前回の記事では、横浜にある「日本郵船歴史博物館」をご紹介して、海と郵便について見ていきました。今回は秩父・多摩の山々の中にひっそりと佇むレトロな郵便局をクローズアップしたいと思います。
上恩方郵便局

上恩方郵便局(八王子市上恩方町)の昭和初期の建築。

レトロな郵便局は平成に入ってから、かなり数が少なくなりましたが、多摩地域には現役でがんばっている局も存在します。今回はガイド自身が以前から気になっていた郵便局を訪れ、存在する昭和の風景の魅力をあますところなくお伝えしていきたいと思います。

高尾駅から近い浅川郵便局

まずは高尾駅から徒歩3分ほどのところにある浅川郵便局を訪れました。浅川郵便局は昭和20年代から昭和30年代にかけてよく見られた平屋建ての建築です。それほど規模の大きな郵便局ではありませんが、昭和47(1972)年に新しく八王子西郵便局ができるまでは集配業務を行っていた郵便局、つまり地域の拠点となる郵便局でした。
浅川郵便局

浅川郵便局(八王子市高尾町)の郵便局舎。

せっかく来たので、記念に浅川郵便局の風景印を押してもらいました。図案は参拝客で賑わう高尾山薬王院とケーブルカー、そして多摩御陵が描かれています。なお局員さんによると、現在の浅川郵便局は建て替えを計画中です。時代の流れとはいえ、昭和の風景がまた一つ消えていくのは、少し寂しい気もしました。
浅川郵便局の風景印

浅川郵便局の風景印の案内。

陣馬高原の上恩方郵便局

続いて圏央道を通り、八王子西ICから陣馬街道へ入りました。ひたすら山道を進んでいくと、約20分でたどり着くのが、上恩方郵便局です。高尾駅からは陣馬高原下行きの西東京バスで行くこともできます。「夕焼小焼」バス停で下り、さらに3分ほど坂道を登ったところです。
上恩方郵便局

上恩方郵便局(八王子市上恩方町)の局舎と右書きの看板。

上恩方郵便局がすごいのは、昭和13年開局当時の建物を現在も使っていることです。入口の看板も、なんと当時の右書きのままです。局員さんも「あちこちガタが来て大変」とのことですが、ぜひこのすばらしい局舎を大切に保存・運用していっていただきたいと思いました。
上恩方郵便局の局舎内

上恩方郵便局の局舎内。戦前から変わらない姿を保っている。

この局の風景印の図案は、夕焼小焼の石碑と陣馬高原の「白馬の像」、そして富士山でした。上恩方は童謡「夕焼小焼」「揺籃のうた」「汽車ポッポ」などの詞を作った中村雨紅の出身地として知られ、生家の近くには農村体験施設「夕やけ小やけふれあいの里」があります。暑さ厳しい夏に訪れましたが、高原の爽やかな風が吹いていて良いところでした。
上恩方郵便局の風景印

上恩方郵便局の風景印。「白馬の像」などが描かれている。

次のページでは、檜原郵便局と旧局舎をご紹介したいと思います。

檜原村の郵便局

続いて、武蔵五日市駅まで車で移動。そこからさらに百日紅(サルスベリ)の並木が美しい檜原街道を進むと、20分ほどで檜原村役場に到着しました。
檜原街道

百日紅の並木が美しい檜原街道(武蔵五日市駅付近)。

檜原村は島嶼部を除けば、都内に唯一残る村として知られるほか、村役場と同じ敷地内に郵便局があることでも知られています。現在の檜原郵便局は窓口業務のみですが、郵政民営化の直前の平成19(2007)年に集配業務をあきる野郵便局に移管するまでは、独自に集配も行っていました。現在の局舎は平成5(1994)年にできたものですが、他の局に比べてゆったりとした造りになっているのは集配業務をやっていた頃の名残なのでしょう。
檜原郵便局

東京・檜原郵便局(西多摩郡檜原村)。民営化前は集配特定郵便局だった。

あきる野郵便局に移管してからは、せっかく檜原村で郵便を出しても、「檜原」ではなく、30kmも離れた「あきる野」の消印になってしまうのは味気なく、収集家として少し切ない気持ちになりました。せっかくここまで来たので、通常だと書留などでしか見かけなくなった檜原郵便局の和文印、そして風景印を押してもらうことにしました。
檜原郵便局の消印

