目的があればお得!10月の見逃せない株主優待トップ3

今回は目的によっては非常に有利な株主優待銘柄をご紹介します!

今回は目的によっては非常に有利な株主優待銘柄をご紹介します!

株主優待も目的を限定すれば、投資額をすぐに回収できる非常にお得なものがたくさんあります。アベノミクスで盛り上がる日本経済ですが、消費税増税など、普段の生活はまだまだ楽ではありません。そこで、今回は今からでもまだ間に合う、10月に株主優待が権利確定する銘柄の中から、目的によっては非常にお得になる、ガイドが選ぶトップ3銘柄をご紹介したいと思います。

それでは、第3位から順にご紹介していきましょう。



第3位 TASAKI(東証1部<7968>)

【2014年8月22日株価】 1164円
【配当獲得最低投資額】 100株=11万6400円
【今期予想現金配当(1株あたり)】 0円
【株主優待権利確定月】 10月末、4月末
【優待内容】詳細はYahoo!ファイナンスの株主優待情報をご覧ください

第3位はTASAKI<7968>です。真珠のトップ企業。養殖から小売までを一貫で手がけています。同社の株主優待は優待割引券(商品代金10%割引券)です。100株以上の保有で決算確定月に2枚、500株以上の保有で4枚貰えます。10%の割引なので、仮に10万円の買い物をした場合、1万円の割引となります。

同社が良いと思うのは業績が登り調子となっている点です。赤字が続いていた同社ですが2013年10月期は黒字転換となり、今期も上半期までの業績は売上が25.5%増の105億400万円、営業利益が416.6%増の15億2100万円、経常利益が302.2%増の15億1300万円、純利益が403.1%増の13億700万円と大幅増益に。アベノミクスによる景気回復が高額品の消費拡大につながっていることも業績拡大の要因の1つと思われます。株価は50日移動平均線がサポートラインとなるように思えますので、50日移動平均線近辺での買いを検討しても良いかもしれません。

次ページでは第2位と第1位の銘柄を発表します!>>>