本家、Rolandが復刻した名機とACB技術

AIRA

RolandのAIRAシリーズ

テクノやダンスミュージックに興味のある方なら、Rolandの往年の名機、TR-808やTR-909といったドラムマシン、そしてベースシンセであるTB-303について、名前くらいは聞いたことがあると思います。

それぞれ約30年ほど前の機材であり、Rolandとしてもとっくに絶版となった製品ですが、世界中のテクノ、EDMの世界では現役機材として幅広く使われており、中古市場では高値で売買されています。そのため、世界中のいろいろなメーカーが、TR-808やTB-303のクローンを出したり、多くのサンプラーには、これらをサンプリングした音が収録されており、定番中の定番音色となっているのはご存知のとおりです。

TR-808

中古市場で高値でやりとりされているTR-808

しかし、Rolandはこれまで復刻するということはしてこなかったんですよね。まったく同じ製品を出すということは企業コンセプトに合わないという考えもあり、30年間、沈黙を守ってきたのです。

しかし、その長い沈黙を破って、ついにRoland自ら復刻させたのが、AIRAというシリーズ製品なのです。具体的には
●TR-8(ドラムマシン)
●TB-3(ベースマシン)
●VT-3(ボイストランスフォーマー)
●SYSTEM-1(シンセサイザ)
の4製品です。TR-8はTR-808やTR-909を復刻させたもの、TB-3はTB-303を復刻させたものです。一方、VT-3とSYSTEM-1は、復刻というのとはやや異なるものの、それぞれVP-330、やSH-101などを復元できるようになっており、いずれにせよ昔のマシンをよみがえらせることができるのです。

それぞれに共通するのはACB=Analog Circuit Behaviorという技術を使っているという点。いずれもデジタル機器ではあるものの、アナログ回路シミュレーションする最新のテクノロジーを用いることで、当時のサウンド、動きを忠実に再現しているのです。

【関連記事】
808、909、303の音を忠実に復刻。Roland AIRAがベールを脱いだ!


一番人気はTR-808を再現したTR-8

AIRA

一番人気のTR-8

このAIRAシリーズ、TR-8、TB-3、VT-3の3機種は2014年3月8日に、SYSTEM-1のみ少し送れて6月25日に発売になったのですが、この4機種の中で、もっとも注目を集め、世界的にも品薄になっているのが、TR-8です。

最近はようやく店頭でも見かけるようになってきましたが、発売前から国内・海外とも予約殺到で、飛ぶように売れていきました。それもそのはず、中古のTR-808はコンディションがそれほどよくないにも関わらず30万円前後するのに対し、TR-808の音、振る舞いを忠実に再現した本家Rolandの製品であり、かつTR-909の音まで出せるTR-8が52,000円程度で購入できるのですから。

また、現存するTR-808の場合、経年劣化によって、もともとの音とはだいぶ変わってきているのも実情。そして、残っている固体ごとにかなり出音も違うようなのです。もちろん、「その劣化具合がいい」という人も多いと思いますが、TR-8では、各音源にピッチの調整機能なども装備したことで、自分の求めるTR-808の音に各自調整できるというのもユニークなところです。

AIRA

緑のイルミネーションとして光る

もっとも、このTR-8が完成するまでには、かなりの苦労もあったようです。やはり単純に開発しただけでは、TR-808の音にならないし、相当な試行錯誤があったようです。この開発には、TR-808やTR-909、TB-303などを駆使しているミュージシャンの齋藤久師さんも協力しており、久師さんが納得するものになるまで、作りこんでいるようです。この辺については以前、DTMステーションでインタビュー記事を書いているので、参考にしてください。

ちなみに見た目のデザイン自体は、TR-808やTR-909のものとは違い、AIRAシリーズとして統一されたまったく新しいもの。夜のクラブシーンなどで利用できるように、緑色LEDで光るのが4機種に共通したポイントとなっています。

【関連記事】
Roland AIRAは本当にアナログを超えたのか!?

PLUG-OUTという新コンセプトを打ち出したSYSTEM-1

AIRA

PLUG-OUTというコンセプトを持ったSYSTEM-1

TR-8もTB-3、VT-3もUSB端子を持っており、PCとのMIDI、オーディオのやり取りができるという面で、DTM的な使い方ができるのですが、中でもPCとの親和性が高く、これまでにないユニークなコンセプトを打ち出したのが、SYSTEM-1です。

SYSTEM-1単体としては、ある音源を復刻させたというものではなく、あくまでも単体のアナログシンセサイザ・キーボードという製品です。オシレータを2つ搭載しており、最大4音ポリフォニックという音源。構成がシンプルなだけに、はじめてアナログシンセを触るといった人でも、分かりやすく音作りができるのが特徴です。

やはりACBを使って作られているので、デジタル機器ではありながらも、いかにもアナログの太い音が出るのもSYSTEM-1の特徴です。まあ、こうしたアナログ風のデジタルシンセサイザというものは、SYSTEM-1が初というわけではなく、これまでもいろいろなものが存在していました。

AIRA

PC上のソフトシンセとして動作するSH-101

が、ここには、ほかの機材にはない、まったく新しいコンセプト、機能が搭載されています。それがPLUG-OUTというものです。PLUG-INではなく、PLUG-OUTというのが面白いところなのですが、これは「PLUG-INを持ち出す」といったコンセプトのものなのです。

SYSTEM-1ユーザーは、Rolandの名機SH-101を復刻させたソフトシンセ、SH-101が無料でダウンロードできるようになっています。VSTやAudioUnitsで動くソフトシンセなのですが、これが動くPCをUSBケーブルでSYSTEM-1と接続すると、SYSTEM-1へSH-101の機能を転送できるようになっているのです。そして、SYSTEM-1のPLUG-OUTボタンを押してオンにすると、SYSTEM-1がSH-101へと変身するのです。もちろん、PC上で作成した音色をPC上のSH-101へ転送することもできます。

今後、有料になる予定ですが、SH-101以外のPLUG-OUT対応音源がリリースされるようなので、これを使うことで、SYSTEM-1をまた別の音源に変身させることができるわけですね。これからが、いろいろ楽しみな機材です。

【関連記事】
PLUG-OUT対応の新コンセプトシンセ、AIRA SYSTEM-1を触ってみた
SH-101を再現するAIRA SYSTEM-1のPLUG-OUTを使ってみた!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。