク=ボラン楽団はヨーロッパを代表するビッグバンドへと成長していきます。

この曲「ラスト・トレイン・フロム・オーヴァーブルック」は、そんな2人の門出を祝うような最高に楽しくスウィングする、このバンドの真骨頂です。

このように、カーメン、ケニーともに、それぞれの道を歩み、それぞれが音楽の世界では偉業をなしますが、2人が夫婦でいた10年間は、2人にとってどのような思い出を残したのでしょうか。

浮気がもとで、子供を得たケニーと、自身はケニーとの間に結晶をなすことがなかったカーメン。それぞれが複雑な思いを抱えていたのは、想像するに余りあります。

カーメンはジャズの女性ヴォーカルの世界では、前述のファースト・レディ、エラ・フィッツジェラルドとジャズヴォーカルの唯一神とも言われたサラ・ヴォーン、との御三家と言われるほどの名声を得ました。そのことは、誰もが認める偉業です。

ケニーが晩年になってフランスの「ジャズオット」という雑誌の取材に答えた言葉があります。

「わたしは、エラ・フィッツジェラルド、それにサラ・ヴォーンと一緒にプレイするのが好きなんだ。一緒に仕事ができるようにと、いつも働きかけていた。」

仲が良い時には、ケニーは喜んでカーメンの伴奏を務めていました。そのケニーにして、この言葉は、複雑な思いを抱かせます。ここにカーメンの名前を出してほしかったと思ってしまうのは私だけではないはず。犬も喰わないと言われる夫婦ゲンカ。本当の2人のことは、2人にしかわからないのかもしれません。

今回のジャズミュージシャンの夫婦にまつわるいろいろなお話、いかがでしたか?終生幸せに添い遂げた夫婦もあれば、離婚後も良好な関係を持てた夫婦、そしてそうでない夫婦。それぞれに人生のドラマを感じます。

そして、様々なドラマを知った上でジャズを聴けば、さらに味わいの深いものだと思います。また、次の機会にもジャズミュージシャンそれぞれの恋愛や夫婦についてご紹介しいたします。それでは、また次回お会いしましょう!

Amazon
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。