その境地に至るまでは、並大抵な努力ではたどり着けないジャズメンの技。自分の分野において、第一人者のジャズメンの中には、一見関連性のなさそうな余技においても、本職顔負けの技を見せる人が少なくありません。今回は、そんな多才なジャズメンベスト3のご紹介です。
 

第3位 ジャズピアノのヴァーチュオーゾ オスカー・ピーターソンのヴォーカル 「ウィズ・リスペクト・トゥ・ナット」より「イッツ・オンリー・ア・ペイパー・ムーン」 

With Respect to Nat

With Respect to Nat

このアルバムは、ピアノの達人オスカー・ピーターソンによるナット・キング・コールへの追悼盤です。そして、これを聴いてナットファンの方は驚かれると思います。ここでのまるで、ナットに生き写しのヴォーカルこそ、オスカー・ピーターソンその人です。

最初は、しつこいお客のリクエストを断り切れずにしぶしぶ歌い始めたというナットの逸話とは違い、オスカーはそもそも弾き語りで仕事をしていました。それも、ナットに似ているという、ややモノマネの入った営業の仕事です。声といい、歌い回しといい、誰もが驚くほどの出来です。

あまりに似ているので、ご本人のナットから「歌はやめてくれ」と言われたという話が残っています。ナットもピアノでの弾き語りが得意でした。そこで、大人なナットが、オスカーに歌をやめろといったその後で、「そのかわり、ぼくは金輪際ピアノは弾かないよ。ピアノは君に任せるから、歌はぼくにまかせてくれ」と言ったというのです。

その尊敬する大先輩のいいつけをしっかり守り、オスカーはジャズピアノの第一人者として押しも押されぬ地位を築きました。ナットは、ヴォーカルとしてポピュラーの世界でも大成功をおさめたのは言うまでもありません。

このCDでは、歌を封印していたオスカーのもとに、ナットが亡くなった時に追悼盤として話が来て、実現したものです。ジャズの世界では、似ているのはあまり感心されることではありません。それでもこの時ほど、ナットに似ていることを誇らしく思ったことはないと、後にオスカーは述懐しています。

イッツ・オンリー・ア・ペイパー・ムーン」は、ナットの成功のきっかけになったオハコ中のオハコ。両者を聴き比べするのは、やぼなので、ここはオスカーのナットへの思いを感じながら、聴き入るのが良いでしょう。とはいえ、やはりそっくりな歌に、オスカーのナットへのリスペクトを感じる演奏です。

Amazon

そのオスカーのピアニストとしての代表作がコチラ!
ナイト・トレイン

ナイト・トレイン

「ナイトトレイン」
黄金のトリオと呼ばれたベースのレイ・ブラウンとドラムのエド・シグペンによる名人芸。表題曲の「ナイトトレイン」の迫力!おススメです。

次は、録音スタジオに置いてあったピアノを弾いているうちに、本職の録音を忘れたジャズメンの話です!

Amazon 
 

第2位 ヴァルブトロンボーンの達人 ボブ・ブルックマイヤーのピアノ 「アイヴォリー・ハンターズ」より「ザ・ウェイ・ユー・ルック・トゥナイト」

The Ivory Hunters. Double Barrelled Piano (Bonus Track Version)

The Ivory Hunters. Double Barrelled Piano (Bonus Track Version)

ボブ・ブルックマイヤーといえば、来日経験もあるヴァルブトロンボーンの名手です。その時は東京にあまりなじめなかったらしく、周りのメンバーが遊びに行っているのに、公演以外はホテルから一歩も出なかったという話が残っています。

そのちょっと変わり者のボブと、当時新進気鋭のピアニスト、ビル・エヴァンスとの録音です。ボブはこの時、もちろん本職のヴァルブトロンボーンで呼ばれ、スタジオ入りしました。一方ビルはこの同じ年1959年にはマイルス・デイヴィスの世紀の名盤「カインド・オブ・ブルー」を録音して、乗りに乗っている時期です。

そのビルを前にして、スタジオにもう1台あったピアノを遊びで弾くうちに、乗ってきたボブ。本職のヴァルブトロンボーンを置いたままで、ついにはビルとのピアノ二台で全曲録音してしまったという変わり盤がこのCDです。

それにしても、お相手は絶頂期に入ろうとしているピアノの逸材ビル・エヴァンス。そのエヴァンスと、真っ向から対抗して録音してしまうのですから、もはや余技とはいえない芸域です。

