顎関節症の主原因、TCHとは?

現在、顎関節症の主要因として考えられているのが、習慣的な上下の歯の接触(Tooth Contact Habit、TCH)です。上下の歯は一日の中で食事をとる時などしか接触しない構造になっており、正常であれば口を閉じた状態でも前歯は1~2mm、奥歯では0.5~1mmの安静空隙というすき間が常にあいています。TCHはこの安静空隙が消失してしまっている状態、つまり常に歯を噛み締める状態を指します。

パソコンでの長時間の仕事や料理や洗い物などの家事、精神的緊張にさらされることなどで知らず知らずの内に歯を噛み締めるクセであるTCHを身につけてしまうと、顎関節を閉じる筋肉の血流が低下し痛みが発生します。また、こうした状態が慢性化すると顎関節自体への圧力が増加し関節運動がスムーズに行われなくなるなどの事態に発展します。

ぜひ一度お仕事や家事の最中にご自身にTCHがあるかを確認してみてください。現在は痛みがなくても、もしTCHがあれば顎関節症予備軍であると考えられます。

TCHを発生させる筋肉として挙げられるのが咬筋と側頭筋の二つです。この二つの筋は口を閉じる筋肉である閉口筋の代表であり、顎関節症に悩むほとんどの方がこれらの筋に圧痛を持っています。

 

咬筋を緩めるツボ

咬筋は顎を噛み締めた時に顎関節のところで大きく膨隆する筋肉なので、目視でも発見しやすいのではないでしょうか。この筋には下関(げかん)と頬車(きょうしゃ)というツボが存在しており、これらのツボへのマッサージは顎関節症の予防・症状改善に効果があると考えられています。
・下関
顎関節症の時に緊張が高まる咬筋を緩める下関

顎関節症の時に緊張が高まる咬筋を緩める下関

このツボは頬骨の下を耳の手前までなぞり、ややへこんでいる場所に存在します。


 
・頬車

下関と同じく頬車へのマッサージは咬筋を緩める効果がある

下関と同じく頬車へのマッサージは咬筋を緩める効果がある

こちらは顎の下側にあり、歯を噛み締めると盛り上がる咬筋の隆起の後側のくぼみに存在します。


 

側頭筋をゆるめるツボ

頭維へのマッサージは側頭筋をリラックスさせる

頭維へのマッサージは側頭筋をリラックスさせる

側頭筋はこめかみから耳の上に存在し、下顎の骨に停止しています。顎を噛み締めながら側頭部にさわると筋の働きを確認することができます。この筋には頭維(ずい)というツボがあり、このツボへのマッサージも顎関節症の予防・症状改善に効果があるとされています。

 


 

五行分類から考える顎関節症とツボ

足三里へのマッサージは胃のエネルギーを回復させる

足三里へのマッサージは胃のエネルギーを回復させる

上に挙げた三つのツボは全て胃のエネルギーを司る胃経(いけい)に属しています。胃経は五行分類では土(ど)に分類され、同じく土に分類される口や唇といった部位の状態と深く関連しており、胃経の流れが弱まると顎関節症に限らず口周辺の症状が発生しやすくなると考えることができます。

また、胃経は何かを思い悩む思(し)という感情が過剰になった時に影響を受けるため、精神的ストレスなども胃経を介し口周辺の何らかの症状の原因になると考えられます。こうした観点から、足の三里などの胃経のエネルギーを回復させるツボへのマッサージも顎関節症の予防・症状改善に効果があると思われます。

・足三里
足三里へのマッサージは胃のエネルギーを回復させる

足三里へのマッサージは胃のエネルギーを回復させる

足三里は膝のお皿の外側にある骨のでっぱり腓骨頭の指四本分下に存在します。


 
顎関節症の症状が発生した場合、歯科医を受診し医師の指示に従うことはもちろんですが、今回ご紹介したツボを使って日頃から予防に取り組んでおくことも大切なのではないでしょうか。


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項