東京・檜原郵便局の風景印と和文印。

おみやげ屋さん「森のささやき」

もう1つ、檜原村にはぜひとも訪れてみたい場所がありました。それは払沢の滝へ向かうハイキングコースの中にあるショップ「森のささやき」です。
旧檜原郵便局舎

旧檜原郵便局舎を利用した「森のささやき」。

ここはなんと昭和4(1929)年にできた旧檜原郵便局の局舎をそのまま移築したものなのです。誰も使用しなくなった旧局舎を撤去するという話を聞いた現在の店主が、なんとしても残したいと考え、一年がかりで山のハイキングコースに移築してしまったというのです。
「森のささやき」の入口

ここは「森のささやき」の入口です。

昭和初期の貴重な局舎を保存した功績もさることながら、「森の中に家を建てる」といった絵本のような話を本当に実現したという話に、ちょっと胸が熱くなってしまいました。ちなみに、払沢の滝は「日本の滝100選」にも選ばれた美しい滝で、夏の初めにはホタルが舞うそうです。ホタルが滝のまわりで飛び交う写真を見せてもらいましたが、とても幻想的でした。
「森のささやき」の店主

平成5(1994)年に「森のささやき」ができた時のことを語る店主・中島保さん。

店内では沢からのさわやかな風に吹かれながら、大切な友人への残暑見舞いのお手紙を書かせていただきました。長居させていただき、ありがとうございます・・・。
暑中見舞いはがき

「森のささやき」で、残暑見舞いを書き進める筆者(切手収集ガイド)。

次のページでは、大久野郵便局と古里郵便局を紹介します。

ログハウスの大久野郵便局

続いて訪れたのは、大久野郵便局です。日の出町は林業がさかんなこともあり、平成5(1993)年にログハウスのような郵便局舎にしたことで有名で、風景印にも局舎が描かれています。
大久野郵便局

大久野郵便局(西多摩郡日の出町大久野)のログハウス局舎。

私自身「大久野」はてっきり「おおくの」と読むものと思っていたのですが、正しくは「おおぐの」と読むのだそうで、欧文印も「OGUNO」と表記されています。ちょうど郵便局で局員さんと地名の話をしていたら、局員さんが機械の証紙だけはなぜか「OKUNO」となっている「エラー」を発見しました。局員さんもたまたま私と話していて気が付いたようです。数多く郵便局巡りをしていると、たまにはこんなこともあるのです。
OKUNOと表記された証紙

OKUNOと表記された証紙。欧文印ではOGUNOと表記されている。


また郵便局では、たまたま地元の写真家による写真ギャラリーがありました。よく見ると、メジロやヤマセミなど実際に切手になった野鳥を撮影した写真展で、撮影場所の多くは多摩地域でした。とてもよくできていて、思わず見入ってしまいました。
大久野郵便居lクでの写真展

大久野郵便局で行われていた写真展(2014年8月)。

旧大久野郵便局にも注目

この局で注目していただきたいのは、ログハウスの局舎だけではなく、駐車場を隔てて隣にある白い洋館です。「星宿」と書いてあるかわいらしい建物こそ、昭和10(1935)年にできた旧大久野郵便局舎なのです。
旧大久野郵便局舎

旧大久野郵便局舎。現在は喫茶店として利用されている。

現在は不定期で喫茶店をやっているようですが、私が訪れた日には締まっていました。よく見ると建具なども当時のものがそのまま使われていて、見ていると惚れ惚れとしてしまいます。ぜひまた一度訪れてみたいと思いました。
旧大久野郵便局の郵便受け

凝った作り込みの旧大久野郵便局の郵便受け。

少し疲れたので、つるつる温泉入口交差点にある羊羹堂製菓さんで、さわかに煎餅(1枚75円)をいただきながら、ちょっと一服しました。近くで獲れたサワガニを粉にして入れた瓦せんべいで、さっぱりした甘さがあり、美味しかったです。
さわがに煎餅

さわがに煎餅。1枚75円(税込)と価格も良心的でした。

奥多摩の一歩手前にある古里郵便局

大久野郵便局に続いて、ここも難読の郵便局名です。古里(こり)郵便局と読みます。「ふるさと」と読んではいけません。浅川郵便局と同じ平屋の建物で、昭和20年代から30年代にかけての局舎に典型的な様式で、2駅離れた沢井駅前郵便局も同じようなレトロな郵便局となっています。
古里郵便局

古里郵便局(西多摩郡奥多摩町小丹波)の局舎。

風景印は昭和29(1954)年8月から使われてきたので、ちょうど還暦を迎えたばかりのタイミングでした。多摩川の清流を隔てて奥多摩の連山を望む図案になっていて、のどかな雰囲気です。
古里郵便局の風景印

古里郵便局の風景印。のどかな奥多摩の情景を描いている。

ちなみに、この郵便で受け付けた郵便物はいったん御岳郵便局に届けられ、御岳局の裏手にある羽村郵便局管轄の場所で仕分けが行われるそうです。民営化後の動きはなかなか複雑ですね。
御岳郵便局

現在の御岳郵便局(青梅市御岳本町)。

さて、次のページでは最終目的地の埼玉県・名栗郵便局についてです。

夕方の郵便局巡りは時間との勝負!