実はボブは、そのキャリアの最初はピアニストでした。グレン・ミラー楽団の人気テナーサックス奏者だったテックス・ベネキーのバンドでピアニストとして仕事をしました。そして、その後ヴァルブトロンボーンに専念して活動していったわけです。

こういった楽器を変えて成功した例は、結構多くあります。テナーサックスの両巨頭、ジョン・コルトレーンソニー・ロリンズや白人テナーの巨人スタン・ゲッツは最初アルトサックスを吹いていました。ドラマーのアート・ブレイキーはピアニストでしたし、ヴィブラフォン奏者のライオネル・ハンプトンは最初はドラマーでした。

仕事を得るために、楽器を変えるということはよくあることではあったにしろ、さすがにその道の第一人者になった人は、ほかの楽器でもそこそこ立派に仕事をしていたようです。

それにしても、3曲目「ザ・ウェイ・ユー・ルック・トゥナイト」で聴くことができるボブのピアノは、相当なものです。ビルに引けを取らないどころか、両者が対等に音楽を引っ張り、そして絶妙なブレンドによって、スウィンギーに創造していくという作品になっています。

そして本職のヴァルブトロンボーンでは、オーソドックスなプレイヤーのイメージが強いボブですが、ピアノは先鋭的なのが面白いところです。実は、ボブはそのオーソドックスなトロンボーンのプレイと、大人しい印象のルックスとはちょっと違う、エキセントリックな面白い男なのかもしれません。

Amazon

そのボブが、本職のヴァルブトロンボーンで吹き込んだ名演がコチラ!
ボブ・ブルックマイヤー&フレンズ

ボブ・ブルックマイヤー&フレンズ

「ボブ・ブルックマイヤー&フレンズ」
メジャー・レーベルRCAだからこそ、集め得た豪華なメンバーに、一歩も引かないボブのトロンボーンを堪能できます。

RCAと契約しているという事実だけでも、実は日本での人気以上にメジャーなプレイヤーだということがわかるボブです。盟友スタン・ゲッツとの「ミスティ」が聴きもの。

次はいよいよ第1位の登場です。天才ドラマーが構築する余技とは思えない広がりのあるオーケストレーションとは?

Amazon
 

第1位 天才ドラマー トニー・ウィリアムスのオーケストレーション「ワイルダーネス」より「ワイルダーネス・ライジング」

Wilderness

Wilderness

このアルバム「ワイルダーネス」は、16歳でニューヨークデビューし、天才と言われたドラマーのトニー・ウィリアムスの遺作となったものです。

ファンからすれば、突然の死に思えたトニーの訃報でした。(享年51歳)しかし、このCDを聴くと、音楽家としてのトニーはある程度やりつくしたのではないか、とも思えるほど内容の濃いものです。

このアルバムは、テーマを「荒野」(ワイルダーネス)としたコンセプトアルバムです。それゆえに、どの曲もトータルの繋がりの中で聴いていくのが本当です。そして1曲目「ワイルダーネス・ライジング」を始めて聴いた時の驚きは、今も忘れられません。

そこに広がった見事なオーケストレーションが、トニー本人によるものだったからです。10代でデビューした早熟な天才ドラマー、トニー。ドラムの世界だけではなく、音楽をトータルに捉えることができる才能の持ち主だったことは明らかです。とても余技とは言えないオーケストレーションの完成度に、感動をおぼえます。

続く曲は、トリオやクインテットなど従来のフォーマットの中で、今度はドラマーとしての冴えを見せる曲作りになっています。そして、随所にオーケストレーションが、サウンドに落ち着きとまとまりを与え、トータルでのコンセプトが際立った音世界を見事に構築しています。

Amazon

ドラマーとしての、トニーの最高作はというと、やはりマイルス・デイヴィスとの1964年のこのアルバムになります。
マイルス・イン・ベルリン

マイルス・イン・ベルリン

「マイルス・イン・ベルリン」
当時のトニーは18歳。デビューして間もないトニーにインスパイアされたマイルスが、どんどん先鋭化していくのがわかる名盤です。ピアノのハービー・ハンコックとベースのロン・カーターとのトリオはスリリングの一言。

当時文字通りジャズ界の帝王だったマイルスに、「もっとトランペット練習してください」と言えた唯一のメンバーだった、恐るべき18歳のトニー。その口だけではない雄姿がこのアルバムで聴くことができます。

今回の一流ミュージシャンの余技、いかがでしたか?もはや余技とは呼べない名演揃いでしたね。また機会があれば、ジャズメンの素晴らしい余技をご紹介いたします。それでは、また次回お会いしましょう!

Amazon
 

投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。