そろそろ時計の針が16時近くになり、夏の日もかなり落ちてきました。多くの郵便局は17時で締まってしまうため、郵便局巡りは夕方になると時間との勝負になってくるのです。沢井駅の近くに銘酒澤乃井で有名な小澤酒造の直販ショップがあるのですが、残り時間が心配だったので、泣く泣く素通りしました。江戸時代から良い酒作りをしていて、ここの生貯蔵酒はとても美味しいのですが・・。
澤乃井

銘酒澤乃井で有名な小澤酒造。工場見学のほか、試飲コーナー(有料)もある。

魅惑の旧名栗郵便局

大好きな地酒の誘惑を振り切ってでも行きたかった郵便局が、埼玉・名栗郵便局です。ここは現在の局舎のすぐ隣に、旧名栗郵便局舎がそのまま現存していることで有名です。
埼玉・名栗郵便局の新旧局舎

埼玉・名栗郵便局(埼玉県飯能市下名栗)の現局舎(左)と旧局舎(右)。

郵便局長の竹田洋一郎さんによると、昭和4(1929)年に建てられた旧局舎は「木筋コンクリート造り」です。鳥(鳳凰?)の装飾は職人さんがコテで作ったもの。単純な模様ですが、ちょっとしたワンポイントになっていて、職人さんの心意気が伝わってくるようです。
旧名栗郵便局に描かれた鳥の模様

旧名栗郵便局に描かれた鳥の模様。

昭和初期には郵便だけでなく、若い女性が電話交換手として働いていました。村の若者たちが局舎の回りできれいな女性を一目見るためにコソコソしていたという微笑ましいエピソードも教えていただきました。旧局舎は昭和50年代まで使用したのち、現在の局舎に機能を移転させました。
旧名栗郵便局の入口部分

旧名栗郵便局の入口部分。

埼玉県の変形風景印第1号

ちなみに埼玉・名栗郵便局は、ユニークな変形風景印の使用局としても知られています。縁取りが杉の木の切り株になっていて、なんともユーモラス!現局長の竹田洋一郎さんが企画し、風景印のデザインの原案も作成されたのだそうです。
埼玉・名栗郵便局の変形風景印

埼玉・名栗郵便局の変形風景印。杉の木の切り株をイメージしている。

風景印使用開始の平成3年11月5日には、埼玉県の変形風景印第1号として注目を集め、全国から押印希望が殺到したそうです。竹田さんは「本当に腱鞘炎になるかと思うくらい押し続けましたよ」と懐かしそうに当時を語られていました。私事ながら、当時切手少年だった私も名栗郵便局に風景印の押印依頼をした1人で、「その節はお世話になりました」と23年前の御礼を申し上げてきました。もちろんお互いに初対面でしたが、旧知の仲間と出会えたようなうれしい気持ちでした。
風景印の受け取り

変形風景印の生みの親・竹田郵便局長から風景印を受け取る筆者。

郵便局巡りはネタ探しから!

足早に紹介してきましたが、今回の郵便局巡りでは「多摩地域のレトロな郵便局」をテーマに、奥多摩を縦走しながら7局を訪れるプランを立ててみました。最後は時間も押していましたが、朝9時から夕方17時にかけて、なんとか目標の郵便局は全部回ることができ、大満足の日帰り旅行ができました。このように、郵便局巡りは地域やテーマなどを絞って、事前に下調べをしてから行くとよいでしょう。
旧名栗郵便局舎

旧名栗郵便局などレトロな局を見たいという気持ちが郵便局巡りの出発点!

もしテーマがうまく決められないという方は、例えば「風景印の風来坊」などの風景印ファンのサイトをご覧ください。きっと今すぐにでも出かけたくなるネタが見つかると思います。

さて、次回の記事ですが、8月初旬に切手の用事で韓国へ行って参りましたので、その時のご報告をさせていただきます。


【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。